はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

焼きリンゴのおやつ

今日はR子ちゃんの お祖母ちゃんのおやつを紹介します。
材料は ぼけたリンゴ2個 冷ご飯(お好みの量) 小麦粉(大さじ3)
リンゴ一個は 薄くスライス用  もう一個はすりおろします。
ぼけたリンゴの方が歯ごたえがなくて良いそうですが、
ぼけたリンゴは売っていないので、普通のをなるべく薄くスライスしました。

イラスト入りでお手紙を送って頂きました(有難うございます)。
KC4B0010_20160331115309f62.jpg

何回か作りました。これは最初の写真なので スライスの仕方が厚いです。
この失敗は最後に分かります。
KC4B0006_201603311152362c8.jpg

タネです。すりおろしたリンゴとご飯と小麦粉を混ぜます。
(お好みで砂糖を少し入れても良いです)
KC4B0007_2016033111523866a.jpg

フライパンにスライスしたリンゴを並べた所。
ここまではルンルンな気分だったの・・・・(笑)。
KC4B0008_20160331115305ef1.jpg

かんせ~~~い!!
食べる時には 黒砂糖 三温糖 ハチミツなど お好みで。
(何にもつけなくてもOKでした)
KC4B0003_20160401105037622.jpg

失敗した写真です。 リンゴが厚いので お皿に移す時に 
バラバラになりました。見るからにマズそうですネ。
雑誌などのお料理の写真 今まで気にも留めませんでしたが
苦労があるんですね~~。
KC4B0011_2016033111530828d.jpg

バターを使って作ったりと いろいろ工夫しましたが。
お祖母ちゃんのレシピ通りの方がシンプルで美味しかったです。
モチロン孫やお嫁さんも試食しました!!
お嫁さんは冷めてからシナモンパウダーをかけて食べても美味しかった。
上の孫(中三女子)リンゴのおはぎの食感だった。(確かに・・)

お祖母ちゃんは『始末して暮らす』事を教えてくれたそうです。
始末はケチとは違います。 浪費せず つつましく 倹約する事です。
生きていたら100歳は優に超えていますが お喋りしたかったです。

ちなみにリンゴの取れる青森県の出身かと聞きましたが 秋田県です。
このリンゴのおやつは お祖母ちゃんの創作なのでしょうか?
(少なく作るとしたら リンゴ一個でも作れました)
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/04/07 (Thu) 08:36 [編集]