はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

アイヌ文様刺しゅう作品展

リンク ”主婦 知恵ママの知恵日記”の知恵ママさんのお母様が習っている
”アイヌ文様刺しゅう作品展”に行ってきました。
昨年初めて 知恵ママさんにお目に掛かりましたが、今回お母様とも初対面です。
(この日は時間の都合で知恵ママさんとはお会いできませんでした。)
CIMG2045.jpg

まずはお母様の作品から紹介します。
こちらは平成28年度 アイヌ工芸作品コンテストで 奨励賞を受賞された作品です。
CIMG2047.jpg

興味のある方はいろんな機会に 作品を見ると思いますが
どれも同じ様に見えても 一つとして同じものはありません。
着物を作る方は 5年程 基本的な模様や縫い方をマスターします。
それから下のような着物を作成しますが 完成には一年以上掛かるようです。
CIMG2046.jpg

この右の方が 代表の鈴木ミチさんです。会を結成して15年
今回は5年振りの作品展です。
着物23点 タペストリー35点 約100点の力作が展示しています。
月2回の教室の他に 登別市からアイヌの先生に来ていただき習っているとの事です。
CIMG2049.jpg

この作品は鈴木先生の作品です。
戦後世界中にアイヌ文様の作品が流失してしまいました。
日本でも博物館に収蔵されていますが 
このままだと博物館の倉庫の中に眠ってしまいます。
そこで作品の忠実な復刻版を作り 皆さんに着てもらう活動もしています。
『アイヌ文化を大切に思って作品を作らないと 
アイヌの先人の人達に失礼になる』と言った言葉が 心に響きました。
CIMG2050.jpg

CIMG2056.jpg

私の好みです。優しい色合いです。
CIMG2058.jpg

下の2枚の写真をご覧ください。
CIMG2062.jpg

これは上の作品の裏側です。糸の玉と糸の繋ぎ目が全然分かりません。
踊っているときには 裏も見えるので丁寧なお仕事をされています。
CIMG2061.jpg

会場には自由に試着できるコーナーを設けていました。
私の後ろ姿ですが・・・・試着して感動しました。
手仕事の温かみを感じました。
CIMG2065.jpg

CIMG2044.jpg

CIMG2064.jpg
お母様初め教室の方々には親切にそしてフレンドリーに接して頂きました。
知恵ママさんのおかげで貴重な体験をさせて頂きました。
地味にコツコツと伝統的なアイヌ文化を伝承されている方々の心意気が
私のブログで伝わりましたでしょうか?

関連記事

PageTop

2017春のバル街

今年も函館西部地区 2017年春のバル街が行われました。
CIMG2017_20170422091013951.jpg

函館元町・十字街・ベイエリア等広範囲のお店63店舗が参加。
チケット販売は4500冊だそうで 単純に約1600万円 他都市からの参加の方もおり
函館市にとっては大きな経済効果です。
CIMG2019_201704220910181f2.jpg

この長~い行列の先には・・・(函館では行列に並ぶ人があまりいません)。
CIMG2026.jpg

アクロス十字街で 無料の振る舞い酒が用意されていました。
生ハムを切っている方が このバル街を始めるきっかけを作った
レストランバスクの深谷シェフです。
CIMG2027.jpg

市販の生ハムと比べると 塩気がまろやかでお肉の美味しさが出ています。
CIMG2028.jpg

生ハムの向かいには、フレッシュチーズをのせたパンも。
チーズがあまりにも美味しいので どこで売っているかを聞きました。

ワインや日本酒が用意されていました。
昨年12月に大火に見舞われた新潟県糸魚川市の地酒が6銘柄、
糸魚川で行っているバル街の参加店も被害にあわれて
会場には募金箱が用意されていました。
CIMG2024.jpg

前にも行った カフェマルセン。
CIMG2038.jpg

ごらんの通り沢山のお料理が並んでいます。
一皿に取り放題(お代わり無し)バル参加店では一番の量です。
CIMG2042.jpg

場所は函館国際ホテルの隣 旧ニチロビルをリノベーションしたレストランです。
天井が高くて 窓も意匠を凝らした形です。こんな空間での食事が美味しいです。
CIMG2041.jpg

一種類ずつ取ったのですが・・・ 明日からはダイエットしましょう。
CIMG2040.jpg

夕方で小路の先に 灯りが見えました。
質屋さんが営業しています。初めてその存在に気が付きました。
CIMG2029.jpg

建物に歴史を感じます。こんな発見もバルの楽しみですね。
CIMG2030.jpg

各店舗のピンチョスです。
知らない人と隣同士になり どのお店が良かったか?を情報収集して
次の参考にしました。
CIMG2037.jpg

”キャプテン”の150gもあるチーズハンバーグ(毎年行きます)。
CIMG2034.jpg

普段は讃岐うどんの”次郎うどん”手作りのケーキが美味しかったです。
(前回お店から出てくる人たちが 美味しかったと言っていたので入ってみました)
CIMG2022.jpg
この日は冷たい風が吹いていて 冬物のダウンコートでも良かったかな?と思いました。
寒くて”ほろ酔い気分”には なりませんでした(笑)。

