はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

あのこは貴族

美容室の雑誌の中で この本を紹介していました。
3月に図書館に予約を入れて 60人待ちで 手にするまで4か月掛かりました。
=あのこは貴族= 山内マリコ著 2016年11月第一刷発行
CIMG2451.jpg

今年上半期で 「面白くて一気に読んだ本」の 一冊になりました。
借りたその日に 止まらなくて一日で読みました。

目次は四章からなっていて
「第一章」東京(とりわけその中心の、とある階層)
榛原華子(はいばらはなこ)は、父が松濤で代々病院を経営する家の
三女に生まれました。
華子はいつもニコニコしていて愛想よくしている性格です。
25歳で付き合い始めた彼氏と結婚するんだと心に決めて3年。
お正月に彼のマンションでお雑煮を作ります。
何度か聞いていた彼の実家の味を再現しましたが・・・・。
結婚する気がない彼から「ドン引き」されて失恋!!

読んでいるこちらも どうして人の気持ちに気が付かないのか?不思議でしたが、
小学校から大学までカトリック系の名門私立女子校に通い
極めて厳しく・質素に育てられ ほとんど俗世から隔離された環境で育ちました。

           (一息ついてチーズ塩サブレ 美味しいです!)
CIMG2449.jpg

「第二章」外部(ある地方都市と女子の運命)
新入生で賑わう慶応義塾大学日吉キャンパスに 田舎から出てきた時岡美紀が・・。
美紀は地獄の受験戦争を勝ち抜いてこの場にいるのが晴れがましい気持ちでしたが
この同じ場所に垢ぬけた・ファッション雑誌から抜け出たような生徒の集団をみます。
それが幼稚舎からの学生でした。小学校から大学までの「内部生」と呼ばれる人達。

歴史の教科書に載っている人物の末裔・財閥系の一族・元華族の「いいとこの子」が
決して家柄や資産家ぶりを自慢するような真似をしません。
その中の一人 青木幸一郎にある日ノートを貸します。

夏休みに田舎に帰省した美紀は父の失業を知らされます。
「女のくせに東京の大学に行っている」美紀をよく思っていない父と言い争い
アルバイトで生計を立てる決心をしますが。時給の良い職業を転々とするうち
夜の仕事に・・・一年で慶応大学を除籍になりました。
そんな時 店に来た青木幸一郎と再会し付き合い始めます。
幸一郎は美紀をただの「愛人枠」都合の良い女としか思っていないのよねぇ~!
(その後幸一郎は家柄の申し分ない華子と結婚します。)

『日本は格差社会ではなくて 昔からずっと変わらず階級社会だったんだ。
つまり日本の歴史に出てくる日本を動かした人物の子孫は今でも同じ場所にいて
我が物顔で牛耳っている』美紀の言葉でした。

華子と美紀の友情物語の要素も入っていて 読後もスキッリした気持ちでした。
山内マリコの筆の力の魅力にハマりました。

CIMG2458.jpg
(上磯郡木古内町の池田屋さんで作っています。
七飯名物「赤松せんべい」の製造元です。シェフ和子さんは七飯の方です)
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まあ、ありそうな話でしたよね。
現実には、私の身近な良いところの坊ちゃん、嬢ちゃんには、未婚の方が少なくないようです。連れ合いに縛られたくない気ままな生き方志向なのでしょうか。だいぶ、状況が変わってきているかもしれません。

AzTak | URL | 2017/07/16 (Sun) 05:05 [編集]


とても分かりやすいあらすじをありがとうございます。
もう読んだ気持ちになりました(^^;

チーズサブレを片手に一気に読んだんでしょうね(^^)

BB | URL | 2017/07/16 (Sun) 05:36 [編集]


👓あのこは貴族👓

おはようございます!少しご無沙汰していました。夏に弱い私は、例年どおり夏風邪にやられてしまいました( T_T)さてさて、リカちゃんの夏柄ワンピース、可愛いですね!元気の出る、嬉しい柄です(^^)
ご紹介頂いた本、なかなか興味深いですね。テレビドラマでしか知らない世界が、リアル感たっぷりに描かれているようですから、覗いてみたくなりますね(^_^)読書関連で、この前ご紹介頂いた、宇江佐真理さんの本、余寒の雪、を読んでいます。着物の描写や当時の慣わし等が面白いです(^^)tugumi365さんのお陰で、読書アドベンチャーが続きます。ありがとうございます!

はこやん | URL | 2017/07/16 (Sun) 08:44 [編集]


🐬読書のおとも🐬

追記
あの塩チーズサブレ、ネットで取り寄せたいです!北海道のお菓子は
ただ者ではありません!ビールにも合いそうですね(o^^o)

はこやん | URL | 2017/07/16 (Sun) 08:49 [編集]


こんにちわ^^

んもう♡
tugumiさんの解説を読みながら、夢中になって
読んでしまいました^^
面白い!四ヶ月待ちなのがわかりますっ♡
(*˘︶˘*).。.:*♡

一気に読みたくなる本って中々出会えないですもんね。
日本のあり方を見た気持ちになりました。(๑*౪*๑)
末裔の方々は今でも健在ですもんね。

塩サブレとても美味しそうです~~♡
(((o(*゚∀゚*)o)))ワク

美味しいお菓子と一緒に本を読むtumugiさんが
とっても素敵だな~♡と思いました^^

mauloa | URL | 2017/07/16 (Sun) 13:30 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを有難うございます。
小説なのに こんな話はあり得る様な気がして読みました。
函館でも(私の周りですが)お金持ち同士の結婚が多いような気がします。
AzTakさんの周りにも このような方がいらっしゃるのですね。

tugumi365 | URL | 2017/07/16 (Sun) 15:47 [編集]


Re: タイトルなし

BBさんコメントを有難うございます。

> とても分かりやすいあらすじをありがとうございます。
> もう読んだ気持ちになりました(^^;

最後まで読んで頂けると もっと面白いのですが・・・(笑)。

> チーズサブレを片手に一気に読んだんでしょうね(^^)

このサブレ チーズと塩のバランスが良くて ビールにも合いましたよ!

tugumi365 | URL | 2017/07/16 (Sun) 15:52 [編集]


Re: 👓あのこは貴族👓

はこやんさんコメントを有難うございます。
夏風邪との事 大丈夫ですか?
リカちゃんの洋服をほめて頂き嬉しいです!!
この本は はこやんさんも気に入って頂けると思います。
宇江佐真理さん違う方のブログで {アラミスと呼ばれた女}が面白いと書いていました。
明日図書館に行って借りようかと思っています。

tugumi365 | URL | 2017/07/16 (Sun) 15:57 [編集]


Re: 🐬読書のおとも🐬

はこやんさん本当にビールにもピッタリです。
チーズと塩の加減がピッタリです。

tugumi365 | URL | 2017/07/16 (Sun) 15:59 [編集]


Re: タイトルなし

mauloaさんコメントを有難うございます。
小説なのに 本当にありそうなストーリーですね。
末裔の方は今でも健在で”政治の世界”でも・・・アホかいな?の方もいますね。
塩サブレ美味しいですよ!!チーズと塩の塩梅がストライクです。

tugumi365 | URL | 2017/07/16 (Sun) 16:04 [編集]