はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

赤れんが庁舎

私のブログに来てくれる方の記事を読んでいたら 
赤れんが庁舎が内部見学出来るそうで(道民が知らないでど~なの?ですが)
今回泊まるホテルをこの近くに取りました。

北海道庁旧本庁舎(重要文化財)です。明治21年(1888) 設計者は平井清二郎です。
東京駅と似ていますがそちらは辰野金吾(平井さんの弟子)です。
CIMG2162.jpg

平井清二郎は国費でニューヨークの工科大学土木工学科への留学をしました。
CIMG2159.jpg

階段や柱の至る所に彫刻が・・・・・。
CIMG2152.jpg

見ているだけでも”うっとり”します。
CIMG2144.jpg

玄関を入ったら 美しい”三連アーチ”がお出迎え。
アーチの中心にある飾りや 鉄柱上部の彫塑 階段側面に彫られた
円形模様(ロゼッタ) 階段を装飾模様に飾るのは 洋風建築の特徴です。
あまりの美しさに上を向いて見とれていたら ”目まいが・・・”しました(笑)。
CIMG2146.jpg

階段を上った先の窓です。
CIMG2147.jpg

この先の手すりは 一本の木で出来ています。
CIMG2150.jpg

二階には ボランティアの方がいて 説明して下さいました。
知事室には 歴代の長官や知事のお名前があり
その中には 西郷隆盛の弟さんの名前や 
時任為基(この後函館で牧場を経営していて 函館市時任町として町名が残っています
余談ですが俳優の時任三郎さんは子孫です)のお名前も発見。
CIMG2164.jpg
                    (この写真は 赤れんが庁舎の後ろ側です)
この後は ガイドさんが『眺めが良いですよ~~』とお勧めの
”北海道庁”最上階の喫茶室へ行きます。

PageTop

札幌へ

札幌へ行ってきました。
世界に一冊だけの本・展 inさっぽろに私の布絵本を出展しましたので
どんな人が見てくれるのか?行きたいとブログに書きましたら
ブログを読んでいるお友達から 『会いましょう』とお便りを貰いました。
友達が少ない私ですが、お誘いは断りません!(一度断ったら再度はないですよね)。
CIMG2136.jpg

受付で住所・名前を書いていたら 座っていた方が すぐ分かったみたいで
声を掛けてくれました。わざわざ遠く七飯町から来てくれたとの事で
周りのスタッフの方にも紹介されました。

立体の本です。どんな人が作ったのでしょう?センスが良いです。
CIMG2138.jpg

小樽の歴史的建造物をイラストと文章で書いていますが
製本されていて 完成度が高いです。
こちらの札幌北区民センターでは”大人のための絵本講座”が開かれています。
製本まで教えてくれるそうですよ。
(自分史を作るのも良いかも、誰が読むのか?も課題ですが)
CIMG2139.jpg

さっぽろ展は まだ3回目ですので 出展数が少ないですが
62組112作品があり 大阪・茨城県・横浜 そして(元祖)函館の作家さんも
数多く出展していました。
CIMG2137.jpg

写真を撮り忘れましたが 一番感動した作品がありました。
札幌ろう学校の小学校3年生の皆さんの創作童話が秀逸で
絵と文章が簡潔で分かりやすく読んでいて 気持ちが引き込まれました。
CIMG2140.jpg

私の本です。
区民センター内には 保健センターもあり 大勢のお母さんと子供さんが来ていて
スタッフの方が 『子供さんが本の周りに集まっていましたよ』と、言って下さいました。
CIMG2141.jpg

時間帯で来ている人数が違いますが 一冊一冊丁寧に本を読んでくれて
本の作者あてにメッセージを書いてくれる ”神様のような人”も 沢山おりました。
(この方もそうです)
CIMG2142.jpg
道外の方には分からないと思いますが 函館~札幌間は約300キロあり
今回は高速バスで約5時間 JR特急でも4時間です。日帰りは無理ですね。
今回は ゆっくり・のんびりした時間を過ごしたいと思い2泊しました。
ひとり旅に憧れますが ホテルに泊まると 霊さんが金縛りをしに来てくれるので
夫と行きました。

