はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

新校舎見学会①

孫の通っている小学校の「北棟」が完成して 見学会があり参加しました。
一期目は「体育館」 二期目は今回完成の「北棟」 
来年秋に「南棟」が完成予定です。
左が職員室 右に放送室と書かれていますが、
中央二か所が「光庭」になっていて 三階まで吹き抜けになっています。
この為 廊下に出ると光が入る構造になっています。
校舎内に光が行き届いて 明るいです。

CIMG2692.jpg

下の三枚の写真は 玄関を入った所にある「多目的ホール」です。
今日は約80人ほどの見学者が来ていました。
七飯町の担当者と工事を受注した会社の方から
説明を受けています。

CIMG2662.jpg

天井ですが、木がふんだんに使われていますが 校内で使われている木は
すべて七飯町の山から伐採した「スギ材」です。
(体育館も木が沢山使われています)
木は湿度調節にも良いとのことでした。
CIMG2658.jpg

木の柱が 二つ見えていますが 真ん中部分が「光庭」です。
CIMG2659.jpg


職員室です。窓が大きく取られています。この前を生徒が通って玄関に入ります。
全校生徒数は665名。
一年生と二年生は各4クラス。三年生から六年生は各三クラスあります。

CIMG2697.jpg

学校内の15個所に防犯カメラが設置
職員室内のモニターで監視しています。
CIMG2698.jpg


校長室には 歴代の校長先生の写真が・・・・。
=急に私の小学校の時の事を思い出しました=
修学旅行の時にみんなで校長先生の部屋にお邪魔して私が「肩もみをしました」。
どんないきさつで肩もみをしたのか忘れましたが・・・・
その頃、母が和裁の内職をしていて 「肩こり」がひどくなると 
私が良く揉んでいました。


先生が退職した後 実家の近くに家を建てました。
(七飯町は気候が良いので 
全道を転勤で回った人が終の棲家にする方が多いです。)

私が結婚して家を出ていた時に
「つぐみちゃんに肩を揉んでもらった」と母に話していたそうです。

子供好きの先生は 子供の方にも伝わるのでしょうね。
(どの先生か気になるでしょう? 左から3人目ですよ)
CIMG2696.jpg


CIMG2691.jpg

二階の図書室です。教室二個分の広さです。
CIMG2669.jpg

見学した方は 下は幼稚園児から上は卒業生のおばあ様まで
新しい学校の完成をみんなで喜んでいました。

CIMG2671.jpg
次回は3階にある孫の教室へ・・・続きます。

関連記事

PageTop

あたらしい北海道旅行

=あたらしい北海道旅行= セソコマサユキ著 2017年4月第一刷発行
とても衝撃的な旅行案内の本です。
どこかに行こうと思った時には 旅行雑誌「るるぶ」などで調べますね。
この本はカフェ・パン屋・工房・宿など 北海道の広大で豊かな自然で
暮らす人々33組を取材した本です。

この本を持ってここに載っているお店を訪ねて会いに行きたいと思いました。
場所は函館・札幌・旭川・美瑛・富良野です。
CIMG2641.jpg

函館編では7件のお店 レストラン・天然酵母パン・チーズ工場が紹介されています。
この本の中で 一つだけ紹介します。
私が良く行く「はこだて工芸舎」です。
CIMG2642.jpg

こちらの店は道南の作家さんの商品を置いてます。
観光客よりも地元のお客様が中心なので、いつも違うものを楽しんでもらうように
月3回は企画展をしています。
CIMG2643.jpg


函館市電 十字街電停の真ん前にある 築80年を超える建物に
「はこだて工芸舎」はあります。店主の奥様の堂前邦子さんはいつ行っても
笑顔でお客を迎えてくれて とってもお人柄の良い方です。
作家さんの作った物に愛情をもって「説明」してくれるし 
また、品質の良いものを置いています。

「家族で買い物に来てくれて みんなで相談しながら買った器は
それを使っているときにも、無意識に大切にしてくれるはずだし
そんな暮らしが豊かにしてくれると思うのよね」
お店で心地よく応対してくれるのは そんなポリシーがあったからなのですね。
CIMG2644.jpg

