はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

チロルチョコで働いています

題名に惹かれて 図書館に予約していました。
かなりの予約待ちでしたが、手に取ると マンガ家の伊藤フミさんの本でした。

チロルチョコが好きなので(特にきなこもちが好き)面白く読みました。
隣に住んでいる中二の孫も読みました。

KC4B0007_2015120614341695f.jpg

チロルチョコは1903年創業の福岡県田川市の松尾製菓(株)から
2004年に東京秋葉原に商品企画と販売部門を移し
チロルチョコ(株)になったとの事 商品名が会社の名前なんですね。

1903年当時チョコレートのお菓子が50円もしたので
子供の小遣いで買える10円にしようと チョコの中にヌガー(ソフトキャンディー)を入れて
発売したそうです。
企画室には 『楽しいお菓子で世の中明るく♪』のポスターが・・・社是です。

企画会議では常に新商品のアイデアを社員が出します。
今まで没になったもの ①ラーメンチロル ②キムチチロル ③かば焼きチロル
試作品を作って食べたそうですが 美味しくないのは目に見えますが・・・。

意外だったのが九州限定で2009年 ”めんたいチーズ”が売り出した事です。

パッケージのデザインも 天面サイズ2×2センチ(10円) 2.5×2.5センチ(20円)の
小さな面に見た目や中身の味や店頭に並べた時に手に取って貰えるか
デザインのすべてが凝縮しています。

日本各地にこのパッケージを収集している コレクターの方がいるそうですが、
『チロリスト』と呼ばれています。

早速近くのローソンで購入です。
本を読んだ後だと 思い入れが違いました。
(ミーハーですから)
KC4B0011_20151206143920d9b.jpg
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する