FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

二枚目のキルト完成

冬にキルトをする為に 作りためていた作品の2枚目が完成しました。
(夏だとキルト綿が膝にまとわりついて暑いからなの~)
サイズは84センチ×84センチです。
CIMG5923.jpg

女の子のパターンと 3センチの正方形を繋いだ2種類を合わせています。
CIMG5924.jpg

CIMG5925.jpg

去年の沖縄旅行の時に行った生地屋さんで買ったものです。
仕入れ担当者のセンスが良いのでしょう
可愛い布がたくさんあって迷いました。
(お店の名前は”にじのいえ”モノレール古島駅で降りて テクテク歩きました)
CIMG5931.jpg

CIMG5926.jpg

四角つなぎの角に使ったこの「紺色に小さな水玉」の布
キルト線が描きづらくて「苦戦」しました。
濃い色でも大丈夫の布もあるのに・・・。
CIMG5927.jpg

右から「2Bの鉛筆」「黄色の色鉛筆」「チャコペンシル」左「布用ペンシル」
どれもイマイチきれいな線が描けません。
セロテープを使いその上をキルトする方法もありますが
こんな時は皆さんどうしているのか?教えて頂けると助かります。
CIMG5930.jpg

関連記事

PageTop

ボーニデパートの閉店

ボーニデパートの閉店が1月31日に迫る中行ってきました。
なにせ150年の老舗デパートです。
連日多くの方が来ていました。

歴代の制服を写していたら 声をかけてくれる方が・・・
その方はこのデパートに勤めていました。
CIMG5915.jpg

私の同級生も勤めていましたが約40年前は、
函館でも名の知れた就職先でした。
CIMG5918.jpg

このスズランの包装紙で「格」が違いました。
丸井デパートよりも「棒二さん」の方が貰った人は嬉しい時代です。
それだけ良いものが厳選されていました。

私事ですが成人式の着物を買ったのも「棒二」さんです。
就職してお金を貯めて買いました。
でも息子は成人式に意味を持っていなくて欠席
高二の女の子の孫は 記念撮影を各中学校毎に撮るので
イマイチ楽しい学校生活ではなかった様で 今から欠席です・・
中島みゆきの「時代」ではないけれど・・・時代ですね(笑)。
CIMG5919.jpg

苫小牧の丸井デパートの閉店で経験済みですが
ブランド品の良いものはありません。
1万円ほどのバックが5000円で売っている
催事場の品ぞろえでした。
CIMG5920.jpg

CIMG5921.jpg

手芸店があって 金曜日は「パッチワーク教室」でした。
若い時に一緒に習った「村上先生」が教えています。
私の中学生の時からの友達も通っていて 
久し振りの再会でした。

布が半額でしたが その中から「主役」を邪魔しない布を買ってきました。
CIMG5922.jpg

関連記事

PageTop

函館市公民館

この建物は昭和8年(1933年)に建てられたもので
篤志家 石館友作さんが「函館市青年会館」として自宅の敷地と
建築資金を寄付をして
設計は当時としては珍しい「公開競技方式」で建てられました。
昭和9年の函館大火では奇跡的に消失を免れました。
CIMG5165.jpg

こちらは正面玄関上部のステンドグラスです。
建物の内部は「昭和レトロ」モダンな意匠で溢れています。
CIMG5169.jpg

今回写真には写していませんが 
「講堂」があって 一階は220席 二階は62席 
この日は映画を上映していました。
CIMG5170.jpg

終戦後は占領軍に接収されますが、解除後の昭和22年に
「函館市公民館本館」として「英語講座」や「音楽会」などの文化活動に
今に引き続き 市民の学習の場として使われています。
CIMG5166.jpg

CIMG5168.jpg

CIMG5171.jpg

函館ロケの映画にも使われました。
場所は函館市青柳町ですが 函館市電「宝来町」電停で降りて
徒歩8分の場所にあります。
CIMG5167.jpg

関連記事

PageTop

六花亭丸井デパート店

華道展のついでに 丸井デパートのデパ地下へ
六花亭に寄りました。
しばらく行っていないうちに 客席4席の「イートインスペース」が・・・・。
しかも「無料のコーヒー」を店員さんに勧められました。
CIMG5868.jpg

早速買った「豊平」と一緒に食べました。
CIMG5869.jpg

歩き回って疲れていたので「ホッ」とひとごこち付けました。
些細なことですが「有難い」対応です。
CIMG5870.jpg

新製品?かと・・・何種類か買ってきました。
「トヨシロ」はジャガイモの種類の名前です。
一口食べた時には「衝撃」が走りました。だってお惣菜の味がしたんです。
中身は「ベーコン」と「玉ねぎ」です。食べてみる価値があります。

