FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

ななえクーポン券

七飯町役場からお便りが届きました。
012_20200722190834e7c.jpg

今回のコロナ禍で 七飯町内の商店も厳しい状況ですが
「七飯町の経済活性化のため」に 
令和2年6月11日時点で七飯町の住民となっている世帯主を対象に
「ななえクーポン券」6000円分の無料配布を決めました。
010_20200722190831e07.jpg

七飯町は地域が広いので3ブロックに分けて
各2000円分のクーポン券を発行しています。
これが町内ごとのお店の一覧です。
011_2020072219083286c.jpg

利用できるお店はスーパーや飲食店ばかりではなくて 
ホームセンター・衣料品店・ドラックストアなど多岐にわたっています。
001_202007261549128f2.jpg

嬉しいお便りが届いた同じ日に
知恵ママさんのお嬢さんが作った「チョコ味のシフォンケーキ」が届きました。
この籠も一緒でラッピングにはピンク色のリボンで結ばれていました。
お菓子だけではなくて 貰った時のワクワク感までのお気遣いを感じました。
013_2020072219083521d.jpg

関連記事

PageTop

金森でビール

美味しいビールが飲みたい時には金森倉庫に出掛けます。
07_20200716170431b4e.jpg

010_2020071617043615f.jpg

こちらは「スパかつ」
ケチャプがたっぷりの昔ながらのナポリタンスパゲッティの上に
カツが乗っています。

こちらのレストランは毎月
その時々に採れている道南の食材を使ったメニューを提供しています。
011_20200716170456618.jpg

赤レンガ倉庫の天井が高くて 開放感がありますよ~。
08_202007161704337fc.jpg

同じ金森倉庫の中にある「胡麻の専門店」ですが
06_20200716170430ade.jpg

新しく「ごま団子」がメニューになっていました。
白ゴマと黒ゴマのお団子が2本300円。
012_202007161704577a9.jpg

つきたてのようなお餅に白ゴマが絡んで美味しいです。
このお団子を先に食べたので・・・・
お腹がいっぱいでビールが進みませんでした(笑)。
09_2020071617043442d.jpg

関連記事

PageTop

ルリユールおじさん

『ルリユールおじさん』(絵本) いせひでこ著 2006年9月第一刷発行

033_202007191853044a7.jpg

ある日女の子の大切にしている「植物図鑑」が壊れてしまいました。
修理してくれる所を探していたら
「そんなにだいじな本なら、ルリユールのところに行ってごらん」と
教えて貰いました。

028_20200719185239128.jpg

女の子はパリの街を探して歩き
ルリユールおじさんの工房にたどり着きました。

029_20200719185240826.jpg

おじさんの仕事を見ている女の子の後ろ姿が可愛いです。
032_20200719185303104.jpg

「ルリユール」という言葉には「もう一度つなげる」という意味があります。
一度本をバラバラにして 綴じなおし 表紙も新しくします。
この仕事は日本にはありません。
027_20200719185237163.jpg

いせひでこさんの絵に魅了されました。
子供を書くのは「いわさきちひろ」さんが有名ですが
絵本を読むだけではなく 絵を見ているだけで幸せな気持ちになりました。

030_20200719185242407.jpg

こちらは伊勢英子さんの著書です。
物語の主人公は男性になっていますが「ルリユール M氏」の仕事を見るために
パリにアパートを借りてこの絵本を作りました。

黄ばんで古くなった紙は薬剤に何度も漬けて綺麗にして
皮の表紙も新しく装丁し直します。

製本の60もの工程をすべて手作業でする製本職人は
今では 一桁になったそうです。
031_2020071918530118e.jpg

関連記事

PageTop

すき焼きを浅草で

「すき焼きを浅草で」平松洋子著 2020年5月第一刷
平松洋子さんはエッセイストで特に食文化と暮らしをテーマに書いています。

今回初めて平松さんの本を読みましたが 文章が軽やかで読み易かったです。

024_20200718102258c09.jpg

写真が一枚もないのに「文章」だけで食べ物の説明や美味しさを表現されていて
私もつい何品か作ってしまいました。

『塩卵』は水から10分茹でた卵を 1カップの水の中に塩小さじ一杯の塩水を作り
ビニール袋の中に入れ冷蔵庫でひと晩置くだけです。

023_2020071810225728a.jpg

ひと晩置くと塩味風味のゆで卵が出来ました。
最初の一口目は「ガツンと塩味」はしませんが 
口の中の遠くのほうで 上品な塩味を感じました。

この塩卵を平松流に表現すると
=ゆで卵はもふもふと優しいが、こっちの塩卵は、
白身がシャキッきゅきゅっと締まって、食べ口がすっきりキレがいい。=

(私には難解な表現です・・・キレがいいのはアサヒスーパードライだけです私には)

026_202007190651092fb.jpg

『あぶたま』
油揚げの中に生卵を入れて 爪楊枝で口を止めて
醤油とみりんで煮た卵料理がありますが 
油揚げの「あぶ」と卵の「たま」でこう呼ぶそうです。
平松さんが子供の時から馴染んできたそうですが
長い間名前の知らない料理でした。

表紙の画と挿絵は下田昌克さんでそちらの挿し絵も楽しめました。

022_20200718102255af6.jpg

関連記事

PageTop

ご飯茶碗

雑貨屋さんを覗いていたら この茶碗が「ねぇ~買ってよ~」と・・・・・。
ほぼ一目惚れでした(一瞬で恋に落ちた時はこんな感じかな?)。

019_20200716170529101.jpg

内側にも模様があって このフクロウと猫がありました。
ご飯を食べてゆくと最後に「フクロウさん」に逢える楽しさです。

020_202007161705480a7.jpg

こちらも何年か前に一目惚れ「長崎の波佐見焼」です。

021_20200716170550f3d.jpg

毎日のご飯を美味しく頂くためには 時には「一目惚れ」も許しましょう。

025_20200718174600a9e.jpg

関連記事

PageTop

ラッキーピエロの「あんかけ焼きそば」

ラッキーピエロは函館と道南で17店舗あります。
今日は「あんかけ焼きそば」を食べに「本通店」に来ました。
美味しいとの噂を聞いて来ましたが このメニューは2店舗のみの提供です。
018_202007161705286bf.jpg

