はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

天の川

ロマンチックな川の名前でしょう?。
ここは道南 日本海側にある 江差町の隣町 上ノ国(かみのくに)町です。
上ノ国町は 北海道でも最も早い時期に 和人が住み着いた町です。
我が家のご先祖も 上ノ国町出身です(ご先祖のお墓もあります)。
KC4B0050_20160703173019637.jpg

天の川はアユや鮭の遡上でも有名です。この日もアユを釣っていた人がおりました。
KC4B0049_20160703173017894.jpg

この川にちなんで 七夕飾りを飾っていました。子供たちの短冊が吊るしています。
KC4B0052_20160703173038b5a.jpg

また12星座のレリーフが 橋の欄干に・・・。
1618年に上ノ国に漂着した イエズス会宣教師が 後に地図を製作するため
『ツガ』と記載したことから ”天河”の漢字を当てたのが 『天の川』になりました。
KC4B0053_20160703173039216.jpg

ここはまたニシン漁で栄えた町でもあります。
KC4B0048_20160703173016bb7.jpg

旧笹浪家住宅は 上ノ国で代々ニシン漁を営んだ旧家です。
こちらの家から見つかった古文書には 
安政4年(1857年)に家の土台替えをした記録があります。
KC4B0047_20160703173014f8d.jpg

屋根はヒバの割柾葺(わりまさぶき)の上に石が置かれています。
このような屋根は珍しいので紹介しました。
KC4B0046_20160703172956aa5.jpg
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご先祖様はかなり気合の入った殆ど初期からの北海道住民なんですね。近代の栄枯盛衰を見てきた土地なんですね。

AzTak | URL | 2016/07/06 (Wed) 05:05 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを有難うございます。歴史の栄枯盛衰の土地ですね。本家は田畑・山があったそうですが 主人の祖父にあたる人が”博打”で山をなくし、夫のいとこが借金で田畑を売って、それでも今住んでいる土地・建物は残っています。舅が生きていた時は お墓参りに行きました。

tugumi365 | URL | 2016/07/06 (Wed) 06:47 [編集]


じ~ん

笹浪家さんは、いわゆるニシン御殿というものでしょうか?
時代を感じます。
天の川とは、ロマンチックな名前ですね。そういえば今日は7月7日。織姫と彦星、会えるかしら。
そしてアタシは誰と会えるかしら、、、あ、会うのは夫か、、、会うというか、一緒に住んでいるので会うとは言えないわね。笑

と、tugumi365さんのご主人のご実家、いろいろな歴史があるんですね。アタシの父親の実家も、アタシの父親の博打癖で、土地などをたくさん手放し、今はヒッソリしています。共通点になんとなくじ~んとしました。

きたあかり | URL | 2016/07/07 (Thu) 09:54 [編集]


Re: じ~ん

きたあかりさんコメントを有難うございます。
> 笹浪家さんは、いわゆるニシン御殿というものでしょうか?
上ノ国はニシン漁のはしりなので 笹浪家は御殿まではいきません
江差から小樽にかけては豪華なニシン御殿が残っています。
博打癖 どこの家にも一人や二人いるのかしら?私にすると許せない人種です。

tugumi365 | URL | 2016/07/07 (Thu) 16:47 [編集]