「六花亭貯古齢糖」(ろっかていちょこれいとう)と読みます。
ジャンケンしてチョキの時に「チヨコレイト」と・・・そんな感じ(笑)。
チョコレートケーキの中にナント!「梅ジャム」が入っていました。

「いつものアレ」は低価格(100円)で日常に溶けこむおやつにと・・・
いつものアレ頂戴との願いを込めたそうです。
バターケーキの上が網目状のパイになっています。
CIMG5879.jpg
買ったお菓子は 全て美味しいです!!
六花亭恐るべし(笑)。でも「マルセイバターサンド」が一番かも。

関連記事

PageTop

全函館華道展

友人から華道展のチケットを頂きました。
「勅使河原」「池坊」「草月流」「古流かたばみ」「小原流」です。
長く勤めていた会社のロビーには 定期的に華道教室の先生が
お花を生けに来てくれていました。
季節の花材の説明をしてくれる先生でしたが ある時入院して
後継者である「お嫁さん」が生けてくれました。
ところが「形通り」の生け方で 生け花は個性が出るのだと
初めて気が付きました。
CIMG5880.jpg
 
以下写真の羅列ですが お楽しみ下さい。
大作は2メートルはありそうな大きさです。
CIMG5866.jpg

CIMG5864.jpg

CIMG5862.jpg

CIMG5861.jpg

CIMG5860.jpg

CIMG5859.jpg

CIMG5858.jpg

CIMG5857.jpg
生けた皆さんのセンスが出ていて 拝見して楽しかったです。

関連記事

PageTop

ホワイトアウト


この写真は1月17日「北海道をホワイトアウト」が襲いました。
夜半からの雪で息子は出勤前に雪かきをしてくれました。
(この時だけは 息子夫婦が隣で良かったと思います。
会社でも社員の皆さんは雪かきに追われていると思います)
CIMG5903.jpg

こんな景色は道外の方には珍しい事と思います。
(風で雪が吹き飛ばされて”吹き溜まり”の山が出来ます。)
CIMG5912.jpg

CIMG5911.jpg

こんにちは!!私は「クレア」と申します。
関西在住の「はこやんさん」が名前を付けてくれました。
CIMG5906.jpg

お正月前に10冊の本を図書館から借りて来ましたが
すぐに読んでしまい 中1の孫に「貴女が面白かった本を貸して」と・・。
その2冊です。
赤ちゃんからの付き合いの孫に 
本を貸してもらうなんて想像していませんでした。
文章が読みやすくて、ストーリーも飽きさせず面白かったです。
CIMG5908.jpg

CIMG5909.jpg

大雪のこの日は「はこやんさん」が心配してメールをくれました。
吹雪の閉塞感で気が滅入るとお返事を出しましたが
この通り「吹雪」の景色を見ながら 
冬季限定のビールを楽しんでいますので
「はこやんさんのおば様 心配無用ですよ~~(クレアからでした)」
CIMG5910.jpg

関連記事

PageTop

厳冬

毎日散歩をしています。
この時期マイナス4度は寒さになれた道民も寒いです。
顔がピリピリと寒さが刺さってくる感じです。
夫「こんな日も散歩に行くの?」
私「毎日の楽しみのビールの為です!!(ここはキッパリ)」
ダイエットが流行っていますが 食べるのと 運動のバランスですよね!!

=この山は横津岳(1167メートル)です=
小学校低学年の頃 あの山の向こうは何があるんだろう?と・・・
そんな子供でした・・・。
この山の向こうは 「鹿部町」海をへだてて(内浦湾)その先は「室蘭市」
さらに その先は「札幌市」です。
CIMG5845.jpg

毎日の散歩道の風景です。
CIMG5846.jpg

右端の山は庄司山(570メートル)
とんがった台形の山は昔は「障子山」と呼ばれていました。
函館港からは目立つ山で 嘉永6年(1853年)
ペリー艦隊はこの山を目印に函館に来たそうです。
(166年前の話です)
CIMG5847.jpg

ある日のドライヴです。
上磯(現北斗市)のセメント工場と、海を隔てて右側には「函館山」です。
CIMG5891.jpg

突然ですが この子は「パールちゃん」13歳。
時々散歩道で出会います。
最初「101匹ワンちゃんのダルメシアンですか?」と
70歳代の飼い主さんに尋ねました。
「イングリッシュセッター」で猟犬だそうです。
先日この子の散歩を奥様がしていました。
私「パールちゃんですよね?」と声を掛けましたら
この奥様 初対面の私にとってもフレンドリーにお話をしてくれました。
動物を介してこんな対応は初めての私でした。
CIMG5848.jpg

