FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

世界に一冊だけの本・展へ

第14回世界に一冊だけの本・展に行きました。
今年は道内外の2歳から91歳の方まで 110人 157冊の応募がありました。
皆さんの力作なので 私も毎年2~3回は会場に足を運んで
全部の本を読んでいます。 
今回はリンク「知恵ママの知恵日記」の知恵ママさんと出掛けました。
0025.jpg

まずは知恵ママさんの「ひまわり」の紹介です。
全部のページの紹介は 彼女のブログに載っています。
フェルト作家とお呼びして良いほどの 腕前でいつも感嘆しています!
022.jpg

本づくりには「ストーリー」が必要だと思います。

「二年前に突如として現れた、ひまわり畑 あの感動が忘れられず
そして沢山の元気を貰えたひまわり畑に感謝の気持ちを込めて本にしました」

ひまわりの数の多さ そして花びらが二色のフエルトで表現していました。
ヒマワリが畑の肥料になって 翌年「じゃがいも」が植えられましたが・・・。
001_201911231949547f2.jpg

じゃがいもが収穫された後に「一本のひまわりが咲いていた」との事
じゃがいもに隠れて ヒマワリの種が一粒 土の中で頑張っていたのでしょうね。
008.jpg

2冊目の紹介は 私のブログにいつもコメントを寄せてくれる
函館が大好きな「はこやんさん」です。
関西在住で函館北方民族資料館での「アイヌ刺しゅう講座」で知り合いました。
一つの文様を習うと 生活の中で使うものに 刺しゅうをしています。

本ですが「バック」の形で「持ち手」を付けてありました。
12ヵ月をご自分のイメージで表現しています。
ほんの一部を見て下さいね。
003.jpg

習った文様や 彼女のオリジナルを 布と糸の色とで作っていて
「見ている私も楽しくなりました」
004.jpg

知恵ママさんも前回はお母様と一緒に来たそうです。
お母様はアイヌ刺しゅうのプロです。
コンテストの入賞や2020年4月24日オープンの「ウポポイ」
(白老町・国立アイヌ民族博物館)からの依頼で 今アイヌの着物を縫っています。

はこやんさんの作品を見てお上手だと褒めていたそうです。
丁寧なお仕事です。
006.jpg

こちらは「学童クラブ ひのてん」18名が参加
その中から私が選んだ「おしお りっかちゃん 1年生」
牛乳パックを開いてゆくと その中から物語が出てきます。
りっかちゃんのお誕生日の様子でした。皆がとびっきりの笑顔で書かれていて
誕生会の参加者の名前と似顔絵が書かれていました。
大切に育てられているりっかちゃん。絵から想像できました。
007.jpg

こちらは「知内町中央公民館図書室 ボランティア」の皆さんの作品。
知内町は函館から車で1時間の所にある町です。
10名のボランティアの方々が仲良く活動しています。
パーツはマジックテープで剥がれます。
012.jpg

蜘蛛もユーモラスで 糸と繋がっています。
ギンガムチェックのボタンが可愛いですね。
図書室で子供たちが手に取って遊べるように作りました。
013.jpg

知恵ママさんとは午前中から本・展をじっくり見て
ランチに一度外に出てから また戻って来ました。
3時半ころに「学童クラブ」の子供たちが来ていました。
布の本を触って楽しそうに遊んでいました。
こんな姿を見られて嬉しい私でした。
014_20191123195101ea8.jpg
本・展の運営資金はすべて皆さんの寄付金で賄っています。
私も今回5回目の参加でしたが 当初は「布の本」は少しでしたが
今回は沢山の作品があって 皆さん丁寧なお仕事でした。

関連記事

PageTop

運転免許証の更新へ

今年は免許更新の年でした。
CIMG7052.jpg

CIMG7053.jpg

家の近くのスーパーと図書館に行く位しか運転していません。
雪が降ったら アッシー(夫)君にお願いしています。

5年前の免許証を見て 軽い驚き・・・当時のブラウス今でも着ていました(笑)。
CIMG7056.jpg

北海道は交通事故死亡者「ワースト1」が11年も続いた時もありましたが
この地図を見て「九州・四国・岩手・宮城県」を合わせた広さがあるのですね~。
北海道は真っすぐな道路が続いていて 
ドライバーも気持ちよく飛ばしての死亡事故も多かったです。
(昭和46年の死者数889人 平成30年は141人まで減りました)

土地が広いと 買い物などでの車の必要性は 他府県より高いです。
高齢者の免許証返上は 
生活に密着していて簡単には解決できる問題ではありません。
CIMG7057.jpg