店舗ごとにインテリアが違います。
(一年中クリスマスの飾り付けの店舗もあります)
014_2020071617050092d.jpg

017_2020071617052693a.jpg

一番の人気メニューは甘辛く味付けした鶏肉の唐揚げを挟んだ
「チャイニーズチキンバーガー」です。
013_20200716170459251.jpg

「あんかけ焼きそば」は醤油味でした。
見た目よりも多くて 美味しくて お安いです。
この日は何の割引日か分かりませんが 690円が607円でした。
015_2020071617050294e.jpg

コロナ対応で細やかな気遣いですね。
他にも「オムライス」がフワフワ・トロトロで美味しいとの孫情報ですが
いつでも行けると思うので私はあまり行きません。
016_20200716170525093.jpg

関連記事

PageTop

Sちゃんの新作

半年ぶりにお友達のSちゃんとランチ。
同い年で 短い間一緒の職場で仕事をして
趣味のパッチワークを同じ先生に習いました。
この半年チクチクと地味な生活 キルトを頑張っていたみたい。
04_202007161704062f5.jpg

この一番狭いところで5ミリの太さを繋いでいます。
02_20200716170403ef4.jpg

模様の出し方がプロです。
私達を教えてくれた先生は
例えばお花の模様だと そのまま真ん中に持ってこないで
花の中心を端の方にすると 面白さが出ると・・・・
先生は野原チャック先生の孫弟子との事です。
05_202007161704072f8.jpg

ブルーのボーダーのキルトのデザインと・・・・
03_2020071617040485c.jpg

無地の部分のキルトのデザインが「ひし形」で
くっきりと映えています。
センスの良いお友達で 同じ布を買うのですが 作品にすると配色が上手で、
いつも刺激を貰います。
「一つ一つの布の柄を見ながらのキルトは楽しいよね」共感します。
01_20200716170401873.jpg

関連記事

PageTop

寿司ランチ

函館にはお寿司屋さんが沢山ありますが・・・・再度登場。
丸井デパートの近くにある「清寿司」です。
021_20200713153724aa7.jpg

この日は日曜日でしたが「寿司ランチ」をしていました。
018_20200713153720301.jpg

このおじさん日本酒をチビリチビリ。
ソーシャル何んとかで隣の方と大将とでお喋りしながら お寿司をつまんでしました。
(大人の時間の過ごし方が背中に出ていますねぇ~)
019_20200713153721127.jpg

お決まりのメニューですが・・・・消費税込みで1200円は安すぎです。
020_20200713153723bd0.jpg

お蕎麦と茶碗蒸し
022_20200713153726d09.jpg

普通のお寿司屋さんは巻物が入りますがすべて生寿司です。
太っ腹です・・・・函館でもこれ以上の内容が良い店は私は知りません。
023_20200713153727424.jpg

関連記事

PageTop

函館美術館へ

久し振りの美術館です。
道産子の日本画家の作品展を開催中です。
(札幌にある「道立近代美術館」の収蔵品です。)
012_2020071315365586a.jpg

ポスターになっている「岩橋英遠(いわはしえいえん)」さんの絵ですが
全長29メートルの大作で 北海道の四季を描いています。
016_20200713153701680.jpg


こちらはパンフレットから 「片岡球子」の(初夏)です。
彼女の絵からは力強さを感じました。
015_20200713153659ea1.jpg

「葛西由香」さんは27歳。
国宝「平治物語絵詞」からイメージを受けて 
明治製菓の「きのこの山」と「たけのこの里」のキノコと筍を細かく描いています。
日本画のイメージだと「花鳥風月」ですが 由香さんは現代のモチーフが多くて
見ていてとても楽しかったです。
残念なことにミュージアムショップには彼女の絵葉書などが売っていませんでした。
017_202007131537027ea.jpg

こちらは常設展示なので写真がOK
以前にも紹介した「伊藤郁子」さんの絵から
(赤いテーブル)教室で教えている風景でしょう。
014_20200713153658720.jpg

同じく(花)です。
伊藤郁子さんが亡くなってから 沢山の絵は市内の施設に寄贈されました。
市立函館病院の廊下にも展示していました。
013_202007131536565a8.jpg

私の好きな「リサ・ラーソン」展は函館美術館でも10月から開催予定です。
まだ先の話ですが・・・・・今から楽しみです。
011_202007131536533e4.jpg

関連記事

PageTop

七飯町・住みやすい街ランキング全道14位

~7/9付けの函館新聞の記事から~

賃貸住宅大手・大東建託が
「街の住みここち&住みたい街ランキング2020」を7/8に発表しました。
(道内に居住する20歳以上の男女を対象に調査)

函館市は観光地のイメージからか?住みたい街2位ですが・・・・
002_20200709183150025.jpg


実際に住んでみると、住みここちが25位になりました。

七飯(ななえ)町は14位 お隣の北斗市は20位です。
001_202007091825370ff.jpg

=14位になった理由です=
①自然が豊かで、人が密集していない。
②近隣市町へのアクセスが良い
③医療助成制度が充実している
その他 物価が安い・生活の利便性が高い・静かさと治安が良い
以上のポイントが高く出た結果の様です。

私がもう一つ付け加えると・・・・・水道水が湧水で美味しい(笑)。

関連記事

PageTop