関連記事

PageTop

野蛮な読書

CIMG1942.jpg

野蛮な読書 平松洋子著2011年10月第一刷発行

私の本の借り方ですが 小説とエッセイ等を4~5冊混ぜて借ります。
ある時 面白い小説を 2冊同時進行で読んだら
(その時の気分で読む本を決めているので) 
二つの物語がナント私の中で合体していました(笑)。
それ以来エッセイを中に挟む事にしました。

エッセイですが 軽い内容の本もあって、こんな時には読後がっかりします。
今回は平松洋子さん初めてです。内容がギッシリ詰まったエッセイでした。
ご自身が読んだ130冊ほどの本や資料を エッセイに載せています。
(読みながら気になった本は 図書館に予約を入れました。
これまで私の読んだ本も取り上げていて感動した部分が一緒で嬉しかったです。)

『こどものころ、布団にもぐりこんで本を読むのが大好きだった。
昼でも、とうぜん布団。こたつは落ち着かない。』小学校4年生の時
学校の図書館で借りた”江戸川乱歩全集”を、布団にもぐって背筋を凍りつかせ読みます。
ページをめくると 一歩も歩かないのに 本の世界に行けたと書いています。

たくさん紹介したい箇所があるのですが 私が興味を持った話を一つ。
『奇しくも棟方志功は太宰治にも縁があった。太宰治が中学二年の時
青森県寺町のアンデレ教会の隣の花屋に飾ってあった油絵を二円で買う。
その作者こそ棟方志功。
その事実を昭和16年に発表した随筆”青森”の中に記している。
ただし、縁は育たなかった。さる祝賀会にぐうぜん同席したとき、
棟方志功は微妙な違和感をおぼえた。』

『その、物思う節を思わせるようなニヤニヤ感の強い、青っぽい風貌が、なんとなく
私の肌合いと合わなかったからでもあったようでした。太宰氏もやはり、
わたくしを好かない人間と思ったことでしょう。』棟方志功”板極道”より。

人は第一印象で 苦手オーラを出すと 相手にも伝わると云うことでしょうか?
                      
CIMG1950.jpg
               (早速きたあかりさんから頂いたボタンを額に入れました)

”春昼”のページで、温かいお昼に 銀座まで”ヴァレリオ・ベッルーティ展”を見に行きますが
どんな作品か気になり ネットで調べましたら この本の表紙でした。

関連記事

PageTop

布絵本の申し込み

”世界に一冊だけの本・展 in さっぽろ”に出展するために 布絵本を発送しました。
過去記事(昨年11/19と12/1)にも載せていますが 
毎年函館で開催している作品展で(函館は11年続いている)
3年前から札幌でも開かれています。
CIMG1907.jpg

出展の条件は 既成のノートに書き込みや 新聞・雑誌の切り貼りをしない
表紙から すべて自分の手作業で作ったもの、内容・使用する材料は自由です。
私は布で作った本を 2年前から函館展に出しています。
そんな訳で 今回は”札幌デビュー” 。
                                (これは表紙です)
CIMG1906.jpg

布絵本なので 厚みがあり 全5ページですが 
子供さんが手に取って遊んで貰えたら嬉しいなぁ~~との気持ちで作りました。
CIMG1904.jpg

サイズは20cm×20cmの大きさです。
CIMG1903.jpg

CIMG1902.jpg

CIMG1901.jpg

このドーナツを籠から出して見た 近所の5歳の女の子が
『裏と表が違う味だよ~~』と、言ってくれて 私もニンマリ!!
CIMG1900.jpg

夫の体調も考えてですが ぜひ札幌展の作品も見たいと思っています。
CIMG1908.jpg

関連記事

PageTop

鹿六(ランチ)

お友達のSちゃんとランチに行きました。
(Sちゃんと書きましたが 同じ頭文字の友人が3人います。)
今回は私の希望で 和食のお店に連れて行って貰いました。
CIMG1641.jpg

函館市電”五稜郭公園前”下車 徒歩2分の場所にある
”鹿六(かろく)”さんです。
こちらのランチの日替わり定食は800円程で 
お昼はサラリーマンの方で混んでいるそうです。
(この日は日替わり定食が完売でした)
我が家は夫の好みに合わせて 魚料理が多いので
『今日は肉が食べた~い!』で、ステーキランチにします。
CIMG1642.jpg

