はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

小品

このハウスの大きさは20cm四方です。
お友達が2枚あるとの事で
両脇にログキャビンをつけてプレゼントしてくれました。

一センチ幅のログキャビン
左右に各四個ついています。

CIMG4033.jpg

普通は下の通り 周りにボーダーを付けますが
左右につけるのも素敵だと思いました。

彼女はキルト雑誌を買っていませんし
デザインは誰かの物まねをしません。

ハウスにキルトをして彼女に見せたら
「キルトをすると温かさが増しますね」と、とても喜んでくれました。

このキルトは出来上がり寸法 26センチ×26センチです。
CIMG4091.jpg

元々は「パネル柄」で
CIMG4202.jpg

お人形の洋服がプリントしていました。
CIMG4203.jpg

この部分の残ったところを 四方にボーダーをつけて仕上げました。
説明文の英文字も使い切って 残り布がありません。
CIMG4204.jpg
=お知らせ=
しばらくお休みします。
コメントのお返事が出来ませんので宜しくお願い致します。

PageTop

小さな端切れ


布好きの方なら分かって貰えるかと・・。
小さくなっても捨てられないのです。
同じ布、とても気に入っていても また出会えるかどうか分かりません。
CIMG4075.jpg

暇なときに4センチ(縫いしろは別)に切って溜めておきました。
300枚はあります。

CIMG4076.jpg

ミシンで繋いでもよさそうな物ですが「手縫い」にこだわります。
コツコツと針を動かす時間が好きです。

CIMG4077.jpg

CIMG4081.jpg

CIMG4092.jpg


ヨーヨーも 出来上がり直径  2cm 2.5㎝ 3cm の3種類。
CIMG4086.jpg

CIMG4083.jpg

瓶に入れて眺めるのも・・・ 見飽きません。
(編みぐるみのクマちゃんは 手作り市で買いました)
CIMG4090.jpg

要らない布をヨーヨーにしたら やっぱり素敵には見えませんでした。
可愛い布はどんな風に使っても 自己主張してくれます。
CIMG4084.jpg

PageTop

今作っているもの

友人が貸してくれた アメリカの手芸用品が乗っているカタログ。
「英語読めないしぃ~~」と言ったら 「写真だけでも参考になるよ~」

その通りでした。このベットカバーに引き付けられました。

CIMG4034.jpg

パターン名は「グローリファイド・ナインパッチ」
作るのは初めて モチロン「製図」も。
CIMG4063.jpg

このカーブが大変でした。
布に「合印」をつけて 待ち針をたくさん使います。
CIMG4050.jpg

バナナの絵の布の部分を 何種類か使いました。
つける方向を間違って「やり直し」をしながら・・・・。
(全部同じ布なら良かったと…後の祭り)

CIMG4049.jpg

前回のタペストリーでも使った 花柄の布は生かし切れていない気がして
今回はあっさりと水玉模様と合わせました。

布も合わせ方で「表情」が変わります。

CIMG4064.jpg

デジカメで撮っておかないと 繋げるときに また間違えそうです。
CIMG4055.jpg

無事にトップが完成しました。
作りたいものが 次々あるので キルトはその内に始めたいと思います。
CIMG4074.jpg
出来上がり寸法は 90センチ四方。
一番上の写真 ベットカバーまでは手が届きませんでした。

PageTop

アイヌ刺しゅう⑥

今回でアイヌ刺しゅうも6回目、最後になります。
毎年「世界に一冊だけの本・展」に出品していますが
今年は「アイヌ刺しゅう」での 布絵本を考えています。
 
今回は 「カラフト文様」です。
CIMG3853.jpg

CIMG3958.jpg


下の地図では 「北海道アイヌ」 「樺太アイヌ」 「千島アイヌ」が書いています。
サハリン(樺太)に住む北方民族は 「ウィルタ」と呼ばれています。
言葉の意味は「飼いトナカイとともに生活する人」という意味があります。

CIMG3956.jpg


日本では江戸時代のころ 
中国清朝とウィルタの間で山丹交易が行われていて
ウィルタからは「テンの毛皮」 中国からは 衣服・装身具・鉄製品・食料が
与えられていました。

この洋服は清朝の官人の絹織物の衣服 「山丹服」です。
函館市北方民族資料館に展示しています。
洋服の前後には見事な刺繍が施されていて
その文化水準の高さが伺えます。

CIMG3957.jpg

同じくウィルタの物入れ・煙草入れですが
今の時代にでも通用するような素敵な模様です。
独特の美しさを感じていただけましたか?
(こちらは 入館料300円です 市内の方も是非見学してみてください。)

CIMG4023.jpg


刺しゅうは一筆書きで刺します。
CIMG3999.jpg

CIMG4000.jpg

今まで作ったアイヌ文様とは少し違って
可愛い「カラフト文様」が完成しました。
これからは、製本していきます。
今まで皆様から「アイヌ文様」に嬉しいコメントをたくさん頂きました。
有難うございました。感謝申し上げます。
CIMG4003.jpg

PageTop

アイヌ刺しゅう⑤


いつも私のアイヌ刺しゅうを見ていただき有難うございます。

CIMG3844.jpg

今回は地の布は「英文字」を使いました。
アイヌ刺しゅうのイメージではありませんが・・・。

CIMG3843.jpg

イカラリ刺しゅうは「茶色」と「ピンク」を使いましたが
画面ではあまり目立ちませんね。

CIMG3848.jpg

このデザインは お友達のお母さんから拝借しました。
意味のある「模様」を組み合わせて 自分なりのデザインが作れますし

アイヌ刺しゅうの着物が乗っているパンフレットから
一部だけを切り取って デザインする方法もありますが

私には「遠い道のり」です!! (ヾノ・∀・`)ムリムリ

CIMG3852.jpg
このシリーズ あと一回でお終いです。

PageTop