FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

ドットに魅せられて

ある日突然ひらめきました「そ~だドットで作ろう」。
雪や寒さや曇り空や・・・・で、明るい色合いを求めていたのかも知れません。

引き出しの中から「水玉模様」の布を引っ張り出して 
足りない色を3枚買い足しました。

029.jpg

一つの大きさは 3センチ×9センチ。
028_20200222153644ca7.jpg

直線なので ミシンでサクサクと縫います。

027_20200222153642d40.jpg

とりあえず繋げて見ました。色合いはイメージ通りです。
最初から何を作ろうとの予定がないので
この続きはまたの機会に(笑)。
030.jpg

関連記事

PageTop

レース編みのドイリー

ブログで知り合った方から「サプライス」のプレゼントを頂きました。
レース編みの「フリージア」のドイリーです。
私は手芸全般が好きですが「レース編み」は得意ではありません。
とっても細かくて 製図を見ながら正確に編まないと 
ちゃんとした模様になりませんよね。

そう考えると私のために時間をかけてかぎ針を持って頂き
感謝に堪えません。

使うのがもったいなくて「額」に入れて飾りましょう!
下にはどんな色合いが合うのかを確かめて・・・・

034.jpg

035.jpg

黒に4ミリのドット模様の布が「フリージア」を品よく見せました。
Y様有難うございます。大切にします。
036.jpg

関連記事

PageTop

病院食

夫が入院中です。
2/17に急に血圧が高くなって(普段は全然高くない)救急車を呼びました。
救急隊員は「脳神経外科」のある病院に搬送してくれました。
MRIの検査では異常がないため 他の検査をすることになりました。

人工透析の設備もある病院で そちらもお世話になっています。
038.jpg

透析食を味見しました。
(我が家は塩分控えめの料理を作っているので 病院食が気になります)
味付けはとっても美味しいです。
いつも入院するH病院の食事は「美味しいとか まずい」を通り越して
調理をした人は「味見」をしているのか?のレベルです。

037.jpg

行った日は「天皇誕生日」でした。今年は60歳ですね。
私の弟は天皇陛下と同じ出産予定日だったそうで
母はいつも周りに自慢していました(当時7歳だったので覚えている私)。
美智子さまはとっても良い子に育てられましたね!!
秋子さまは甘やかしすぎて「お金にだらしない息子」に育てられました。

関連記事

PageTop

新型コロナウイルス 七飯町の決断

新型コロナウイルスについては
他府県の遠いところでの出来事と思っていました。

2/19鈴木北海道知事が
「道南で60代男性の感染と本人の希望と個人情報の理由」で
それ以上の発表を控えると。
このニュースで違和感を感じました。
道南は地図で御覧の通り11市町村と範囲が広いです。
「60代男性は議員」と他のテレビで・・・・。

2/20
孫が帰宅「学校からのお便りに七飯町住民」と書いてある。

2/21
下のチラシが七飯町内に配られました。
026_202002220854556ce.jpg

今までは「中国の隠ぺい体質」が拡散させた大きな問題だと思っていましたが。
今回の北海道の対応に対して「信頼を失いました」
住民の皆さんの生活を守るのが 政治ですよね。

2/22
函館新聞には公表までの経緯が載っています。
このことは「SNS」で初期段階で情報が拡散されていました。
中宮七飯町長は幹部会議を開き
「七飯町民であることを住人に迅速に伝えるべき」との事で
町から道へ訴えたそうです。

町は「観光面ではマイナスイメージだが 町民の安心・安全を考えて
対応を進めた」とのコメントです。

関連記事

PageTop

お雛様

毎年このブログで紹介している 私の手作りのお雛様です。
高さが15cmの小さな木目込み人形です。
約40年前に 息子の幼稚園のママ友さんに教えてもらいました。
朝 幼稚園に送っていたその足でAさん宅へお邪魔しました。

今 60~70代の方に 高価なお雛様が売れているそうです。
昭和の子供の頃 私の周りではお雛様がある家はなかったと記憶しています。
働いていた頃自分のお雛様を買おうかな?と思ったことがありましたが
このお雛様を見ていると 当時の思い出がよみがえり 大切にしています。
屏風やぼんぼりは後から買い足しました。
024_20200204153958bc4.jpg

今年の冬は「全然雪が降らなくて」お雛様を飾った「立春」に大雪になりました。
以下は2/17日の朝に写しました。
夜には強い風が吹いて わが家の玄関と 車庫の様子です。
020_20200218090302ffe.jpg

皆さんのブログを拝見していると「水仙が咲いたり」「梅が咲いたり」と
気持ちだけでも春の風を感じています。
021_202002180903034b5.jpg
=夫の入院のために 少しお休みします。コメント欄も閉じています=

関連記事

PageTop

好きな絵に囲まれて

1/5の記事で版画家の佐藤国男さんのカレンダーを紹介しました。
毎日 目に付くようにとベットのそばに飾っていますが
その他にも奈良美智さんの絵や 手作りしているお友達からのプレゼントや

003_202002141516110b5.jpg

本町にある「いしい画廊」で見に行った時に頂いた作家さんの絵ハガキも。
002_20200214151609885.jpg

こちらは佐藤国男さんの「ガラス絵」です。
手彫りの額縁に入っています。「一目惚れ」で手に入れました。
数回の断捨離で学んだことは「好きな物に囲まれて暮らす」。
(捨てたものは バザーなどに出したので ゴミにはしていません)

004_2020021415161251b.jpg

以下4枚の絵ハガキは お友達のhappyさんから頂きました。
絵ハガキサイズ専用の額に入れると 絵も引き立ちました。
012_20200214151658394.jpg


