はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

てのひらのほくろ村

=てのひらのほくろ村= スズキコージ著 2004年4月第一刷発行
この本は 
「絵本があってよかったな」の内田麟太郎さんの本の中で紹介していました。
内田さんが、編集者からエッセイを書きませんか?と話を持ち込まれますが
その人が{こんなものを}と送ってくれたのが「てのひらのほくろ村」でした。
少年コージさんの貧しくとも温かい少年時代の自伝です。
おまけに抱腹絶倒の自伝でした。
(1987年理論社から出ていたのが絶版になり、 2004年架空社から再出版)
CIMG2633.jpg

スズキコージさんは1948年2月生まれです。
夫と同じ昭和23年生まれ 戦後のベビーブームで 一クラス60人は普通です。
コージさんの小学校の頃の話が書かれていますが 読んでいてとっても面白くて
子供のころの観察力と絵を描く事が本当に好きで 両親も暖かく
先生も優しくて スズキコージさんを見守ってくれたのでしょう。 

最後のページには小学校1年生冬休み 二年生夏休み 二年生冬休みの
絵日記も掲載しています。 私がとても関心したのが その文章に
「丁寧」に先生がコメントを書いているのです。

CIMG2647.jpg

このスイカの絵は小学校2年生夏休みのものです。
「きょうのひる 静岡のお兄さんがきました。五じごろになると
 おかあさんがすいかを きってくれました。
みんなでおいしいすいかをたべました。」
先生「とてもおいしそうな すいかですね。静岡のお兄さんもきて 
にぎやかになったでしょうね」

画面いっぱいにスイカが書かれています。
CIMG2648.jpg


他のページでは 汽車で出かけた絵があって
先生「きしゃのえが とてもうまくかけていて 先生もかんしんしました。
ほかの先生にみせると二年生では うますぎるぐらいだと ほめてくれましたよ」
子供は褒められて育って行きますね。

本の題名ですが。
「ある日、しんがいのしょうちゃらと表で、おとし穴を掘って遊んでいたら、
薬うりの白いヒゲで白装束のおじいさんがやってきて、そこで遊んでいる
子供らの手相を見た。そして、おじいさんは、僕の手を引っぱって、
僕の家へ連れて行った。おっかさんが、また、コージがイタズラをして、怒られて
薬でも買わされるのかなと思ったら、そのおじいさんが言うには
「この子供の右のてのひらの中央に、何万人に一人の黒々としたほくろがあるので
この子は大事に育てなさい」と言い残して、スタスタ去っていった。」
(この本の文章が 稚拙(本人の弁)な書き方で 笑いも沢山ありました。)

現在では そのほくろも 薄くなってほとんど消えてしまった。
生まれ育った村を、そのほくろになぞらえて「てのひらのほくろ村」と名づけました。

CIMG2649.jpg
私から・・・「コージ少年は 良い先生に恵まれましたね。
夫の学校は戦争帰りの元特攻隊の先生がいて
すぐ殴ったりする 怖い先生がいたそうですよ。」
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小学校のころ、何らかの集金がある日には、必ず休む級友がいました。担任が『探してこい』というのを待ちかねて、声がかかった途端に、探しに行きました。彼のいる場所はすぐわかり、1時間くらい遊んだあと、『明日は学校に来いよ』って言い置いて、帰ってきました。
『一生懸命探しましたが、見つけられませんでした』…、なんて報告していました。子供に卑屈な思いをさせる親にだけはなり下がるまいと心に誓ったものでした。

AzTak | URL | 2017/09/04 (Mon) 06:58 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを有難うございます。
その子供の気持ちが分かりますね。お金がないのを知っているので親にも言えなかったのでしょうね。
一緒に遊んであげて有難うございます。AzTakさんが行かなかったら 孤独な気持ちで一日を潰したことでしょうね。

tugumi365 | URL | 2017/09/04 (Mon) 15:01 [編集]


スズキコージさんは、貧しくても温かい少年時代を送られたのですね。しかも捧腹絶倒とは!笑顔になれる本のようですね。また読みたい本が増えました~。こちらの図書館にあることを祈ります('ω')ノ

と、AzTakさんのコメントに、うるっと来ました。私も、集金には困りました。母親がお金を出すのを渋るのです。とてもつらかったです。AzTakと同じく、私も、子どもにはそんな思いをさせないように育てました。集金があると、必ずすぐに提出できるように渡していました。
AzTakさんの級友さん、AzTakさんの思いやりをきっと分かっていたと思います。良いことをされました。つらい中にも、友達の優しさに幸せを少し貰えたと思います。

きたあかり | URL | 2017/09/04 (Mon) 18:09 [編集]


Re: タイトルなし

きたあかりさんコメントを有難うございます。
この本をブログで紹介して 心から良かったと思いました。
あかりさんの子供のころのお話 AzTakさんのお話と「涙が溢れました」。
あかりさんからの言葉で 以前、子供の頃苦労した人は その時点で一生分の苦労なので
大人になったら「幸せ」しかないと言ってくれましたね。
今日はブログをやっていて良かったなと、しみじみと思いました。

tugumi365 | URL | 2017/09/04 (Mon) 18:52 [編集]


☘️手のひらのほくろ村☘️

モノトーンストライプの女の子は
マリアちゃんでしょうか?
シャープなお洋服の素敵なお姉さんですね(o^^o)

さてさて、豪快な絵日記に見入ってしまいましたよ^_^先生のコメント
きっと嬉しかったでしょうね🍀
この本も、かなり面白そうですね
(o^^o)この前ご紹介いただいた本
彼女の家計簿は現代と過去が行きつ戻りつで興味しんしんで読み進みましたし、アラミスと呼ばれた女も
時代の流れが面白く読み進みました

私が小学校の頃の先生は、算数の問題がとけるまで、立たせましたし、
中学では態度の悪い生徒は、胸ぐらを掴まれて怒られていました。
昔々のお話ですね(^。^)

はこやん | URL | 2017/09/06 (Wed) 00:06 [編集]


Re: ☘️手のひらのほくろ村☘️

はこやんさんコメントを有難うございます。
お人形は「リカちゃん」です。もしお孫さんが出来ても「リカちゃん」は買わないで下さい。
髪の毛がぐちゃぐちゃで櫛が通りません。この為「かつら」を買いました。
孫のお友達も同じようなことを言っていました。買うなら「さくらちゃん」か「マリアちゃん」が
お勧めします。本を読んでいただき有難うございました。もっと沢山ありますが
今は「世界で一冊だけの本・展」の布絵本を製作中です。
算数の問題ができるまで立たせていた先生「あなたの教え方が下手なんだよ」と
言ってあげたい私です。

tugumi365 | URL | 2017/09/06 (Wed) 17:01 [編集]