はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

創造する力

転勤で苫小牧に住んでいた時に アイヌ刺繍を習っていた事は
前に書きましたが その教室で パッチワークをしている人と
仲良くなりました。私より10歳程年上の方です。

小さい時にお母さんを亡くされて 
結婚が決まった時に強く”同居”を希望したのは
彼女の方からです。
お母さんと暮らすのが彼女の長い間の夢だったそうです。
お姑さんもとても可愛がってくれたそうです。

そのお姑さんの着物等の遺品で 作品作りをしていました。
”お金を掛けない”のが彼女の信条です。
(布を買う私には耳が痛いです)

着物や昔の蒲団地で(壺の絵の柄です) シックなタペストリーを
作ったのを見て その壺の柄を生かした素敵なデザインでした。

型紙を貸して頂いて私も作って見ました。

でもその作り方が 私にとっては衝撃です。
新聞をバスケットの形に切り その中も適当に分割したそうです。

パッチワークの本を見て作るとか イメージを貰って制作するのではありません。

普通はパッチワークをした一枚の布を バスケットの形に切り抜くのですが・・・。

見るのと実際にやってみるのは 大違いでした。
それぞれの分割したパーツと 他の所のパーツのバランスを考えながら作るのが
大変でまたとても勉強になりました。


誰かが作ったのを見て 真似をしないで 何にもない所から
~創造~する人を 尊敬します。
穏やかな方で そばにいて居心地のよいお人柄でした。

写真は真似をして作った私のタペストリーです。光っているのはボタンです。

KC4B0007_20150911131507249.jpg

前にも紹介した 池田甚三郎(じんざぶろう)さんの絵です。

KC4B0003_20150930162206020.jpg

素敵ですね。

KC4B0002_20150930162205852.jpg
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コメントありがとうございます。

当方の稚拙なブログに今後ともお付き合い下されば幸いです。

robokei | URL | 2015/11/02 (Mon) 04:31 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/11/03 (Tue) 11:06 [編集]