=感謝のご挨拶=
当ブログも三年目に入ります。これまで訪問してくれた方、拍手を頂いた方、
温かいコメントを頂いた方に 感謝申し上げます。
「遠くに住んでいて、なかなか会えないお友達に向けて」の気持ちで書いています。
これからも宜しくお願い致します。

関連記事

PageTop

元気色 赤

長い間パッチワークを趣味として 布を買っていますが
赤色系が70枚有りました。これをまとめて「活用したい」と
今回挑戦しました。
CIMG2452.jpg

CIMG2453.jpg

CIMG2454.jpg

今回はミシンで作ります。
CIMG2497.jpg


布を2センチ幅に断ち切りでカットします。
その布に 片方だけに5ミリの線を引いてゆきます。
ミシンをかける為の線です。
長さは取り合えず20センチにしました。
ドンドンミシンを掛けます。ただその作業の繰り返しです。

CIMG2457.jpg


1センチ幅に出来上がった 一枚の布をバイアス繋ぎにしました。
CIMG2540.jpg


今回はアメリカンハートさんから買った パネル柄にセットしました。
中央の十文字が見えますか?
パネル柄が優しい色合いで青の縁取りなので 思い切って赤を添えました。
赤色は情熱的・強い・活動的などの抽象的なイメージがあります。
この配色は元気で力強さが出ていたら「思わく通り」です。
CIMG2542.jpg

裏のバッキングは おとなしいピンク、甘い・かわいい・柔らかい
イメージで選びました。
CIMG2543.jpg
これから地味にチクチクとキルトをします。
この時間が「至福」の時です。完成したらまた見て下さいね。

関連記事

PageTop

彼女の家計簿

面白くて一気に読みました。
=彼女の家計簿=  原田ひ香著 2014年1月初版発行

CIMG2605.jpg

里里は未婚のまま娘「啓(けい)」を生み育てています。
母からは「父親のない子供を産むなんて 苦労するだけ。
もし生んでも援助は絶対にしないし
実家に帰ってこようなんて甘い考えならやめなさい」と、
元々親子関係が冷たいのでした。

ある日NPO法人「夕顔ネット」の代表三浦晴美からの[家計簿]が母経由で届きます。
その家計簿は戦前から戦後にかけてつけられていた 祖母加寿のものでした。
里里は「若い頃の祖母が 里里の母(朋子)を残して 男と駆け落ちして心中した」と
親戚から聞かされていました。

里里と晴美の日常の中に 家計簿の中の文章が挿入されて 
現在と過去が同時進行で綴られて行きます。

「夕顔ネット」は水商売や風俗関係の仕事をしてきて 高齢になり
働けなくなった女性の支援をしている団体です。
谷中で食堂をしていた加寿が亡くなる前に 
土地と建物を「夕顔ネット」に寄付しました。
 
建物が老朽化したため 家を整理したら「家計簿」が出て来たのです。

祖母加寿は乳飲み子を抱えて 教員をしていましたが 復員してきた夫は働かず 
姑も孫の面倒を見ません。そんな境遇に同情した木藤先生から
「駆け落ち」を誘われますが・・・。

その加寿が谷中で生きていて 人助けをしていた・・・・。
加寿と 里里 そして晴美の人生模様が うまく絡んでいて
「小説」らしい仕上がりになっています。

新函館北斗駅前の花壇です。
CIMG2578.jpg

関連記事

PageTop

赤ちゃんにはキルトがお似合い

夏休みに入って 孫のお友達が遊びに来てくれました。
小学校6年生が3人と その中の1人の妹ちゃん(幼稚園年長さん)の4人です。
皆さん 同じ町内会です。
写真は今年生まれた お友達の弟ちゃん。
CIMG2621.jpg

