FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

端切れ

大作を二枚続けて作ったので 大量の端切れが出ました。
このミニキルトは(出来上がり寸法30cm四方)の大きさです。
二年前に見に行った「きると工房りいふ」さんの作品展で
可愛いかったのでその時に作りました。
(素敵だと思う作品は すぐに作ります)
CIMG6460.jpg

一つのパターンの大きさが5cmの大きさなので
端切れの消費にはピッタリです。
二年前にこの作者のTさんが話しかけてくれてお話をしました。
(パッチワークの作品展ではフレンドリーに話しかけてくれる方は珍しいです)
CIMG6462.jpg

今年も2年振りで作品展の案内が来ました。
Tさんとは 会場でまたお会い出来ました。
同じ趣味を持つ 主婦目線の話で
「端切れをそのままにして置くのが気になる」との事で
私も同感しました。
CIMG6463.jpg

「きると工房りいふ」さんの代表は 橋本さんという方です。
生徒さんのとても丁寧な「キルト」のお仕事には
いつも感動と元気を貰います。
CIMG6464.jpg

待ち針を付けて いつも暇なときに チクチクしています。
CIMG6512.jpg

関連記事

PageTop

グリーンブック

CIMG6363.jpg
 
久し振りに「心温まる映画」を見ました。
時代は1962年。
イタリア系のトニーは 黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーにスカウトされて
南部で行うコンサートの旅に出かけます。
グリーンブックとは「黒人用の旅行ガイド」でこの時代 
黒人差別が普通のアメリカでは 白人と同じ所には泊まれませんでした。

行く先々でドクター・シャーリーの演奏は「称賛」を浴びますが
それは演奏会の時だけです。

彼の控室は「物置」の様な所で
トイレは外にある「汚い小屋」でした。

黒人が嫌いなトニーは 少しずつドクター・シャーリーの才能と人柄に
惹かれていきます。
ひどい黒人差別を受けても ドクター・シャーリーは暴力を認めません。

エンドロールでは このお話が実話だと流れますが
「心温まる」なんて言っている場合の映画ではありませんでした。

関連記事

PageTop

帽子

帽子を新調しました。
毎日のウオーキングには帽子とサングラスはかかせません。
気に入った帽子を何年も被っているので 日焼けして色あせてきましたの~。
           (これは古い帽子です)
CIMG6449.jpg

今迄よりも「つば」が広いのと、頭からの深さが少し浅くて
少しの風でも 帽子が飛ぶような気がして・・・・・
「あずましくないの~」(方言の意味ですが「心地が悪い?」かな)
CIMG6453.jpg

それで子供の帽子みたいに「細いゴム」を付けました。
CIMG6452.jpg

ついでに「せっかくアイヌ文様を習っているので・・・」
後ろ側にアイヌ文様をいれました。
アイヌの着物の背中には必ず「棘のある文様」を入れます。
背中から「悪い邪気」が入らないようにとの事です。

私の場合はいつも”幸せな気持ち”でいるのを心掛けているので
「邪気」も付け込む隙が無いと思っていますが・・・・念の為(笑)。
CIMG6451.jpg

関連記事

PageTop

札幌に出した布絵本が戻って来ました。

世界に一冊だけの本・展inさっぽろ に出した本が返ってきました。
札幌は今回が第5回目でまだまだ宣伝が足りないのか?
函館では200冊の本が出展されていますが
札幌では49冊でした。
作り始めるととても楽しいので 是非皆さんの参加をお待ちしています。
CIMG6502.jpg

貴重なメッセージも頂きました。
足を止めて書いて頂きありがとうございます。

可愛い布で「アイヌ文様」を作っているのが 皆さんの心に響いたみたいで
私の意図することなので そんな風に受けとって頂き嬉しかったです。
アイヌ文様が「博物館の中」だけではない・・・皆さんの生活の中に
この素敵なデザインが活かされることを願います。

(生活の中のアイヌ文様を次回のブログでも紹介しますね~)
CIMG6501.jpg

ブロ友さんの札幌在住のJ子ちゃんが 会場の様子を写メで送ってくれました。
またパッチワーク友達のN子さんからは お電話を頂きました。
私のブログは お友達に向けてのブログなのでとても嬉しかったです。
CIMG6506.jpg

我が家の庭に「スズラン」が咲き始めました。
庭中に良い香りがしています。
CIMG6507.jpg

CIMG6503.jpg

関連記事

PageTop

七飯町をご案内

函館市内に住む友達が 遊びに来てくれました。
最近完成したパッチワークや今作っている作品を見てくれました。
彼女もパッチワークをしますが 配色のセンスが良い方です。
(見た人の気持ちを”ほっこり”とさせる作品を作ります)
同じ趣味だと「褒めてくれるポイント」が的を射ていて嬉しいです!!

