FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

恋歌(れんか)

久し振りに本の紹介です(幕末の話に合わせてリカちゃんも和服で)。
恋歌 朝井まかて著 2013年8月第一刷発行

全く予備知識なしで読みました。
読後これは史実に基づいた 歌人中島歌子の半生の物語でした。
(樋口一葉の師です)
CIMG6610.jpg

幕末の江戸で熱烈な恋を成就させて 
江戸から水戸藩の「天狗党」の志士に嫁いだ歌子。
水戸藩の内紛に巻き込まれて 藩士の妻である歌子や他の天狗党の妻子は
投獄されてしまいます。

獄中では幼い子供までも「斬首」されて この物語の大半を占めました。
(読んでいてつらいシーンでした。)
明治政府の要人の中には「水戸藩」の人の名前が有りません。
なぜなのか?歴史を知る良い機会でした。

この本は 散歩途中にある「図書室」で 初めての方に紹介されて読みました。
「夕飯の後片づけを早くして ベットの中で本を読む時間が好き」
「寝る前の時間なので 読んでいて心がほっこりする本が好き」
私も本に期待する所が同じで賛同しました(他にもお勧め本を紹介して頂きました)。

CIMG6611.jpg
北海道限定 サッポロクラッシックの
「戊辰戦争終結150周年」の限定缶です。
イケメンの土方歳三の絵です。
歌子の夫もかなりのイケメンだったそうです。

関連記事

PageTop

赤のキルトのアイヌ刺しゅう部分が完成


5/6に紹介の赤のキルト周りのアイヌ刺しゅうが完成しました。
全長が5.2メートル。
刺繡はうつむき加減の姿勢でするので 長時間は疲れました。
CIMG6603.jpg

写真では気になりませんが 刺繡糸が足りなくて
二種類の番号で刺しました。
角にはひし形の形「シカイ」を・・・その先には長めの「角」。
CIMG6602.jpg

CIMG6607.jpg

CIMG6608.jpg

「の」の字の「モレウ」は左右対称の形には出来ませんでした。
これは「手仕事」なのでしょうがないと・・・津田先生の本にも書いていました。
CIMG6606.jpg

CIMG6605.jpg

何度かこの欄で出しています この二つの模様の意味です。
CIMG6601.jpg

刺繡糸の番号は「630」と「632」です。
CIMG6600.jpg

バッキングはなるべく家にある布を使いたいけど
2メートル以上ある布は これしかなくて 只今思案中。
(赤系には少し無理がありますね)
CIMG6612.jpg

関連記事

PageTop

波状雲

朝カーテンを開けたら 珍しい雲が見られました。
CIMG6591.jpg

「波状雲(はじょううん)」と言います。
畑の畝(うね)の様でもあり「畝雲」とか
波のような模様でこのような名前がついています。
CIMG6590.jpg

大変珍しい雲ですが 今回は二回目です。
以前ドライブをしていたら 「太い畝の波状雲」を見ました。
その時は、雲が低く垂れこめて 距離も長く続いていて 
正直気持ちが悪かったです。
CIMG6589.jpg

関連記事

PageTop

三方六 濃い白 小割

帯広市にある 株)柳月の 三方六の冬季限定だった「濃い白 小割」が
リニューアルとの事で買ってみました。
CIMG6596.jpg

真っ白いバームクーヘンです。
上部にはザラメを掛けていて 最初の口当たりが「シャリシャリ」とします。
今までにない食感です。
CIMG6597.jpg

その後にバターとミルクの美味しさが 口中に広がります。
「小割」とは薪に見立ているので この「のこぎり」が付いています。
遊び心が満載ですね。
CIMG6598.jpg

一個が大きくて 食べ応えがあります。
同じくらいのお値段の「白い恋人」よりもお買い得感を感じました。
今までにない様な 美味しいお菓子でした!!
CIMG6599.jpg

関連記事

PageTop

サニーちゃんの洋服

この子は「サニーちゃん」名付け親は 私のブログにコメントをくれる
函館大好き「関西のはこやんさん」です。
出身は アメリカの骨董品店で買われて 
布を売っている「アメリカンハート」さんの所に海を渡って来ました。