私の部屋にはたくさんのキルトが飾っていて 興味を持ってくれています。
(これだけでも みんな良い子ですが)
整理するために出していたキルトを見たその中のYちゃんが 
「Kちゃんの家の赤ちゃんをこの上で遊ばせたいね」と・・・Kちゃんに言ったら 
そこにいた皆が「大賛成」でした。
(Yちゃん貴女は何て感性の良い子なんでしょう・・・。)
CIMG2625.jpg

私はここぞとばかりに 「ベビーキルト」って言うんだよ。
名前や生年月日を刺繍してね・・・と 家にある孫のベビーキルトを見せました。

CIMG2626.jpg

この日は他の子供たちにも「気に入ったキルト」を選んでもらいプレゼントしました。
モチロンこの四角繋ぎのキルトも・・・そしたら
その日のうちにKちゃんママから お嫁さんのラインに写真が届きました。

本当に赤ちゃんにはキルトがお似合いです。とっても嬉しくて写真にして貰いました。
個人情報があるので 顔は見せられませんが 「可愛いのです」
この写真を、居間に飾ってニヤニヤしながら 毎日見ています。
CIMG2622.jpg

関連記事

PageTop

観光気分で②


前回からの続きです。新函館北斗駅を見学しましたが
ビールが飲めるお店がないので 
はこだてライナーに乗って「函館駅」に来ました。
(新函館北斗駅から函館駅間は約22分)

CIMG2590.jpg

函館駅構内です。弘前ねぷたの山車が置いていました。
CIMG2588.jpg

駅前広場も 花壇があり お花が沢山咲いていました。
皆さんが来る8月に咲くように 6月から「夏花」の準備をしているんですよ。
CIMG2591.jpg

駅前から歩いてすぐ・・・眺めの良いレストランへ。
お昼の時間から 少し過ぎていたので すいていました。
CIMG2592.jpg

窓からは函館朝市や摩周丸が見えます。
CIMG2594.jpg

ビールが美味しくて 白老牛のハンバーグランチの 写真を撮り忘れました(笑)。
ハンバーグはお肉たっぷりで”大当たり”でした。
遠くに見えるのは 函館山です。
CIMG2593.jpg

今回のお店は このホテルの最上階にありますよ!!
CIMG2595.jpg
時間に追われないで 電車に乗って ゆっくりと観光客気分での一日でした。
(めでたしめでたしの一日でした。)

関連記事

PageTop

観光気分で①


北海道新幹線開業から一年半、函館にもお客様が来てくれています。
我が家からは 電車で10分くらいのところに「新函館北斗駅」があります。
温泉付きのホテルも開業しました。これから駅前も賑やかになると思います。
涼しい日に 夫と出かけました。
                    (駅まで徒歩5分)
CIMG2550.jpg

車内の様子 夏休みに入ったからでしょうか?ローカル線なのに乗客がいます。
CIMG2553.jpg

七飯町には「北海道新幹線の車両基地」があります。
CIMG2558.jpg


CIMG2560.jpg


駅構内から見た外の風景。新しいホテルが見えます。
一階にはお土産屋さんと食事ができるお店が入っています。
CIMG2562.jpg

駅構内の様子。
CIMG2563.jpg

「道南杉」を使った天井です。
CIMG2564.jpg

北斗市のキャラクター「ズーシーホッキー」全然可愛くないのに
ポストに乗っているだけで 皆さんが記念写真を撮っていました。

CIMG2572.jpg

駅を出て右に行くと 石灰石が置いています。
日本はモチロン世界中のビル建設で使われている「セメント」の原料です。
この先300年分の鉱量を保有しています。
(ブラタモリで秩父・武甲山のセメントが日本経済の復興を・・・と
放送していましたが あっちは大正時代 こっちは明治時代だもんねぇ~~)

CIMG2583.jpg

三橋美智也の生まれ故郷でもあります。
調べてみたら、一人目の奥さんとの離婚調停が理由で「紅白歌合戦」を落選したとか
二人目の奥さんには「全財産」使われて更に借金まで負わされたとか
=女運=が悪かったみたい(ていうか 女を見る目がないんじゃない?)。

