はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

犬が来る病院

=犬が来る病院=2016年11月発行 大塚敦子著
CIMG1530.jpg

聖路加国際病院は日本で初めて小児科病棟に、セラピー犬の訪問を受け入れた病院です。
著者がおよそ3年半に渡り この取り組みを 取材しました。

4人の子供たちがこの本に登場します。
入院中であっても 子供たちが 豊かな時間を過ごせるよう また困難を乗り越えられるように
医師・看護師・保育士・心理士・チャプレン(病院で働く牧師)などの
スタッフたちで行われた取り組みを4人の子供たちを通して描いた記録です。
(二人の子供は退院できましたが 二人が亡くなりました)

こちらは2009年11月に発行された 写真絵本です。
(その後に =犬が来る病院=が発行されました。)
CIMG1531.jpg

元気な時には 学校に行きます。
CIMG1536.jpg

ひとりになれる場所だって、見つける。
CIMG1537.jpg

CIMG1534.jpg

ちいちゃんは小学校1年生で白血病を発症します。
一度は退院出来ましたが再発して 今度はお父さんからの骨髄移植を受けるために
クリーンルームに入っています。
CIMG1532.jpg

体調の良い時には 病院内にあるチャペルでの日曜礼拝にも参加。
お父さんからの骨髄移植がうまくいかなくて もう治療の手立てがなくなります。
つらい治療で頑張りましたが・・・(本を読んでいる私もつらい気持ちでした)。

ちいちゃんはお母さんとチャプレンの所に行きます。
『一緒に入院していたお友達は、みんな元気になって退院できたのに
私だけまた具合が悪くなったのは どうしてですか?
私は何か悪いことをしたのですか?神様はどうして私を二度も病気になさったのですか?』

チャプレンのケビンさんは 切なさに胸が詰まります。
『どうして、ちいちゃんにこんな事が起こったのかは 私にも分からない 
でもはっきり言えるのは、ちいちゃんが何か悪いことをしたからじゃない。
ちいちゃんのせいじゃない』

それを聞いて、ちいちゃんとお母さんはボロボロ思いっきり泣きました。
『ちいちゃんが悪い子だから 病気になったんじゃないんだね
それが分かっただけでも良かった。』
小一で発症してから二年弱で ちいちゃんは天国へ召されました。

この二冊の本を
今悩んでいる子供たちにぜひ読んで欲しいです。
また学校の図書室にも置いて欲しいと思いました。
CIMG1539.jpg
赤ちゃんを抱っこして遊んでいるちいちゃん。
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

骨髄液の供与は愚妻もドナーになりました。気が遠くなるような確率で適合したようです。あのお子さんが無事生きていれば、もう成人はとっくに迎えたことでしょう。
私はフォアグラで苦しんでいた時期だったので、スタートラインにも立てませんフェした。

AzTak | URL | 2017/02/06 (Mon) 04:40 [編集]


こんばんは

こんなに笑顔のかわいいお子さんが逝ってしまうなんて...
白血病に限らず、難病で苦しむ子供たちが沢山いるのだと思うと、胸がキュッとします。
健康でいられるって、ありがたいことですね。

遅くなりましたが、キルトの完成おめでとうございます!
細部にまで気を配った丁寧な作品、お見事です!
お部屋がぱっと明るくなりますね。

pil | URL | 2017/02/06 (Mon) 06:50 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを有難うございます。
奥様がドナーになりましたか・・・そのお子さんが元気でいてくれることを
願っています。
ドナーの検査や移植も 危険を伴う事ですが 良く決心されましたね。
奥様をそうさせた原動力を知りたいです。

tugumi365 | URL | 2017/02/06 (Mon) 10:47 [編集]


Re: こんばんは

pilさんコメントを有難うございます。
健康でいると それが当たり前になっていて このような本からですが
しっかりと生きなければと 思い知らされますね・
>
> 遅くなりましたが、キルトの完成おめでとうございます!
> 細部にまで気を配った丁寧な作品、お見事です!
> お部屋がぱっと明るくなりますね。

ピンクの力で 部屋が明るくなりました。
いつも優しいコメントが力になりました。
有難うございます。

tugumi365 | URL | 2017/02/06 (Mon) 10:52 [編集]


tugumi365さんの文章を読んでて泣けてきました。つらい経験をしている子供たちに、自分は何もできないと思わされました。
同時に、自分にできることはしようとも改めて思いました。

きたあかり | URL | 2017/02/06 (Mon) 15:32 [編集]


Re: タイトルなし

きたあかりさんコメントを有難うございます。
与えられた寿命としても こんな小さな子供が 神様に問うなんて 理不尽ですね。
あかりさんは子供たちに読み聞かせをして 社会貢献しています。
自信をもって下さいね。

tugumi365 | URL | 2017/02/06 (Mon) 16:19 [編集]