FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

靴を新調しました。
いつも歩くのに「スニーカー」タイプが多いので 
スカートにもパンツにも合いそうでシンプルなデザインが気に入りました。
ところが昭和の子供の「夫」は
一言「黒しかなかったの?男の靴みたい」だってさ。
私たちの子供時代はランドセルは「男は黒」「女は赤」でしたね。
(平成の子は 女の子のランドセルの色の人気は茶色です)
CIMG6415.jpg

寒い日に私のパッチワーク部屋に集まった子供たちの靴は
夫「賑やかな色の靴だねぇ~」
CIMG6258.jpg

みんな揃ってパソコンを見たり 個別にゲームをしたりと 
遊び方が昭和の子供とは違います。
(おやつ持参は当たり前)
CIMG6257.jpg

近くに住む私の同級生の家も子供たちが来るそうです。
親御さんも働いている方が多いので 誰もいない家では遊ばせません。
(平成の子供は塾や部活で忙しいので みんなで遊べるのはたま~にです)
いつもジジババの静かな家が 賑やかになるのは嬉しいです。
CIMG6180.jpg
靴の件ですが平成生まれの孫は「いいんじゃない」と言ってくれました。

関連記事

PageTop

お菓子の話題

お土産で頂いたお菓子を食べると
「どこかで食べたことがある」とか「似たようなお菓子がある」だとか
思ったことがありませんか?

創業70年「はこだて柳屋」のロマネスク函館を食べると・・・・・
CIMG6361.jpg

札幌千秋庵の「ノースマン」を思い出します。
材料はほぼ同じで パイ生地の中に餡が入っています。
食べ比べをしようと思い(暇な私)函館市内のお土産屋さんを回りました。
大手のお土産を扱っている会社からは「函館には売っていませんよ」。

ここからは私の独断と偏見と予想ですが
老舗和菓子屋の「函館千秋庵」で修業した弟子が
「札幌千秋庵」を名乗りました。
そんなテリトリーというか・・・「遠慮」があるんじゃないかな?って
札幌のお友達に言っていたら、
その言葉を思い出してくれて「ノースマン」を送ってくれました。
(ありがとう!J子ちゃん)
CIMG6360.jpg

いよいよ「ロマネスク函館」VS「ノースマン」の味比べです。
CIMG6359.jpg

ロマネスク函館45グラム ノースマン50グラム
=ノースマン=見た目が大きい分「しっとり」した歯ごたえを感じます。
一口目で「香ばしさ」があって 原材料を見たら醤油が入っています。

=ロマネスク函館=最初の一口目からバターの香りがします。
             甘さ控えめです。
どちらも30~45年の長く続いている商品だけあり美味しいです。
冷やして食べた方がソレゾレの味の個性がはっきりと分かりました。
CIMG6362.jpg
(注)私のブログはお友達の皆様の善意と協力で成り立っています(笑)。

関連記事

PageTop

トップ完成

コツコツ縫っていたタペストリーの途中経過です。
この大きさで120cm×120cmですが
さらにアイヌ刺しゅうを施したボーダーを付けようと計画を変更。
CIMG6294.jpg

あまり目立ちませんが 以下3か所にアイヌ刺しゅうを。
CIMG6297.jpg

CIMG6298.jpg

CIMG6299.jpg

布を買うときには「大柄」の布も買わないと 大作の時には必要です。
CIMG6296.jpg

パッチワークの大家「小関鈴子」さんの英字模様も入れると
変化があって良いと思います。
CIMG6303.jpg

CIMG6304.jpg

最初から計画して縫った訳ではないので
中央部分 ドラえもんの所ですが 幅5センチ長さ60cmに隙間が出来ました。
左右に使った布を縦にも使い ログキャビンのようにしてみました。
CIMG6306.jpg

=ここまで書いている内に トップが完成しました=
サイズは150cm×150cmです。
CIMG6356.jpg

このピンクの無地の部分一周にアイヌ刺しゅうを入れようと思います。
幅5センチなので 簡単な模様しか入れることが出来ません。
CIMG6355.jpg

今まで集めた 小冊子やパンフレットから
使う模様を「パク」ろうと画策中(笑)。
(どこにでもデザインは落ちている・・・とは私の考えです)
CIMG6357.jpg

CIMG6358.jpg

これから「キルト線」「アイヌ模様」ですが 少し休んで
気分を変えて 他の作品に取り掛かろうと思います。

関連記事

PageTop

ジンギスカン一芳園

国道五号線を走っていると、いつも気になる「看板」があります。
大沼を過ぎて森町に入る手前です。
CIMG6307.jpg

勇気(笑)を出して左折してみます。
CIMG6308.jpg

雑木林を通って行くと 両側に「水芭蕉」の群生がありました。
小鳥の声が賑やかにします。
CIMG6309.jpg

国道から500メートル入った所にお店がありました。
CIMG6317.jpg

古い民家を 人の良さそうなオーナーさんと 美人の姪御さんの
二人でリノベーションしたそうです。
CIMG6311.jpg

店内は一軒家なので 広々としています。
CIMG6312.jpg

CIMG6313.jpg

私たちは個室に通されました。
CIMG6319.jpg

「炭」がおこしていて ジンギスカン鍋が置いています。
CIMG6320.jpg

ジンギスカン肉と豚バラ肉とご飯(味噌汁付き)を注文。
CIMG6315.jpg

出てきた野菜、キャベツの量が半個分くらいの多さ。
CIMG6321.jpg

「行者にんにく」食べる?と聞かれて食べましたが
甘くて美味しかったです(この時期の山菜でニラの様なもの)。
CIMG6322.jpg

沢庵の隣の小皿は「フキノトウのみそ炒め」春のお味です。
野菜は多すぎて完食できませんでした。
ジンギスカンのたれは「味噌味」で初めて食べましたが美味しいです。
お腹いっぱい食べて 二人で2200円はお安いと思いました。
CIMG6323.jpg

関連記事

PageTop

2019春のバル街②

2019春のバル街 71店舗の中から選ぶのも多すぎて迷います。
こちらは以前から気になっていて まだ訪問したことがなかった
「パザール バザール」です。店主がアジア・ヨーロッパ・インドを旅して
その中でもトルコが気に入って開いたお店です。
CIMG6262.jpg

私も本場もん(笑)のトルコ料理が気になっていました。
「炭焼きケバブチキン」と「ひよこ豆のスープ」を注文。
CIMG6263.jpg

小さな店内ですが トルコの小物が沢山ありました。
CIMG6264.jpg

小さな窓からは「二十軒坂」が見えます。
CIMG6265.jpg

炭焼き窯です。初めて食べましたがケバブもスープも美味しかったです。
CIMG6267.jpg

写真のみですが 必ず行く「キャプテン」の150グラムのチーズハンバーグ。
(ここでもまた”ほっぺ”が落ちました!)
CIMG6277.jpg

今回初訪問の「バー北斗星」
中華料理のお店「北斗星」もありますが こちらは息子さんのお店のようです。
CIMG6278.jpg

CIMG6279.jpg

「エビチリとミルク蒸しパン」エビが大きくて 主婦二人は感動しました(笑)。
(飲み物は あんず酒を・・・)
CIMG6280.jpg

最後はいつもの バル街参加店ではないのですが
焼き鳥屋さんで 〆ました。
次の朝 体重を計ったら 1.1kg増でした(笑)。
CIMG6281.jpg

関連記事

PageTop