関連記事

PageTop

特別講座(美しい角の作り方)


1月11日の「スカラップ」の記事で、
バインディングの直角になる部分の「コツ」を教えて下さいとの
嬉しいコメントがありました。
文章で回答をしましたが・・・
そばで手取り足取り教えたい所ですが関西在住の方です。
それで今回は「特別講座」を開催しま~す。
写真が15枚で多いです・・・興味のない方は「スルー」してね!!
CIMG5881.jpg

見やすいように「印」は青のペンで線を描きました。
糸は「赤」にしますね!
CIMG5882.jpg

角にあたるところに「赤いまち針」を刺しています。
CIMG5883.jpg

まずは右側から縫って行きます。
CIMG5884.jpg

赤いまち針の所で一度返し縫をして糸を止めて切ります。
(ここが角にあたる部分です)
CIMG5885.jpg

直角になるように バイアステープを折り返してくださいね~。
CIMG5886.jpg

右端のまち針の所から また縫い始めて下さい。
CIMG5887.jpg

CIMG5888.jpg

折り返して「輪」になった所と 下からの縫い代が平行に1センチです。
(ここが大切なポイントです)
CIMG5889.jpg

余分なキルト綿とバッキングの布を切りますが ここも大切なポイントです。
キチンと一センチの幅を守って切ってくださいね~~~。
ここまで来ると…もう少しです。
CIMG5892.jpg

裏側の始末。
CIMG5894.jpg

角まで来たら また折り込んでね。
CIMG5895.jpg

表から見ました・・・・「ふぅ~成功したみたいです(笑)」
CIMG5896.jpg

裏側にしつけをしました。
CIMG5897.jpg

ここで終わらないのが「つぐみ流」です。
何度も洗濯をするとこの角が「崩れて」残念な形に見えますので
「奥たてまつり」で 布の山の所(輪の所)を縫って下さい。
これで「冬季特別講座」は終了です。
質問のある方は、お待ちしていま~す(笑)。
CIMG5898.jpg

関連記事

PageTop

ケルン


前回紹介した「宮崎鯉屋」から少し札幌方面に向かうと
「ケルン」があります。
いつも混んでいるので 開店前に行って入り口にあるノートに名前を記入。
CIMG4109.jpg

ハンバーグの中身は黒毛和牛100%で玉ねぎ等は入っていません。
スモールハンバーグランチと書いていますが お腹いっぱいになります。
CIMG4110.jpg

私はステーキに・・・。
CIMG4111.jpg

CIMG4112.jpg

こちらのお店は注文してから 出てくるまで時間がかかります。
このハンバーグの厚さを考えると 仕方がないかも・・・。
CIMG4114.jpg

CIMG4115.jpg

食後にはコーヒーが付きます。
CIMG4116.jpg

ケルンは森町にありますが 七飯町にも隣接していて
周りにはたくさんの牧場があります。
久保田牧場ではチーズも作っていますがこの日は品切れ?。
CIMG4117.jpg

アイスクリームをお土産にしました。
(いろんなお味がありましたが まずはシンプルな味から、お試しです)
CIMG4136.jpg

関連記事

PageTop

鯉のあらい

函館から車で 国道5号線を北上 約40分で大沼公園に着きますが・・
今回は国道5号線沿いにある ”鯉のあらい”専門店の「宮崎」を紹介します。
この寒い季節が 鯉のあらいが一番美味しい時期です。
CIMG4105.jpg

”鯉のあらい”もお目当てですが・・・
こちらにある 角館の安藤醸造店の「寒こうじ」が好きです。
CIMG4106.jpg

CIMG4137.jpg

「塩こうじ」ではありません しょっぱくないです。
どんな料理にも使えます。
角館を旅した時に 醤油などを買って来ました。
函館では手に入らなくて・・・と思っていたら こちらで売っていました。
CIMG4138.jpg

店内には国内各地の「調味料」や地元野菜が売っています。
CIMG4107.jpg

左奥で鯉を下ろしています。
CIMG4108.jpg

味噌だれもピリッと辛子がきいて美味しいです。
買った人には希望すると「鯉こく」用に 
鯉のあらが無料で貰えますよ~。
CIMG4133.jpg

関連記事

PageTop