ボリュームがあって お腹が一杯でした。
回りを見ると おば様達が多かったです。
隣の席との間に 天井から御簾で仕切られていて、ゆっくりお喋りが出来ました。
CIMG1644.jpg

珈琲を買いに近くのデパ地下へ
美鈴コーヒーは 1932年(昭和7年)創業で 北海道では一番古い
コーヒー店です。
CIMG1639.jpg

ムムッ!!珈琲羊羹?
CIMG1638.jpg

そのお隣には ”珈琲かりんとう”です。
CIMG1637.jpg

迷いましたが 本日は ”かりんとう”にしました。
本当にコーヒーの香りがしました。この次は 珈琲羊羹にしましょう。
CIMG1674.jpg
後からお友達に聞いたのですが ”珈琲豆チョコ”が美味しいらしいの
この次のお楽しみに・・・。くれぐれもお楽しみは少しずつにしましょう。
家にあると、ついつい手が伸びて・・・・。

関連記事

PageTop

きたあかりさんからのプレゼント

去年の12月29日にブログに書いた
”きたあかり日記”のきたあかりさんから プレゼントが届きました。
(あかりさんが函館に来てくれて、その時初めてお会いしました)
送り状には 日本酒・菓子・しょうゆ 天地無用と書かれています。
CIMG1931.jpg

関東の大学にお嬢さんが進学したようで 
お嬢さんの所からアチコチと観光の様子。
前もって日暮里繊維街に行くけど・・・と布の希望を聞いてくれましたが
『死ぬまで使い切れないほどの布が(お金じゃないですヨ!)あるのでほんの少しで・・・』と
返事を出しました。
CIMG1932.jpg

インドの職人さんの手作りの魚のボタン(3センチ)や布、 
フランスに行って買い付けをして来ているレースや紐など・・・。
”あかりセレクト”が沢山。どんな風に作品を作るか楽しい悩みです。
使うのが勿体ないので、とりあえず魚や台形のボタンは小さな額に入れて飾ります!!
CIMG1933.jpg

自慢じゃありませんが ”塩ゆで落花生” 生の落花生を食べたことがありません。
美味しいです。驚きました。
CIMG1937.jpg

パッケージが可愛いですね。この箱は物入れにします。
CIMG1934.jpg

送って頂いた日本酒は 夫がお医者様から飲酒の許可が出たら その時に・・・。
私も地方に行った時には 味噌やお醤油などを買いますので嬉しいです。
CIMG1936.jpg

お孫さんと一緒に食べてと・・・行く先々でおみやげを買って頂き有難うございました。
CIMG1935.jpg
お誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントと敬老の日(笑)一年間の
プレゼントを”まとめ”て頂いた気持ちです。あかりさん有難うございました。
”きたあかり日記”は只今 東京散歩配信中で~す。

関連記事

PageTop

サンプラー制作④

9枚つなぎの最後の一枚になりました。
布の買い方ですが とっても好きで観賞用(笑)と思って買う事がありますが、
今回の布も面白そうで買ってみましたが ナカナカ出番がありません。
この布の柄を生かしたくて 野原チャックパターン200を見ました。
CIMG1849.jpg

”ダブルーZ”と言うパターン名ですが 中央の部分を一枚にします。
CIMG1850.jpg

ワザワザ製図を載せる事でもないですが・・・。
CIMG1851.jpg

リボンの布は松山敦子さんの布。黄色の布に注目を。
CIMG1857.jpg

前々回のチクチクさんともりのかいぶつの絵本
CIMG1877.jpg

森のみんなで作っている一枚に登場していました。
色違いですが 持っている布が絵本で出ていて感動しました。
(チクチクさんの布と呼んでいます)
CIMG1855.jpg

最後が完成
CIMG1859.jpg

ボーダーに使う布は パッチが好きなN子さんから頂きました。
茶色なのですが 赤や黄色が入っているので 素敵にできる予感が・・・・。
これから9枚をつないで行きます。
CIMG1860.jpg
皆様に暖かいコメントを頂き いつも感謝しております。

関連記事

PageTop

春耕

函館平野は三方を山に囲まれています。
今週の気温は11~14度位で、まだまだ暖かいとは言えない毎日です。
農家さんも3月上旬に 融雪剤を撒いて
今は種まきをした畑に ビニールのトンネルをかける作業に入っています。。
CIMG1926.jpg

右端の山は 横津岳連峰です。
こちらの挨拶で『毎日寒いねぇ~ 横津の山の雪が消えるまでは無理だね~』
ゴールデンウィークが過ぎた頃(桜が散った頃)に 山の雪が消えます。
(そうなるとジャケットも薄手なものになります。)
CIMG1925.jpg