先ずは「ランチ」から
七飯本町にある「奴寿司」へ。
CIMG6430.jpg

いつも混んでいるので お昼時間を少しずらしていきました。
ランチの種類はこの他にも「ちらし寿司ランチ」「ステーキランチ」などがあります。

驚くことにお値段は 税込み1200円です!!
(最後にデザートにアイスクリーム付き)
CIMG6428.jpg

CIMG6429.jpg

お昼にお腹が一杯でも・・・美味しいものは「別腹」
私の散歩道にある「こにし」は和食と言うより「割烹」の様な店です。
(午後5時半開店です)
CIMG6436.jpg

この「晩酌セット」良心的なお値段だと思います。
本日は日本酒で乾杯!!
CIMG6433.jpg

「お通し」 ほうれん草の白和えと右はツブの煮物
CIMG6431.jpg

「お刺身」はタコも入っています。
CIMG6432.jpg

焼き鳥(鳥と豚)二本 味付けは選べますが「塩」で・・。
CIMG6434.jpg

他に”八雲牛のステーキ”と写真を撮りませんでしたが「筍と豚肉の煮物」も。

友人は午後7時51分のバスで帰りました・・・
ていうか函館市内行きの彼女の住んでいる町までの
バスの便がこれが最終なの・・・・何せ田舎だから(笑)。
CIMG6435.jpg
=食べているばかりの記事になりましたが 
少し山側に行くと函館港や遠くは青森県の津軽半島が見える
ビュースポットもご案内しました=

関連記事

PageTop

令和

「令和」が始まった午前零時10分ころのお話です。
夫が「お腹が痛い」との事で救急車を呼びました。
大腸がんの為の手術をしているので それが原因かな?と、思っていましたが
急性膵炎 「膵臓に石」が溜まっていて それからの痛みでした。
原因が分かるまで朝の6時まで 救急受付で待ちました。
医者には「少しでも遅かったら命がなかった」と言われました。

夫は複数の病気を持っているので 治療方法が限られますし
手術をするリスクが高いと・・・・。
CIMG6454.jpg

しばらく入院して 検査の結果では
何人かの医師とで治療方法を考えるとの事でした。
その検査の日(5/10)では あったはずの「石」が全部消滅していました。
夫は「運」が強いのでしょうか・・・二週間の入院で家に帰ってきました。
(夫への病気のコメントはお気遣いなくお願いしますね~)


私もいつもの日常に戻っています。
赤のタペストリーのアイヌ模様が決まりました。
赤の色が多いので 刺繡糸をあえて「薄い青」にしました。
リンク「くま子のハンドメイド日誌」の
くま子さんが教えてくれたフリクションペンのお陰で
「サクサク」と下書きが書けます。
CIMG6461.jpg

関連記事

PageTop

パンケーキのお店

大阪発祥のパンケーキ専門店が2018年10月オープンしました。
「gramベイエリア函館店」です。
オープン時の長ーい行列も ひと段落した日にお邪魔しました。
CIMG6439.jpg

写真の「プレミアムパンケーキ」が人気で
10時・15時・18時に 各限定20個のみ焼いています。
(他にもお食事系のパンケーキもあります)
CIMG6438.jpg

店内に入ってすぐに「大きなパンケーキ」のクッションが置いていて
子供たちが写真を撮っていました。
CIMG6437.jpg

孫と二人で出掛けたので「パンケーキパフェ」も注文。
上から「生クリーム」「アイスクリーム」底の方には「ヨーグルト」が・・・。
果物とパンケーキが間に入っていて 飽きさせない演出です。
CIMG6440.jpg

この番号札は20個限定の内 「18」番目でした。
焼くのに30分位掛かりました。
CIMG6441.jpg

高さは12センチくらい。
上に載っているのは「バター」 陰に隠れていますが「生クリーム」も。
歯で噛む前に 口の中でとろけてしまいました。
石ちゃんだと「飲むパンケーキじぁ~~~」と言うこと間違いなし。
メレンゲを混ぜ込んだ「フルシュワ食感」のプレミアムパンケーキでした。 