優良講習は30分ほどで終わりました。
CIMG7059.jpg

関連記事

PageTop

9月1日 母からのバトン

樹木希林さんが好きで この本を借りました。
2019年8月第一刷発行 発行所 (株)ポプラ社

本の内容を知らないで借りましたが 
私のブログを読んで下さっている方にも
知って欲しいと思い記事にしました。
I1.jpg

希林さんは2018年9月15日にこの世を去りましたが
9月1日に病室で「死なないでね、死なないでね」ってつぶやいていたそうです。

2015年に内閣府が発表した「自殺対策白書」の
過去40年の18歳以下の自殺者の統計では 夏休みが終わる
この9月1日に自殺する子供が131人いたそうです。
(9/2 94人 8/31 92人 )これだけの子供が自殺しているのに
どこのマスコミも記事にしていなかったそうです。

学校に通う事が出来ない「不登校の生徒」が出口を見つけられないまま 
自殺を選びました。

私の知っている方の子供が
勉強が好きで自分から私立の中学校を希望して通いました。
ところが 最近登校していないことを知りました。

私の年代は 子供が学校に通うのは「当たり前」の事です。
お嫁さんにこの話をしたら
「上の子の時と下の子の中学校では 不登校は当たり前にあるんですよ!」

中二の孫「ずっと休んでいた子が ある日登校してきて
いつもと変わらずに勉強して 周りの子とおしゃべりして
給食を食べて・・・・でも次の日からまた来なくなる 
別にいじめられている子供ではないの」

2_20191117134318367.jpg

夫は「親は子供を学校に通わせる 義務はあるけど
子供が無理して学校に通う義務はないのでは?」

希林さんも幼稚園の時から「周りと違った子供」だったそうですが
お祖母ちゃんは「誰かと自分を比べるような、はしたないことはダメ」
両親も「これはダメ それは違うでしょ」と子供には言わなかったそうで
他人と比べて卑屈には育たなかったそうです。

この本は かつて不登校だった方や
そんな子供をサポートする方との 
希林さんの娘の内田也哉子さんとの対談集です。
読んでいると 子供たちの問題だけではない
社会の中で生きずらさを感じている大人にも参考になる本だと思いました。

関連記事

PageTop

ヘキサゴンのドールキルト

パッチワークをしていると 4~5センチの小さな端切れが出ます。
布に印をつけて 切って溜めています。
今回はヘキサゴン 約3センチの大きさです。
(10円玉と比べています)
ami002.jpg

これを沢山繋げていますが 余った布では配色が難しいので
布を足して行きました。
ami001.jpg

縫い始めると 集中していまう私。
ami003.jpg

今回は「赤」をポイントにしましたが 近すぎる場所に重なってしまいました。
このためその部分だけを取り外してピンク色と交換しました。
このパターンは 真っ直ぐには縫えませんので
角の所で「返し縫」や「玉止め」をします。
だから他の場所までほどける心配がないです。
ami004.jpg

ami005.jpg

額縁は青い布で引き締めました。
CIMG7591.jpg

表側が可愛いので 裏もお洒落をします。
CIMG7592.jpg

色違いで買った布・・・・田舎っぽいと思っていましたが
今回役に立って良かったです。
CIMG7593.jpg
出来上がり34センチ四方の大きさで約130枚のヘキサゴンの数を繋ぎました。
「ドールキルト」とは お人形遊びに使うベットカバーの事です。


=完成しました~=
1_20191120103554809.jpg

関連記事

PageTop

(私流)アイヌ文様完成

11/8で紹介した 私流のアイヌ刺しゅうが完成しました。
アイヌ文様は和の布に刺しゅうをしているのが定番ですが
私の持っているアメリカンな布で作ってみました。
アイヌ刺しゅうを専門に作っている方に聞いたら 
「当時は手に入る布で作っていたので 決まりはない」との事です。
2.jpg

アメリカンコットンとアイヌ文様のコラボは案外合うと思っている私です。
1.jpg

11/8で途中経過を載せていました。
チクチクとアイヌ刺しゅうをしていると 集中していて楽しいひと時です。
CIMG7576.jpg

関連記事

PageTop

散歩途中の秋を見つけに

11月某日 暖かい日の散歩道です。
今回の写真は「スマホ」で写したので 見にくいですがご容赦ください。
右は白樺の並木で私のお気に入りの道です。
ある時 左側で農作業をしている方に声を掛けたら 違う地主さんで
「この木があるお陰で うちの畑は日当たりが悪い」との事でした。
001_201911171119245df.jpg