散歩道を少し山側に歩いてゆくと
函館平野には沢山のビニールのトンネルが見えて
風に揺れて キラキラ光って見える風景が広がっていて奇麗なんですよ。
観光地にはない美しい風景です。
                        (これは 北斗市大野町方面の山々です)
CIMG1929.jpg

散歩道の桜の木 まだまだ蕾が硬いです。
CIMG1910.jpg

3月の下旬から 夫は入院・手術をして ようやく三週間振りで家に帰る事ができました。
退院後のリハビリの為、 私も毎日病院に行き看護士さんの指導を受けたました。
(男性の看護士さんも大勢いて テキパキとお仕事をされてたのが印象的でした。)

気ぜわしく過ぎていた毎日 今日の散歩道で見つけたこの花で
気持ちが癒されました。 
CIMG1911.jpg

関連記事

PageTop

チクチクさんともりのかいぶつ

チクチクさんともりのかいぶつ 作・絵 すまいるママ
2010年2月第一版 第一刷発行
孫のために たくさんの絵本を読み聞かせましたが 私が気に入った一冊を紹介します。
布好きの私は この絵本を眺めているだけで幸せな気分になります。
                      (リカちゃんの洋服はママのお友達が作成)
CIMG1854.jpg

チクチクさんは はりねずみの仕立て屋さんです。
きれいな色の気球に乗って 世界中を旅しています。
写真では分かりずらいと思いますが イラストではなくて 
布やレースを使用しています。(布絵本ではありません。)
CIMG1878.jpg

ある日チクチクさんは小さな森にやってきました。
CIMG1879.jpg

着られなくなった古い服、小さくなった子供の服はありませんか~(^^♪
使えるものに仕立てますよ~♪
と歌うと すぐに行列ができました。
CIMG1880.jpg

チクチクさんは背中から針と糸を出すと 楽しそうに縫い始めました。
CIMG1881.jpg

この素材は フェルトやレースや布で見ているだけでも楽しくなります。
CIMG1882.jpg

お猿の村長さんが森に果物を取りに行くと 怪物に服を破られたと言います。
ところが怪物の正体は 恐竜の子供だったのです。
CIMG1884.jpg

僕の名前は”ガオガオ”僕もきれいな服を着たかったんだ~と泣きました。
涙がしずくの形のビーズを使っています。
CIMG1885.jpg

みんなから洋服を集め 四角に切り・・・
CIMG1887.jpg

森のみんなで チクチクと縫い始めました。
この真ん中の黄色い布を忘れないでね!
(次回に登場します)
CIMG1889.jpg

ポケットをたくさんつけた ガオガオの洋服が完成。
いつまでも 仲良く暮らしましたとさ。
CIMG1890.jpg

=おしまい=
CIMG1891.jpg
作者の紹介
すまいるママさんは 3人の子供のパパです。1974年生まれ 
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業 2004年より布絵本作家として活動
絵本・イラスト・保育教材・チロルチョコのパッケージデザインも手掛ける。
手芸好きにはたまらない絵本です。興味のある方は、手に取って見て下さいね!!

関連記事

PageTop

サンプラー制作③

今回は、パターン名”カード・トリックス”を作ります。
4枚のカードが、本当に重なっている様に見えます。
CIMG1839.jpg

黄色の布は 私の好きなキルト作家の 小関鈴子さんの布です。
どんな風にも使えて、都会的な垢ぬけた感じの デザインをされます。
(今回のサンプラーでも 何度か登場しています)
CIMG1836.jpg

こちらの丸を6枚重ねた パターン名は”ローリングボール”です。
比較的 柄の部分が大きく見えるので 好きな布を使いました。
背景はアメリカンハートさんで買いました。 
グリーンのクローバーの布は無地使いに使えます。
CIMG1835.jpg

これは”パリジェンヌ”と云うパターン名です。
この4枚の周りには バラなどの花の布を使いたいと切って並べましたが
賑やかすぎて、まとまりが感じません。
CIMG1838.jpg

かと言って 薄いグリーンの布だと”淋しい”感じです。
CIMG1837.jpg

結果的には 両方の布を使いました。
右下の水色のチェックの布は とっても好きで 
最後の最後までミシンでつなぎ7×2.5cmと 小さいですが
足りない部分を”蛙のキット”の水玉模様と合わせました。
CIMG1842.jpg
サンプラーは9枚作ろうと予定しています。残り一枚になりました。
皆さんに見て貰えるので、作るのにとても励みになっています。有難うございます。

関連記事

PageTop