(孫と二人で出かけるのは数年振りで 日頃から口数の少ない孫ですが
楽しかったのかしら?と、後日お嫁さんに聞いたら 「赤ちゃんの時からの
お付き合いなので おばあちゃんは気にしなくて良いですよ~」との事でした)
CIMG6443.jpg

関連記事

PageTop

二十間坂あたりを散歩③

二十間坂を降りてきて十字街方面に「ほんの少し」歩くと
CIMG6395.jpg

私たちが通称「まちセン」と呼んでいる建物に入ります。
CIMG6403.jpg

ここにあるカフェショップはとてもお値段が良心的でいつも利用します。
ブレンドコーヒー330円 軽食プレート730円(トースト・おかず2品・ドリンク)
CIMG6401.jpg

=店内の様子=
大正12年(1923年)丸井今井函館店として建ち
昭和9年の函館大火では内部が焼けましたが。
その当時の姿が残されていて「レトロ感」に溢れています。

CIMG6402.jpg

CIMG6400.jpg

CIMG6399.jpg

いつも座る窓際の席 路面電車が目の前を通ります。
”ぼ~~っ”としていたら コーヒーが運ばれてきました。
驚いた私に スタッフの方が「ゆったりとした時間も必要ですね(笑)」
CIMG6398.jpg

カウンターにあった「バナナと餡子の醗酵ケーキ」が気になり注文。
七飯町のケーキ屋さんが土・日に出しているそうです。
歯ごたえがある「パウンドケーキ」で バナナと餡子も相性が良かったです。
(角を齧ってから…写真を撮り忘れていました)
CIMG6397.jpg

関連記事

PageTop

二十間坂あたりを散歩②


黒毛和牛100%のハンバーグでお腹が一杯になりましたが
少しお腹をこなさないと・・・で
レストランを出て船見町方面に歩きました。
(この坂の右側に向かいます。)
CIMG6396.jpg

今日の散歩は「教会」に縁があるようです。
「元町教会群」からは外れた場所にある
CIMG6387.jpg

=函館教会=
明治7年(1874年)ハリスが伝道のためアメリカから来ました。
明治10年にこの場所に建設されますが その後3度の大火に遭い
現在の建物は昭和6年(1931年)鉄筋コンクリートで再建されました。
CIMG6394.jpg

CIMG6393.jpg

CIMG6392.jpg

教会の脇に小さな入り口がありました。
CIMG6390.jpg

お隣のクリーニング屋さんの窓のそばを通ると
私の好きな小路がありましたが
個人の家があるので この階段を上るのは遠慮しました。
CIMG6391.jpg

関連記事

PageTop

二十間坂あたりを散歩①


世の中10連休の中 用事が終わり 帰りのバスに乗ったら元町方面行きでした。
お天気も良いので真っ直ぐ家に帰らないで お散歩にしました。

今日は二十間坂を上った道路をブラブラします。
CIMG6385.jpg

老舗洋食店「五島軒本店」前にある
築80年の教会をレストランにリノベーションしていました。
CIMG6384.jpg

CIMG6373.jpg

入り口のメニューに・・・・なんて太っ腹でしょうね。
⑤黒毛100%ハンバーグ200g が半額の1000円!
CIMG6366.jpg

スタッフの方が感じの良い方で 店内の写真を撮らさせて頂きました。
CIMG6367.jpg

CIMG6369.jpg

CIMG6380.jpg

「二階もご自由に・・・」と云うことで

1967年の映画「卒業」でダスティンホフマンが 不倫相手の娘の結婚式で
教会の二階から「エレーン!」って叫ぶシーンを思い出しました。
当時はまだ高校生で田舎の子の私は 函館市内の都会の子数人と
中間試験が終わった最後の日に 観ました(前置きが長くて済みません)。

CIMG6376.jpg

二階の窓からは「五島軒本店」が見えます。
CIMG6374.jpg


黒毛和牛100%で 繋ぎが入っていません。
「ザ!肉」です。
鉄板の上が熱くなっていて 紙ナプキンを胸に当てないと
油が跳ねて服が(油の)シミだらけになりますよ~。
(この日も函館市内の観光地は どこも長蛇の列ですが
ここだけは静かでした。穴場ですね。)
CIMG6383.jpg

関連記事

PageTop