PageTop

布絵本の申し込み

”世界に一冊だけの本・展 in さっぽろ”に出展するために 布絵本を発送しました。
過去記事(昨年11/19と12/1)にも載せていますが 
毎年函館で開催している作品展で(函館は11年続いている)
3年前から札幌でも開かれています。
CIMG1907.jpg

出展の条件は 既成のノートに書き込みや 新聞・雑誌の切り貼りをしない
表紙から すべて自分の手作業で作ったもの、内容・使用する材料は自由です。
私は布で作った本を 2年前から函館展に出しています。
そんな訳で 今回は”札幌デビュー” 。
                                (これは表紙です)
CIMG1906.jpg

布絵本なので 厚みがあり 全5ページですが 
子供さんが手に取って遊んで貰えたら嬉しいなぁ~~との気持ちで作りました。
CIMG1904.jpg

サイズは20cm×20cmの大きさです。
CIMG1903.jpg

CIMG1902.jpg

CIMG1901.jpg

このドーナツを籠から出して見た 近所の5歳の女の子が
『裏と表が違う味だよ~~』と、言ってくれて 私もニンマリ!!
CIMG1900.jpg

夫の体調も考えてですが ぜひ札幌展の作品も見たいと思っています。
CIMG1908.jpg

PageTop

きたあかりさんからのプレゼント

去年の12月29日にブログに書いた
”きたあかり日記”のきたあかりさんから プレゼントが届きました。
(あかりさんが函館に来てくれて、その時初めてお会いしました)
送り状には 日本酒・菓子・しょうゆ 天地無用と書かれています。
CIMG1931.jpg

関東の大学にお嬢さんが進学したようで 
お嬢さんの所からアチコチと観光の様子。
前もって日暮里繊維街に行くけど・・・と布の希望を聞いてくれましたが
『死ぬまで使い切れないほどの布が(お金じゃないですヨ!)あるのでほんの少しで・・・』と
返事を出しました。
CIMG1932.jpg

インドの職人さんの手作りの魚のボタン(3センチ)や布、 
フランスに行って買い付けをして来ているレースや紐など・・・。
”あかりセレクト”が沢山。どんな風に作品を作るか楽しい悩みです。
使うのが勿体ないので、とりあえず魚や台形のボタンは小さな額に入れて飾ります!!
CIMG1933.jpg

自慢じゃありませんが ”塩ゆで落花生” 生の落花生を食べたことがありません。
美味しいです。驚きました。
CIMG1937.jpg

パッケージが可愛いですね。この箱は物入れにします。
CIMG1934.jpg

送って頂いた日本酒は 夫がお医者様から飲酒の許可が出たら その時に・・・。
私も地方に行った時には 味噌やお醤油などを買いますので嬉しいです。
CIMG1936.jpg

お孫さんと一緒に食べてと・・・行く先々でおみやげを買って頂き有難うございました。
CIMG1935.jpg
お誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントと敬老の日(笑)一年間の
プレゼントを”まとめ”て頂いた気持ちです。あかりさん有難うございました。
”きたあかり日記”は只今 東京散歩配信中で~す。

PageTop

必ずもらえる!

商品を買ったときに、プレゼントの応募シールがある時には
懸賞はがきを出すことが多いです。
そして忘れた頃に”当選”の品物が送られて来たときには 至上の喜びです。
ところが このアサヒスーパードライだけは 一度も当たったことがありません。
本当に抽選しているのかな?と、疑心暗鬼(笑)。
CIMG1829.jpg

我が家は スーパードライ一筋です。
今回は ”必ずもらえる!”に応募。
CIMG1831.jpg

シール96枚で シルキーフォーマーとオリジナル薄口グラスのセットです。
葉書は52円と思い込んでいた私 次の日付箋が貼られて料金不足との事。
~おそれいりますが 必要な郵便切手を お貼りください。~
切手を貼る欄に書いてありました。
CIMG1830.jpg

お嫁さんからのお土産です。
これからの季節にピッタリな珪藻土コースターです。
CIMG1827.jpg

水滴が気になるので 小さなトレーを使っていましたが
『ビール好きのおばあちゃんに・・・』と、気が利きます。
CIMG1832.jpg
水滴が付いても すぐ消えて、ナカナカの優れものです!!

PageTop