CIMG2582.jpg

今日の目的は「函館発信のお土産」の調査です。
CIMG2567.jpg

CIMG2568.jpg

老舗「梶原商店」の手作りの”おぼろ昆布” 店員さんが美味しいとお勧めです。
(すまし汁に入れたり 海苔の代わりに「おにぎり」にしたりします)
CIMG2569.jpg

関連記事

PageTop

花のない花屋

=花のない花屋= 東信(あずままこと)著  椎木俊介・写真
2017年5月第一刷発行

初めのページに{花は心を語る}として フラワーアーティスト 東信の言葉です。
花は人が生まれて死に行くまで 我々の人生に常に寄り添っています。
何気ない日常から、出産祝い、誕生日祝い、結婚式、葬式に至るまで
私の仕事の原点は、そういった贈り手の気持ちを花に束ねることです。

花は「一日で10歳年を取る」と言われるほど時間が命です。
だから古い花から売ったり、余った花を捨てないように、
お店に在庫を置かないようにしました。
贈り手の意図を聞いてから、花を仕入れています。
それがオートクチュールの花屋、「花のない花屋」といわれるゆえんです。
         (この子の名前はミキちゃん リカちゃんの妹です)
CIMG2448.jpg

=滋賀の寺で副住職をする花好きの彼に=
彼と出会ったのは、彼のお寺で開催されたヨガのクラスに行ったのが始まりです。
初めて会った瞬間から、お互いに惹かれ合いました。(中略)
出会ってから一年もたっていませんが 結婚の話がとんとん拍子で進んでいます。
「今後も末永くよろしく」という気持ちを込めて 花を贈りたいです。

CIMG2485.jpg

この話をイメージして作った東信の「花束」です。
この本はこの様なアレンジの花100人の人生を綴っていきます。
CIMG2488.jpg

この本の表紙の花の物語です。
=病気とつきあいながら育ててくれた母に=
私は子供の頃、”普通のお母さん”に憧れていました。
母は時々パニックになって大声で叫んだり、
泣き出したり、モノに当たっりしていました。
私が小学校一年生の時に「境界性人格障害」と診断されました。
授業参観日では”変なお母さん”として友達にからかわれました。
今は障害者支援に関わる仕事についています。
この仕事で患者に接するうちに 本人も辛い思いをしていると気が付きました。
私たちに精一杯の愛情を注いでくれた母に感謝の花束を贈りたいです。

CIMG2489.jpg

CIMG2491.jpg

=闘病する母を支えてくれた高一の息子へ=
14歳の息子に私がガンであることを告知しました。
息子はただうつむいたまま、「わかった」と言い残し部屋に引きこもりました。
その日を境に、彼は何も言わずに黙々と掃除や洗濯などをやってくれました。
中学最後の野球の応援に行けない私に (副作用で髪の毛がない私に)
彼も丸坊主にしてきて「一緒だね」と笑わせてくれました。
大きな治療を終えて50歳の誕生日に「50歳まで生きていてくれてありがとう」の
メッセージと一本のガーベラをくれました。
そんな息子に感謝の気持ちを込めて 野球のチームカラーの菖蒲色を使ってください。

CIMG2492.jpg

=隠し子の秘密を抱え育ててくれた母へ=
先日、62歳の父に隠し子がいることがわかりました。
30年間母は私達に隠していました。父の隠し子と私が同じ年だったからです。
父が3年前にガンを患った時には 私は夫以上に父に愛情を注ぎました。
だから父の行為が理解できません。
30年もの間、重い秘密を一人で背負っていた母に花を贈りたいです。

(東信の言葉;お母さんは優しくて芯の強い方なのでしょう。
白とグリーンの上品なアレンジにしました。)

CIMG2493.jpg

=私の生活苦をそっと案じてくれていた父へ=
私は三姉妹の末っ子です。10年前に母が亡くなりました。
ある日、用事があって父に電話をしたら「お前も生活が大変だろう」と言われ
びっくりして、慌てて否定しました。数週間後銀行で通帳を記帳したら
5万円の振り込みがありました。一人で自営業をしている父にはどれだけ大金か。
そんな父に母の分まで長生きしてもらえるよう 
亡き母の好きな青い色のお花を入れてください。

