はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

かあさんのこころ

=かあさんのこころ= 内田麟太郎(文) 味戸ケイコ(絵) 
2005年6月第一刷発行
(前回から 麟太郎さんの本の話題が続きます。)
CIMG2650.jpg


=本の扉から=
「どの子も無条件に愛されてほしい・・・・・。それがいま、私の一番の願いです。
悲しい時を過ごさなければならなかった子は、自分を愛せない子になります。
それをと取りもどせるのは、ただ優しい人との出会いだけです。
これはちいさな自伝でもあります。  内田麟太郎」

こどもの ころ。 ぼくは ぼくの かなしみしか しらなかった。
いつも かなしみの そこで うずくまっていた。

ぼくは つりを つづけた。 うちへ かえりたくなくて。(中略)

ゆきが ぼくの かたを しろくする。
CIMG2651.jpg

その ほしを さがした。その ほしは  みつからなかった。かあさんのほし。
ぼくも ほしに なりたかった。かあさんの となりで。
CIMG2652.jpg

ぼくは おじいさんに なっていた。 むすめが こどもを だく。
こどもが むすめに ほおずりをする。・・・・・ママ。・・・・・ママ。

CIMG2653.jpg

ぼくは なみだが あふれてきた。 
わかくして なくなった かあさんに わびていた。
ぼくの かなしみより ずっと ずっと ふかかった 
かあさんの かなしみが みえてきた。

おさない ぼくを のこし、しんでいった かあさんの かなしみ。
CIMG2654.jpg
かあさんの きもちが いまは わかる。
「しあわせに なってね」
「かあさんよりも ながいきしてね」
かあさんの こころは のはら。 はるの のはら。

血の繋がっている親子でさえ それぞれの家庭の事情があります。
父が家の中で 大声で怒鳴ったり 物をぶつけたり 幸せな子供時代だと
思っていませんでした(90歳で亡くなるまで 短気は直りませんでした)。
でも麟太郎さんと同じく 孫が 愛情たっぷりとすくすくと育つ姿を見て
その姿に自分を重ね合わせて=自分を育て直せた=と思っています。
子供は穏やかな家庭の中で 愛情いっぱいに育つ権利があります。
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どんどん快調に読み進めているようですね。私は、1-2ページですぐ眠くなる症候群で、なかなかさきにすすまず、困っています。面白い内容なのに、…。

AzTak | URL | 2017/08/27 (Sun) 06:09 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを有難うございます。
読書はとても快調に進んでいます(笑)。
実はもっと沢山紹介したい本があるのですが・・・。
面白すぎても 紹介するのが面倒になって・・・図書館に返しています。
紹介するには 一度読んでから 再度読み込んで 紹介する場面を「切り取って」行きます。
でも実際に読んだ方が 自分なりの面白い箇所があると思うので そこが読書の面白さですね。

tugumi365 | URL | 2017/08/27 (Sun) 11:14 [編集]


ほっこりしますね。
たまには、そういう絵を見るといいなあと思いました。

私は子育てはイマイチ上手ではなかった。
気持ちはあるのですが
今ごろ、大人になった娘たちと話すと
意思疎通ができていなかったことが多すぎます。

孫達は、優しい環境で育って欲しい。

森須もりん | URL | 2017/08/28 (Mon) 09:18 [編集]


👓かあさんのこころ👓

リカちゃん、緑のチェックのパンツ
爽やかで素敵ですね!
表紙の絵の可愛いらしさとナイスマッチング😄
そして、絵本のストーリーを拝見したら、鼻がツーンとしてきて、ほろりときました😢これは是非手にとってみたい絵本です^_^

はこやん | URL | 2017/08/28 (Mon) 10:10 [編集]


tugumiさん~^^
お久しぶりですっ♡

読んでいない分を一気に読まさせて頂きました^^
(*˘︶˘*).。.:*♡

内田麟太郎さん、とても素敵な方ですね。涙
絵本には絵本の言葉があるのですね。涙
私、絵本って大好きなんです^^
短い文章に、沢山の意味があって
読む人によって、解釈は違うけれども
それがとても好きなのです^^

私の父も、毎日読書にふけっています。
図書館に借りに行って、毎日何時間も読んでいます^^
読書って楽しいのですね^^

いつもtugumiさんの語り口調に聞き入ってしまいます^^
(*˘︶˘*).。.:*♡

mauloa | URL | 2017/08/28 (Mon) 13:53 [編集]


Re: タイトルなし

もりんさんコメントを有難うございます。
子育ては「反省」の繰り返しです。こんな母親で良かったのかしら?です。
孫は「優しい環境」で育っていて その姿を見ているのが私の幸せです。
もりんさん楽しいご旅行をお祈りしております。楽しんで来て下さいね。

tugumi365 | URL | 2017/08/28 (Mon) 13:59 [編集]


Re: 👓かあさんのこころ👓

はこやんさんコメントを有難うございます。
麟太郎さんの自伝的な絵本ですが 良い絵本でした。ぜひ手に取って下さいね。

tugumi365 | URL | 2017/08/28 (Mon) 14:01 [編集]


Re: タイトルなし

mauloaさんコメントを有難うございます。
お体の調子があまり良くないのに コメントを頂き申し訳ありません。
そんな時でも「作品つくり」をしていて 頑張っていますね。
絵本もたまには良いですよ。読む人によって「解釈」が違うって その通りですね。
そこが面白さでしょうね。お父さんは好きな作家がいるのでしょうか?

tugumi365 | URL | 2017/08/28 (Mon) 14:11 [編集]


>父が家の中で 大声で怒鳴ったり 物をぶつけたり 幸せな子供時代だと思っていませんでした(90歳で亡くなるまで 短気は直りませんでした)。
でも麟太郎さんと同じく 孫が 愛情たっぷりとすくすくと育つ姿を見てその姿に自分を重ね合わせて=自分を育て直せた=と思っています。

tugumi365さん、おつらい子供時代でしたね。きっと、忘れられないと思います。夫が、若い頃、tugumi365さんのお父様のような、そんな感じでした。今は穏やかになりましたが、子供たちもアタシもつらかったです。
アタシも子供時代は、悲しい思いでしかありません。
自分を育て直す、アタシには、その感覚がわからないのです。娘を育てても娘は娘、アタシはアタシ、なのです・・・。

きたあかり | URL | 2017/08/28 (Mon) 22:48 [編集]


Re: タイトルなし

きたあかりさんコメントを有難うございます。

> 自分を育て直す、アタシには、その感覚がわからないのです。娘を育てても娘は娘、アタシはアタシ、なのです・・・。

子供を育てるのと 「孫」は別物です。子育ては「責任」がありますが
孫はちゃんとした息子夫婦が育てています。
その上で 私の役割は 「愛情たっぷりと見守ること」が、おばあさんの私のお仕事だと思っています。
何年後か分かりませんが お嬢様が結婚して 孫が生まれたら この気持ちが体験できると思って信じています。

tugumi365 | URL | 2017/08/29 (Tue) 09:44 [編集]