はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

レイモンさんのハム

ここ元町には カールレイモンさんのお店があります。
ドイツの伝統製法にこだわり続けたハムは美味しいの一言です。
レイモンさんが生きていた頃は ここはハムを作る工場でした。
KC4B0050_201606281920153d4.jpg

今はここで買って食べるスペースがあります。
KC4B0052_20160628192017f93.jpg

KC4B0053_20160628192018545.jpg

ショーケースの上には 試食のハムとベーコンが置かれていました。
KC4B0054_20160628192020d67.jpg

どちらも美味しくて迷いましたが 今日はボロニアソーセージを買いました。
KC4B0056_2016062819203935f.jpg

ソーセージを焼いてくれて アツアツを食べる事が出来ます。
KC4B0057_2016062819204095c.jpg

今でこそ 市内のスーパーでも買う事ができますが レイモンさんが手作りしていた頃は
限られた市内のお肉屋さんでしか 売っていませんでした。
金曜日に”レイモンのハム入荷”の紙が肉屋の店頭に貼られていたのを記憶しています。
KC4B0058_2016062819204222b.jpg

大正8年に シカゴで食肉加工の技術を学んだ帰り 函館に観光で立ち寄りました。
そこで勝田旅館の娘 コウさんと知り合い駆け落ちのようにして結婚します。
戦争中は”スパイ”容疑で監視されたりしています。
KC4B0059_201606281920436a8.jpg

従業員のおばちゃんたちを 外国人の名前を付けて呼んでいたのを
レイモンさんが生きていた時に、テレビの番組で見たことがあります。
KC4B0001_20160629121602075.jpg
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昔からソーセージが大好きです。ドイツではソーセージばかり、むしゃむしゃ食べていました。好きが昂じて、ソーセージ作り体験教室にも行きました。
ですが、モノを造るのはそれなりに大変です。やはりプロが丁寧につくったものを賞味するのが一番でしょう。

このお店は元町にありましたか。私の家は、母が半日は寝ていなければいけない状況だったので、イカか、納豆か、豆腐か、おかずはそんなものばかりでした。ソーセージが食卓に乗ることはありませんでした。

AzTak | URL | 2016/08/10 (Wed) 08:34 [編集]


なんておいしそうなんでしょう☆胃袋の宣教師ですか!
また函館旅行時に行きたいところが増えました。楽しみです。
いえいえ、もしアタシが函館に旅行する予定がなかったとしても、心がふんわり楽しい気分になる記事です!
いつもありがとうございます。

きたあかり | URL | 2016/08/10 (Wed) 09:29 [編集]


Re: タイトルなし

AzTakさんコメントを頂き有難うございます。レイモンさんのお店は二十間坂を登った右にある東本願寺の前にあります。
大三坂とはとても近いですね。AzTakさんがいた頃は 十字街はとても賑わっていたと思います。汽車と市電を乗り継いで
デパートに行った記憶があります。

tugumi365 | URL | 2016/08/10 (Wed) 12:10 [編集]


Re: タイトルなし

きたあかりさんコメントを有難うございます。店内で食べられるのは良いことですね。美味しいですよ~~。
8/6トラピスチヌ修道院の記事を載せました。私も何十年も行ったことがなくて 雰囲気だけでも感じて下さいね。

tugumi365 | URL | 2016/08/10 (Wed) 12:14 [編集]