はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

母のお針箱

気がつくのが遅かったのですが、キルトの途中で糸を切るのに 握りバサミを使いだしました。
これがとっても手に馴染んで使いやすいのです。

母のお針箱の中に入っていました。
竹で編んだかごは 今年で70年余り経ちます。
父が新婚の時に プレゼントしたそうで、母は大切に使っていて
どこも傷んでいません。
だからと言って 仲良しの夫婦か?と聞かれたら
娘の私の目から見ると いつも喧嘩ばかりしていました(トホホホ)。


針が行方不明にならないようにするために
針を入れている缶のふたの内側に 磁石を付けています。

彫金でできたフクロウのブローチは キルト途中の印に付けています。

1


こちらも母の裁ちばさみです。22センチと小ぶりですが 使いやすいです。
老眼鏡は一番の必須アイテムです。

1
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する