FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

アイヌ刺しゅう①


今までに習ったアイヌ刺しゅうを復習がてら制作しています。
20センチ四方に このアイヌ文様を入れたいので
必然的に文様は一回り小さくします。

CIMG3576.jpg

コピー機で縮小しなくても 簡単な方法があります。
一回り小さい18センチの紙を 
折り紙のように折って 模様を作ります。
もう少し「線が細い」とか「カーブに丸みが欲しい」とか
何度かやり直しました。
CIMG3578.jpg


CIMG3579.jpg


CIMG3577.jpg

アイヌ文様は博物館や美術館でガラス越しに展示しているだけでは
普及しないと思います。

日常生活の中でアイヌ文様を楽しみたいので
私は可愛い布で作ります。

一枚の布に 切り込みを入れながら かがって行きます。
この時間が好きな時間で 熱中してしまいます。

CIMG3653.jpg

今回は このポップな水玉模様で・・・。
CIMG3688.jpg

苫小牧市に住んでいた時に習ったタペストリーです。
90センチ四方はあります。
地の色が紺色のほうが 刺しゅうも映えますが
居間の壁に飾ると 部屋が暗くなります。
CIMG3684.jpg

CIMG3685.jpg
少しづつ針を進めています。また見て下さいね。
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。
アイヌ文様、なんか癒されます。この文様はアイヌ文化で何か意味があるのでしょうか?
博物館では説明がなかったような・・。また北海道を訪れたときに博物館の人に聞いてみようと思います。

素敵なアイヌ刺繍が完成するのを楽しみにしています。

BB | URL | 2018/01/10 (Wed) 06:53 [編集]


Re: タイトルなし

BBさんコメントを有難うございます。
またアイヌ文様に興味を持って頂き嬉しいです。
簡単ですが 今回の切り絵の型紙 上から二枚目の写真で
説明させて下さい。
左上 ひらがなの「の」うずまきは アイヌ語で「モレウ」
意味は「家族が仲良く、健康で暮らせるように」

真ん中が「ひし形」の形になっていますが
アイヌ語で「シカイ」意味は 
「コタンに争いごとが起きないように」との意味があります。
その様な 意味のある模様を組み合わせて 文様を構成しています。
アイヌ文様は北海道だけの物ではなくて ウィルタ(樺太)アイヌ 千島アイヌなどで
模様も微妙に違いがあります。

とても簡単ですが・・・お分かりになられましたか?(心配です)

tugumi365 | URL | 2018/01/10 (Wed) 09:16 [編集]


丁寧な解説ありがとうございます。

やはり文様には意味があったのですね。
今度アイヌ刺繍を見るときは思い出しながらじっくりと鑑賞したいと思います。

ありがとうございます。

BB | URL | 2018/01/10 (Wed) 21:13 [編集]


Re: タイトルなし

BBさんお返事ありがとうございます。
BBさんが去年行った平取町の博物館での着物ですが
テープ状に切った布を縫い付けて その上から刺しゅうを入れていましたが。
あの方法は「ルウンペ」と言います。
今回私が作っているのは 一枚の布をくり抜いて模様を作っていますが
「カパラミプ(切り抜き文様)」と言います。
BBさんが行った平取町のアイヌ文様と
道南にある 八雲町のアイヌ文様では 同じ北海道でも
文様に違いがあるそうです。
アイヌ協会から頼まれてはいないのですが(笑)何度も失礼しました。

tugumi365 | URL | 2018/01/11 (Thu) 07:46 [編集]


折り紙のように折って模様をつくるって、素晴らしいアイディアですね!すご~い!tugumi365さんのアイディアですか?(*^_^*)

日常の中でアイヌ文様を楽しむ、ポップな水玉模様で。ステキな取り組みと思います。針を進めるtugumi365さんの幸せな様子を想像すると、あたたかい気持ちになります。
下の写真のタペストリー、見事です。部屋が暗くなるとのことですが、和室になら合いそうです(^^♪

きたあかり | URL | 2018/01/11 (Thu) 18:44 [編集]


こんばんは
アイヌ文様については詳しくはわかりませんが、写真で見たりのイメージ的には紺色のイメージで地味な雰囲気ですね。
それがポップな雰囲気に変えてもいいと思います。
もっと身近に取り入れてもらえるかもしれませんね。

どんな作品になるのか楽しみです。

いとこいさん | URL | 2018/01/11 (Thu) 19:30 [編集]


Re: タイトルなし

きたあかりさんコメントを有難うございます。
折り紙を使うのは 私のアイディアではないです。
上から二枚目の写真が載っていますが 函館市北方民族資料館で貰いました。
夏休み・冬休みに子供たちを集めて 折り紙教室を開いています。
これを使ってアイヌ文様を作ったら成功しましたので
ほかの図案にも応用しています。
下の紺色のタペストリーは 広い和室なら邪魔にならないですね。

tugumi365 | URL | 2018/01/11 (Thu) 20:43 [編集]


Re: タイトルなし

いとこいさんコメントを有難うございます。
アイヌ刺しゅうは やはりベースになる布が 紺系の藍染や
縞の木綿が多いですね。
街歩きで気軽に持って歩ける色合いに作りたいです。
先生に聞いたことがありますが 大昔は布が貴重で
いろんな柄を使ったそうです。
だからポップな物でも ダメではないと言われました。
この作品は 世界で一冊だけの本・展に出したいと
思って作っています。

tugumi365 | URL | 2018/01/11 (Thu) 20:49 [編集]


⛄️アイヌ刺繍➀⛄️

おぉー!ラブリー❤️‼️
布をかえるだけで、雰囲気がこんなに変わるのですね(o^^o)
ポップな柄遣い、楽しくなります!
私も、このような楽しさを目指しています(*'▽'*)

紺色のタペストリー、幻想的ですね
深い湖からたちのぼる命のエネルギーを感じます。

それにしても、コピーの縮小機能なくして、このように小さくされるとは、本当に器用に細工されますね!
もうビックリです‼️

はこやん | URL | 2018/01/12 (Fri) 17:31 [編集]


Re: ⛄️アイヌ刺繍➀⛄️

はこやんさんコメントを有難うございます。
ラブリーとのお言葉嬉しいです!!
型紙は 函館市北方民族資料館で貰った折り紙で作ってみたら
「イケ」たので それ以来この方法を取っています。
津田命子さんの本も参考になりました。
はこやんさんのこれからの作品もとても楽しみです。
紺色のタペストリーも お気に入りです。

tugumi365 | URL | 2018/01/12 (Fri) 17:43 [編集]