体のパーツが陶器で出来ている「ビスクドール」で
手足が動きます(身長は15cm)。
CIMG6176.jpg

洋服がくたびれて来たので「新調」することにしました。
CIMG6580.jpg

今回はピンクの洋服にしたいので 顔写りの良い布を当てて見ます。
リカちゃんとお揃いが良いかな?・・・とか。
CIMG6581.jpg

CIMG6583.jpg

CIMG6584.jpg

CIMG6585.jpg

アメリカ人が「ドウノコウノ」とは言いませんが 作りが雑で
パンツやスカートのギャザーが「ボンド」で付けただけです。
CIMG6587.jpg

CIMG6588.jpg

アメリカの「サーティズ」の復刻版の布にしました。
農場の働き者の女の子が 
麦わら帽子を被ったままセレブにお嫁に来た印象でしょうか?ね(笑)。

(ワンピースは難しいのでスカートとブラウスを別々に作りました。)
CIMG6594.jpg

関連記事

PageTop

岩内・寿都町へドライヴ

岩内町方面へドライブしました。
この時期は「ウニ漁」が解禁になっています。

場所は小樽の近くです。

函館からは200km 片道3時間ほど。
CIMG6567.jpg

帰りは日本海を右に見ながらのドライブでした。
CIMG6568.jpg

岩内の道の駅で食事のお店の情報収集です。
町中を走っていたらお寿司屋さんが沢山ありましたが 
あえて「和食」のお店を紹介して頂きました。
CIMG6572.jpg

CIMG6570.jpg

=食事処 日本海=
CIMG6569.jpg

夫は「お刺身定食」
CIMG6573.jpg

私は「お寿司」両方ともに1640円。

(お蕎麦と寿司と天ぷらのセットも同じお値段でした。)
このお値段で「ウニ」と巻物の中身が「マグロ」は私の中では
好印象です(ウニがたっぷり~~)。
パンフレットで見た 他のお寿司さんでは 「ウニ」が付くと
2500円~3000円でした。
CIMG6574.jpg

南下して こちらの漁港は「寿都町(すっつ)」
CIMG6577.jpg

CIMG6579.jpg

漁港の傍には「漁組」と「道の駅」があって
寿都町の海産物が売っています。
シラスの加工場が数件あって 
味比べのために3個の”生炊きシラス””をお土産にしました。
CIMG6578.jpg

各道の駅でその地区の特産品を買って 帰途につきました。
CIMG6576.jpg

関連記事

PageTop

お散歩

お天気の良い日に「散歩」に出かけました。
ランチのお店は 他の方のブログで見つけた新しいお店です。
場所は函館市電「末広町」電停を降りて 海側に向い少し歩きます。

元町ホテル 別邸 開港庵の脇を入った所。
(奥まっているので分かりずらいです。)

CIMG6562.jpg

CIMG6561.jpg

「クッチーナ イタリアーナ柿崎」
先月5月7日にオープンしたばかりです。
CIMG6560.jpg

店内の様子 古民家をリノベーションしています。
CIMG6554.jpg

CIMG6556.jpg

主婦二人は「ハンバーグランチ」を・・・。
CIMG6557.jpg

写真からは ただのハンバーグにしか見えませんが・・・。
”フワッとして お口の中でとろけます”
この表現はアイスクリームとか洋菓子に使いますので 
妥当かどうか分かりません。

お客様が途切れた時に 作り方を聞きました。
「ハンバーグの種をこねる時 手の熱で 肉が温められるので
常に冷水で手を冷ましながら 作っています」

函館市青年センターでイタリアンのお料理教室の講師をしていた
女性シェフの松原直美さんは 丁寧に教えてくれました。
(以前にも書きましたが 料理人のお人柄が 料理に出ています)

