はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

半ズボンのリメイク


6月28日のブログで紹介した「船越ソーイング教室作品展」で
先生の船越さんから 孫の半ズボンのリメイクの仕方を教えて貰いました。

ズボンの裾とまた上をほどきました。
そこからがリメイクにする為のデザインを考えなくてはいけません・・・・が
CIMG2421.jpg

他にパッチワークのものを作り足すべきか?チェックなどの布で作るべきかと悩みました。 
バックは沢山持っているので 違うものにしたいのにアイデアが浮かびません。
(好きな色なので 何かに再生したいのですが 悩みます) 
CIMG2422.jpg

後日先生からお葉書が届きました。
私のブログを見て作品展に足を運んでくれた方がいたそうです。
どなたか分かりませんが 有難うございます。感謝申し上げます。
CIMG2430.jpg

お友達のSちゃんと函館山に行ったときに 
山頂のお土産売り場で彼女がトートバックを買いました。
彼女のお気に入りのボタンをつけただけで 「オンリーワン」のバックになりました。
我が家にボタンをつけに来るついでに 私の散歩道を歩こうと誘いました。
リンク「笑っておやすみ」にその時の様子が書いています(7/7からの記事です)。
良かったらそちらへもお尋ね下されば嬉しいです。


庭の花が咲き始めました。
ちゃんと季節が来ると忘れないで咲いてくれます。
CIMG2429.jpg

CIMG2431.jpg

この花は散歩途中にあるお家の方から「種」を頂いて植えたのですが
二年目の今年は”全滅”したかのように この一輪だけ咲きました。
CIMG2418.jpg

「種」を頂いたお家の庭で撮りました。
(南向きだから沢山咲くのでしょうか?)
CIMG2412_20170702140022615.jpg

PageTop

袋物を作る

バックの中に 携帯電話・デジカメ・老眼鏡などなど 年とともに入れる物が多くて
散歩がてら出かけるには、少し重いとなと感じることが多くなりました。
インテリアショップで素敵な端切れ布を見つけました。
グレーに見えますが紺色に 刺繍で地模様がついています。
CIMG2354.jpg

お友達に貰った 少し厚地の布 パッチには針の通りが良くないので使えませんが
紺地の裏には丁度良い色合い。楽しい気分になれます。
CIMG2353.jpg

本当にシンプルなデザイン 縦30cm 横50㎝ 幅10㎝ 沢山入ります。
中にポケットと 共布で包んだ底板を入れました。
CIMG2356.jpg

アクセントにヨーヨーを3個 違う大きさで付けました。
大きなヨーヨーにさらに上には小さなヨーヨーを二段重ね。
CIMG2358.jpg

持ち手の太さを5cm幅にして 肩から掛ける長さです。
CIMG2364.jpg

こちらは一つのパターンの大きさが5cmで 出来上がりが30cm角です。
新しく買った布で作ったので ルンルン気分で出来ました。
CIMG2352.jpg

去年から作り始めた 三角を繋いだタペストリーも完成。
CIMG2350.jpg
 
バッキングも可愛いでしょう?。出来上がり80cm角の大きさです。
チクチクと毎日キルトしました。見て頂き有難うございます。
(とても励みになります)
CIMG2349.jpg

PageTop

船越ソーイング教室作品展

船越ソーイング教室作品展のご案内を頂きました。
CIMG2388.jpg

知人がこの教室に通っていて、そのご縁で毎回楽しみに見に行きます。
こちらの先生は パッチワークの作品も全国区で入選している実力の持ち主ですが
洋裁・洋服や着物のリメイク・刺繍・バック・帽子など広範囲の指導をしています。
CIMG2389.jpg

フレンドリーな先生で60人程の生徒さんがいます。
(知人も先生のお人柄に惹かれて長く続けているそうです。)
CIMG2371.jpg

CIMG2372.jpg

着物をリメイクした洋服ですが このまま街歩きに出掛けたくなります。
製図は先生がある程度してくれるので 初心者の方でも大丈夫です。
CIMG2373.jpg

このパターンの大きさは 一辺が12㎝ととても小さいです。
こんなにたくさん繋ぐと素敵ですね。
CIMG2375.jpg

手前右下のオレンジのバックはひも状になったテープをジグザグで繋ぎました。
チロリアンテープ等で作っても素敵かな?とアイディアを貰いました。
CIMG2376.jpg

この下2枚の写真は作品の販売もしていましたが
パックなどがとてもお安い値段で売っていました。
CIMG2377.jpg

この日は帽子の売れ行きが好調のようでした。
CIMG2378.jpg

先生は津軽地方に伝わる小巾刺し(こぎんざし)もします。
CIMG2381.jpg

ジーンズのリメイク作品ですが リメイクを感じさせない素敵なデザインですね。
CIMG2383.jpg

自宅から孫の穿かなくなったズボンを持っていき
アドバイスを頂きました(先生のお人柄におんぶして済みません!)
CIMG2265.jpg
作品展は6月30日までです。函館市内の方、是非足を運んでくださいね。

PageTop

チクチクと毎日

6月に入ってからの函館は毎日 肌寒い日が続いていました。
(朝夕はストーブのお世話になっていました。)
なかなか遠出の散歩に行く気がせず 毎日キルトの日々でした。
(20日を過ぎたころからは 気温が20度程になりましたが
それでも暖かいとは言えないお天気)

去年から縫っていた作品のキルトをしています。
春になったら 明るい色のものを壁に飾りたくなります。
CIMG2296.jpg

CIMG2295.jpg

先日の作品展で教えてもらった パターンをチクチク・・・。
CIMG2332.jpg

最初の作品のキルトに時間がかかり 
この数か月で買った新しい布が溜まりました。

この英文字の布は バッキングにします。
CIMG2333.jpg
キルト針を10本用意して一日のノルマにしています。
働いていた時から比べると、毎日が日曜日の今の方が進み具合が遅いですが
完成を楽しみに、少しずつ針を進めています。
                     
                    (庭のつつじが咲いています)
CIMG2348.jpg

CIMG2351.jpg

PageTop

きると工房りぃふ作品展

”きると工房りぃふ”さんから作品展の案内が来ました。
ご覧の通り 毎年小さな布をはがきに貼っています。
(全員に貼るこのひと手間が大変ですが、受け取る方は嬉しいですね)
CIMG2292.jpg

写真撮影は禁止ですので 作品展の様子はありません。

いつもながら生徒さんの作品作りにかける ”キルトの丁寧さ”がすごくて
見ているこちらまで 感動が伝わりました。

CIMG2290.jpg

中でも ある方の作る作品が私好みで素敵だなぁ~と見とれていたら
ご本人から声を掛けて頂きました。
パターンのサイズを教えて下さったので
早速家に帰ってから 型紙を起こして 布を切り始めます。
ワクワクの感動が冷めないうちに・・・・。

CIMG2289.jpg

無地の部分はお友達のSちゃんから貰ったオーダーのワイシャツの残り布
糸は アメリカンハートさんが アメリカで買った何故か?”ドイツ”の縫い糸です。
この糸がとっても縫いやすいのです。

CIMG2291.jpg
このブログで何度か書きましたが 作品展に行くと先生のお人柄が
生徒さんにまで伝播しているのか 親切な対応に感動します。
最後に先生にご挨拶して はがきに貼った布のことを言いましたら
『毎年皆さんが喜んでくれるので 辞められないの』とニコニコして話されていました。

PageTop