011_2020021415165749d.jpg


009_20200214151638074.jpg


008_20200214151636089.jpg

関連記事

PageTop

スーとビリー②

前々回に引き続き「スーちゃん」を作っていたら 中二の孫が来て
(エプロンの所にえんぴつを入れている)所を見て
「立体的に見えるね」と嬉しい感想を言ってくれました。
「そ~なの おばあちゃんのこだわりの部分なの」

006_20200210193720228.jpg

スーとビリーの白い部分は縦20cm横30cmです。が・・・・
額縁(幅が4cm)の布を間違って裁断してしまいました。
(本当は20cmの布が2本と38cmの布が2本必要だった)

四隅には バッキングで使う黄色を入れました。
でも結果的にはこの方が「明るい印象」になりました。

008_2020021019372232e.jpg

グリーンの布だけで額縁を付けたイメージです。
019_20200210193753d1b.jpg

バッキングのお花模様を入れました。
011_202002101937234c2.jpg

これで完成ですと言いたいのですが 何か物足りないので
020_20200210193755655.jpg

端切れが出るたびに コツコツとヨーヨーを作りためていたので
012_20200210193725e07.jpg

私の中では「お花が咲いている」イメージです。
013_20200210193726531.jpg

関連記事

PageTop

イエス様の言葉

ある日の事です。玄関のチャイムが鳴ってドアを開けてしまいました。
(来客の予定があったのです)
50代の女性が二人「今日はイエス様の言葉を伝えに来ました」と。
014_2020021019382558b.jpg

聖書の言葉を 今は「タブレット」で説明するんですね。
「夫は妻を愛しなさい」改行して「妻は夫を愛し敬いなさい」と
信者A子「夫の言動にイラっとして つい言葉を返してしまいますよね」
私「それはないわぁ~~」
信者A子「まぁ夫婦仲が良いのですねぇ~」
私「いいえ、それは結婚生活45年で習得しましたの。諦めることです」
015_2020021019382774b.jpg

玄関先で寒いので 早く帰って欲しくて「うやまう」良い言葉ですね。と
(貴女達の布教に少しは達成感を持たせましょう)
016_20200210193828afa.jpg

ラップが切れたので夫に買って来て貰いました。
行く前に何度も「サランラップ」と言ったのに違うメーカのを買ってきました。
その時です 夫は自信を持って「これしか売っていなかった!!」と。
私「どこのスーパーで買ったの?」
夫「その辺のスーパー」だって・・・・その辺には3軒のスーパーがありますが
サランラップは売っています。この話はこれで打ち切りました。

夫だって意地を張りたい日もあるんだよね。
この「神対応」の私(笑)。
017_20200210193830201.jpg

”緑茶入り玄米茶”が好きで買いに行ったら 箱の色しか見ていなくて・・・
夫の事をなんだかんだとは言ってはいけません。
018_202002101938310ec.jpg

関連記事

PageTop

スーとビリー①

毎日のキルトに飽きて「スーとビリー」を作っています。
型紙なんかありません 適当です。
04_2020012516571706c.jpg

北海道の室内はとても暖かい「アイス」が美味しいです。
05_202001251657187f7.jpg

こだわっているのが このオーバーオール。
ポケットの大きさが1cmなのでとても小さくてミシンが上手く行きません。
(これは失敗)
022_2020020415395561e.jpg

何度目かの挑戦。
023_20200204153957051.jpg

完成予想図
005.jpg

ビーズ・ボタン・貰いものに付いていたリボン・刺繡糸を総動員。
004_20200207063710067.jpg

12cmの大きさなので 縫うところは少ない。
ポケットにはハンカチを入れて・・・。
001_20200207063649487.jpg

「えんぴつ」を入れていますが ここが私のこだわり
全部縫い付けません。このままだと「ただ立っているだけのビリー」なので
002_2020020706365173f.jpg

虫取り網を持たせました。
網の部分は「エタラカ」アイヌ刺しゅうで「でたらめ」と云う意味ですが
几帳面な私の辞典には有りません(笑)。
チェーンステッチの針を出した所に針を戻さず 「違う場所」に入れます。
スーちゃんは只今製作中。
003_2020020706365261f.jpg

関連記事

PageTop

アイヌ文様のブローチ

アイヌ刺しゅうを趣味にしている「ブロ友」さんにブローチをお願いしていました。
私の不躾なお願いに快く製作して頂きました。
注文は受けていないので 名前は出さないで下さいね・・・との事。

025_20200204154000f85.jpg

古布を作品に使っている方なのですが 私が感動したいくつかを・・・
「江戸時代の布団生地の色褪せ感が、いい味を出しています」とか
「古い布はいとおしいい」とか
「カパラミプ(土台布の上に置き布を置いて 切り取って行く手法)
少しずつ 下の布の模様が見えると とても楽しい」
布を愛しすぎていて 私も布を見ているだけで幸せなのですが
その先 ず~~~っと上を行っています。

               (このコーデがしたかったの)
026_20200204154027738.jpg

いろんな色が入った 大判のストールにも負けません。

027_20200204154028c78.jpg

重ね付けをしたくて 同系色のブローチをお願いしました。
大きさが7cmの大きさなので 洋服に付けるには大きすぎますが
このバックを持って買い物をしていたら「私」です・・・・声を掛けて下さい(笑)。
(水色の布は「甕覗(かめのぞき)」藍染めの染める回数で色が違います。
回数が浅いので水色です)

028_20200204154030b51.jpg
毎日そばに置いて ひと針ひと針に惚れ惚れと見入っています。
有難うございましたK様、大切に使います。

関連記事

PageTop