マリーゴールドの畑は今の時期しか見られません。
この後 殺虫剤を最小限に抑えるために「畑にすきこんでいきます」。
002.jpg

3.jpg

前にも書きましたが 果樹園毎に違う種類のリンゴを栽培ています。
「つがる」から始まって 少し寒くなると「蜜入りのレットゴールド」が出ます。
6.jpg

一つ一つのリンゴにポップが付いていて買いやすいです。
7.jpg

紹介したリンゴは すべて「100円」で小ぶりです。
大きなリンゴが欲しい方は すぐ側にある「倉庫」に来てくださいと・・・。
8.jpg

中学校の桜の木の紅葉。
9.jpg

お寺のイチョウの木です。
10.jpg

関連記事

PageTop

大沼に黒べこを食べに

私の住んでいる七飯(ななえ)町大沼地区は畜産農家が多いです。
地元でとれた「黒毛和牛のレストラン」へ。
CIMG7464.jpg

カルビ定食(お肉100グラム)を注文。
普段は魚中心の我が家なので 焼き肉はしません。
CIMG7465.jpg

CIMG7466.jpg

外も内部も丸太小屋の作りです。
CIMG7467.jpg

CIMG7468.jpg

CIMG7469.jpg

スーパーで買うお肉と比較するのは「黒べこ」には失礼です。
柔らかくて美味しいです。
地元の生産者の方が提供している肉なので「味の保証付き」でした。
CIMG7471.jpg

関連記事

PageTop

私の冬支度

大袈裟なお題ですが 毎年冬はストーブのそばで 
チクチクとキルトの毎日を過ごしています。

そのためには 完成したトップに「しつけ掛け」をします。
(この他にも キルトをする作品が溜まっています)
下の作品は150センチ四方の大きさで しつけ掛けも一日では出来ません。
何日かかけて(腰痛になるので)しています。

しつけ掛けが終わると 一安心。
CIMG7564.jpg

今年は作品展が続いて 買ってきた布が多かったです。
(アメリカンハートさんからの アメリカから届いだ布)
CIMG7556.jpg

N先生のショップで買った布。
布を見ているだけで幸せな私・・・・作品にして消費していかなければ。
CIMG7575.jpg

関連記事

PageTop

コットンタイム11月号

久しぶりに雑誌を買いました。
コットンタイム11月号 この中に リンク「ハンドメイドと空の向こう側」さんの
Harumamさんの作品が載っています。
CIMG7565.jpg

私はパッチワークを作っているので 布は小さく切って使いますが
Harumamさんの作品は 
布の柄を生かして水玉模様などと合わせた作品を作っています。
選ぶ布も可愛くて素敵な布で 
バックの中からこんなポーチが出てきたら楽しいなぁ~と思わせます。
(コットンタイムにはカット布がおまけで付いています)
CIMG7569.jpg

教室に通っていた時は 時期が来るとクリスマスの小物を作っていましたが
ここ何年か作っていません。
CIMG7568.jpg

雑誌を手に取ったら 何ンかやる気が起きてきました(笑)。
CIMG7567.jpg

CIMG7566.jpg

関連記事

PageTop

マリオドールへパフェを食べに

リンク「笑っておやすみ」さんのブログに乗っていた「パフェ」を食べに・・・・。
お店の場所は、金森倉庫群の近くにあります。
(元は海産商の問屋さんだった建物です。)
CIMG7345.jpg

店内に入って「なんか懐かしい」レトロな雰囲気です。
40年ほど前の函館にはたくさんの「喫茶店」がありました。
名前に記憶があって ママさんに聞いたら「大門」(函館駅前方面)に
お店があったとの事です。
若い頃行きました~~!!
CIMG7346.jpg

このフルーツパフェは お値段は1300円です。
お高いと思われるかも知れませんが 
山川牛乳のソフトクリームが3個分(内1個はモカ味)と
このフルーツの量です。二人で食べて丁度良かったです。
CIMG7347.jpg

アイスティーも丁寧に入れていて 美味しいです。
CIMG7348.jpg

今は廃刊になった「はこだてタウン誌”街”」
この小冊子は当時はどこの喫茶店にも置いていました。
50周年の記念に「蛯子善悦さん」の絵を表紙に。
店内に葉書が売っていたので 早速額に入れて楽しんでいます。
CIMG7554.jpg

関連記事

PageTop