(東信の言葉;男性は花をもらうことに慣れていないので、
華美になりすぎないように注意しています。
記憶に残るような瑠璃色でインパクトのある花束にしました。

CIMG2496.jpg
最初から最後まで贈り手の言葉を読むだけで感動していましたが
その言葉を想い、花をアレンジした東信の言葉が心に残りました。

関連記事

PageTop

中島廉売へご案内


転勤族だったお友達のSちゃんが函館に帰って来て一年。
こちらも毎日暇な年金暮らしなので 遊び相手が出来て嬉しいです。
そのSちゃんから 私がいつも行っている
「中島廉売」のお店案内を頼まれました。
CIMG2503.jpg

こちらは「紺地鮮魚店」です。お刺身を少量づつ 手ごろな価格で売っています。
二人暮らしには嬉しい「少量パック」です。
CIMG2504.jpg

たくさんの種類のお刺身を食べたい時には便利ですよ。
(つまの大根も添えていますので このまま大皿に盛っても見映えがします)
CIMG2508.jpg

小さめですが 毛ガニが1500円。身がびっしりと入っています。
CIMG2507.jpg

本日は北上川産と網走産のシジミが売っていました。
お店の方の「指」の太さと比較して下さい。
私はお味噌汁位しか使いませんが、Sちゃんはシジミの醤油漬けを作るそうです。
(レシピを聞いただけで 面倒なのでパスしました私)
CIMG2510.jpg

塩辛の種類も豊富ですが 昨年からのイカの不良でお値段も「そこそこ」しています。
(珍しいところでは 明太子のイカの塩辛もありました)

CIMG2512.jpg

我が家お気に入りの「お総菜屋さん」です。
お味が薄口なので嬉しいです!!

CIMG2513.jpg

CIMG2515.jpg

「棒鱈の甘露煮」です!!
棒鱈の戻し方も柔らかいし味付けが優しいです。
CIMG2514.jpg

こちらのお豆腐屋さんもお気に入りのお店です。
CIMG2516.jpg

鍋の中は「きんちゃく」その手前は「豆腐コロッケ」隣のパックが
私がいつも必ず買う「おから」です。冷凍できます。

廉売に来ると、お安いのでつい買いこんでしまいます。

CIMG2517.jpg

関連記事

PageTop

ハムスター

次女の孫(6年生)は 一年生の時から「猫」を飼いたいと
両親にお願いしていました。
お友達の家に行くと そこの猫が「なついてくれて」可愛いのでした。
でも 孫にはアレルギーがあります。目を赤くして家に帰ります(笑)。

六年生になって ペットを飼うことを許されました。
自分のお小遣い・貯金を総合して 「ハムスター」に決めました。
早速本を買ってきて「研究」します。

CIMG2262.jpg

メモ用紙に買い揃える物のリスト(ゲージはネットで注文)を書いて
ペットショップに行きました。どの子にするか 熟慮 ナント1時間半も
この買い物にお付き合いした ジジとババです。

本を隅から隅まで読んでいたので 若い女性スタッフと子細なことまで
質問しています。家族以外の大人の人と、敬語を使って喋っていました。

CIMG2502.jpg

ハムスターは匂いに敏感なので そうたやすく慣れません。
一か月が経って「もう慣れた頃」かな?と見に行きました。

CIMG2501.jpg

何度も手をかじられたそうですが 
毎晩(夜行性なので) トイレやかごの中の掃除などをしています。
チョコチョコと動き回っていて カメラ目線にはなりません。
しぐさが可愛くてしょうがないんだって!!
名前は「ももちゃん」パパがモモンガに似ているからって勝手に命名したそうです。
(孫の手のひらに乗ったももちゃんの写真を撮りたかったのですが
孫もまだ慣れていなくて・・・また今度ね。)

関連記事

PageTop