CIMG6558.jpg

CIMG6559.jpg

お店を出てから 観光客が沢山いる「金森倉庫群」とは反対側へ。
この坂は「東坂(あずまざか)」
函館の好きな所は 坂を登って振り返ると海が見える景色です。

気温は20度 半袖でも大丈夫です。
CIMG6565.jpg

個人のお宅に「蔵」がありました 中にはお宝が入っているのかな?
CIMG6563.jpg

関連記事

PageTop

母の日のプレゼント

毎年5月には お嫁さんから 
「母の日のプレゼント」と「夫の誕生日プレゼント」を貰います。

この他にもワインなども頂いたのですが
今回紹介するのは「タオルてぬぐい」です。
CIMG6444.jpg

薄く・軽く・長い(100cm)綿100%
タオルのように厚くなくて 石鹸の泡立ちが良く
100cmの長さなので背中が楽に洗えます。
CIMG6445.jpg

温泉好きなのを知ってのプレゼントです。
(愛媛県今治市にある コンテックス(株)製)
CIMG6446.jpg

令和に入って最初の日に 緊急入院したので
「おじいちゃんには”風神”の柄にしました」と、お嫁さんの言葉でした。
CIMG6448.jpg

関連記事

PageTop

函館YWCA会館

こちらの場所は 函館市電「杉並町」電停 遺愛学院のお隣にあります。
三角の形になって居る「花壇」の先には これから訪問する
「函館YWCA会館」があります。
CIMG6551.jpg

函館に住んでいるのに この建物に入るのは初めてです。
建物が建ったのは 1926年(大正15年)頃で 90年前のものですが
今年 会館の改修がされて カフェが併設されました。
CIMG6538.jpg

以下建物の様子です。
CIMG6540.jpg

CIMG6541.jpg

CIMG6547.jpg

体に良さそうな「熊本の甘夏ミカンのマーマレード」や
「添加物なしのカレールー」等の商品を売っているショップと
リサイクル品も置いていました。
リサイクル品のケース内には「アンティーク」っぽいアクセサリーもありました。
CIMG6548.jpg

営利目的ではないのか?こちらのメニューのお安いのに驚きました。
お隣では「カレー」を召し上がっていましたが 400円でした。
知恵ママさんと「この次はカレーだね~(笑)」。
CIMG6545.jpg

ミルクティーもタップリです。
CIMG6544.jpg

=この建物の歴史ですが=
函館の豪商 三代目渡辺熊四郎が開発分譲した「文化村」です。
家を建てるのも制限付きで
①一区画300坪 前庭・裏庭をつけ
②屋根は緑色
③建物は洋館で応接間を付ける事 

約90年前の街並みを想像すると モダンだったと思います。
今では 唯一この建物のみが残っていますが
モトモトこの辺り「松陰町」は裕福な人々が住む町で
今でも素敵なお屋敷がたくさん建っていますよ~。
          (パンフレットから写真をお借りしました)
CIMG6552.jpg

CIMG6553.jpg

関連記事

PageTop

貧乏暇なし

POOR NO LEISURE(プアノーレジャー)貧乏暇なしという店名の
レストランに初訪問しました。
リンク「主婦 知恵ママの知恵日記」さんからランチのお誘いを
頂きました。知恵ママさんはとっても誠実な方です。

今回は評判の「ワンプレートランチ」を・・。
CIMG6525.jpg

ジャガイモのスープ
CIMG6524.jpg

プレートに乗っているのは 鴨肉・キッシュ・魚・グラタン
左上はラーメンではありませんよ~ 生パスタの和風味。
こちらのお料理はすべて店主の手作りです。
ピザも生地から作ります。
CIMG6533.jpg

CIMG6534.jpg

ほうじ茶のアイス。
CIMG6535.jpg

コーヒー。
CIMG6536.jpg

お腹も一杯で お値段もこれで 税込み1400円
私は初めてでしたが 開店してから5年です。

函館市内にはアンテナを張っているのに 今まで知りませんでした。
店主の方が「雑誌」などに載せると 
「一人でやっているお店なので 大変混んでお客様をお待たせするので 
どこにも載せていません。」なので 申し訳ございません!場所は秘密です。

以下店内の雰囲気。
小物類が 可愛いので見ているだけでも嬉しいです!!
CIMG6532.jpg

CIMG6530.jpg

CIMG6526.jpg

これが気になって どこに売っているのか?と聞きました(笑)。
CIMG6527.jpg

CIMG6529.jpg
「知恵ママさん素敵なお店をご紹介して頂き有難うございました。」
知恵ママさんとの散歩は次回へも続きます。

関連記事

PageTop