FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

伊藤郁子遺作展へ

函館で美術教室を主宰していた伊藤郁子先生の遺作展にお邪魔しました。
今年5月元気にお花見をした数日後に84歳で亡くなりました。
CIMG6925.jpg

画家の方は素敵な景色を見ると 写真を撮ってきて
後から自宅で絵に描き込む方が多いと思いますが
伊藤先生はその場所で絵を描いていました。
CIMG6926.jpg

現地には、画材が入った大きなリュックを背負って行きました。
CIMG6927.jpg

会場には20代から80代までに描いた先生の絵が
70点以上飾っていて とても見応えがありました。
この絵は20歳代の時に書いた「サーカス」です。
この頃は函館にもサーカスが来ていたそうです。
筆のタッチですが「絵の具」がたっぷりと使っています。
CIMG6932.jpg

私が一番好きな作品「絵を描く子供たち」です。
美術教室では幼児から高齢者まで400人以上に絵を教えていて
美術大学を目指していた受験生にも指導していました。
子供たちの表情をご覧ください。
真面目に絵を描いている子供や先生に甘えている子供 考え事をしている子供。
中央が伊藤先生です。生涯独身で幼少時からお体が不自由でした。
CIMG6928.jpg

この絵は「ディズニーランド」ですが
最後まで好奇心が旺盛で ディズニーランドが大好きでした。
CIMG6933.jpg

以下私の好きな絵を羅列します。
CIMG6935.jpg

CIMG6931.jpg

CIMG6930.jpg

CIMG6934.jpg

1958年女子美術大学を卒業後 函館に帰郷。
私の7歳下の弟が小学生の時に、この教室に通っていました。
自宅から汽車で函館駅まで行って 
路面電車に乗り換えて「杉並町」電停で降り
先生のアトリエまで送り迎えをするのが
高校生の私のお仕事でした。

大きな部屋の中央に「大きな丸いテーブル」があって
子供たちが自由に絵を描いていました。
伊藤郁子先生の写真を見て その当時に心が戻りました。
CIMG6913.jpg

関連記事

PageTop

北斗市の給食のデザートが商品化しました。


七飯町のお隣にある「北斗市」の学校給食に出しているデザートが
8月3日から一般に販売されています。

北斗市は「北海道の水田発祥の地」です。
「ふっくりんこ」という名前のお米の米粉を
「タルト」と「ムース」の生地に加工しています。
1565215761279.jpg

小中学校の給食の デザート部門のリクエストで大人気で
保護者からも売って欲しいとの要望がありました。

CIMG6907.jpg

私としては「一般販売するんだからドンダケ美味しいの?」と
期待して食べましたが・・・・
孫二人の感想は「学校給食のデザート」だと言いました。
チラシを読みましたら「小中校生に合わせた 口当たりと甘さ」とあり納得。
CIMG6908.jpg

給食センターと新函館農協と製造メーカ(山形県天童市・日東ベスト(株)の
3社で連携して出来ました。
「子供たちの食育につながれば」との思いです。
優しいお味なので「お年寄り」にも良いと思います。
CIMG6909.jpg

関連記事

PageTop

暑さのための模様替え

今年の函館は30度を超える日が何日もありました。
夏が暑いのは当り前ですが 28度を超えると体がしんどいです。
お盆を過ぎたころからは、涼しく過ごしやすくなりました。
(昨日は気温が20度で肌寒くて 長袖を着ていました)

スマホから写してみた写真が上の2枚。
私の部屋にはキルトを飾っていますが 
色に溢れているキルトは暑苦しくて壁から外しました。
(居間は落ち着く場所なので飾っていません)。

白い壁の分量が広くなって 気分がスッキリしました。
IMG_20190811_094427.jpg

ブログを書くときは なるべく正確な事を書きたいので
資料を読んで 要約してから書いています。
1565216271845.jpg

暑さに負けず毎日チクチクと針を進めていました。
針を持たなかった日は 
就寝前に「何か忘れ物をしている気持ち」になります(笑)。
CIMG6906.jpg

小さな作品ですが(出来上がり寸法30cm四方)
完成すると達成感を感じました。
CIMG6910.jpg

関連記事

PageTop

すすきの祭り


札幌で泊まったホテルはススキノの近くでした。
ちょうど「すすきの祭り」に遭遇。
公道を止めてのパフォーマンスや出店で賑わっていました。
CIMG6849.jpg

CIMG6848.jpg

CIMG6847.jpg

CIMG6854.jpg

道の両脇には ススキノの飲食店の「露店」が出ていて
どこに入ろうか?と二周しました(笑)。
CIMG6851.jpg

「目の保養」・・・・?このお店のスタッフの皆さんです。
CIMG6853.jpg

チケットも販売していました。
CIMG6855.jpg

こちらのお店のお姉さんに お勧めを聞いたら
「おでん」と「つくね」だそうで・・・大正解。
おでんが「味噌仕立て」でした。
CIMG6856.jpg

「すすきの」の方々のパワーが半端なくて 
函館には無いエネルギーに満ちた、結束力を感じたお祭りでした。
CIMG6857.jpg
=札幌の旅レポートを終わります=

関連記事

PageTop

クランベリーのスイートポテト

帯広在住のNさんから「クランベリーのスイートポテト」が届きました。
「私が食べている美味しいお菓子です。お孫さんと食べて下さい」
との心遣いに感謝しながら夏休み中の孫と頂きました。

お菓子の箱に「帯広」の場所も付いています。
CIMG6944.jpg

可愛いイラストの箱は、お菓子の美味しさを誘ってくれます。
CIMG6945.jpg

CIMG6946.jpg

CIMG6951.jpg

保冷の状態で届きました。
袋ごと電子レンジで温めます。
CIMG6948.jpg

高三の長女の孫が切り分け作業中(笑)。
CIMG6952.jpg

CIMG6953.jpg

コーヒーも入りました。
CIMG6954.jpg

皆で食べると美味しさが倍増しますね。
孫はサツマイモやカボチャの入ったお菓子が大好きです。
CIMG6955.jpg

スイートポテトの下はサツマイモの皮が容器として使っています。
サツマイモに甘さ控えめのカスタードクリームが入っていて一つ一つ手作りです。
この為、一本ごとの量り売りで 切り分けての販売はしていません。
CIMG6956.jpg

この記事を読んでいる おやつ大好きな貴女!
残念ながら帯広市内の店舗のみの販売の様ですが
インターネットでも注文が出来ます。
CIMG6957.jpg
帯広は「六花亭」「柳月」そして「クランベリー」おやつ天国です。
Nさん有難うございました。そしてご馳走様でした。

関連記事

PageTop