はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

実りの秋①りんご

散歩をしていると リンゴの木が見えます。
さすがに 人が自由に出入り出来るようには、なっていません。
KC4B0011_20160924120736f70.jpg

近くの果樹園にお願いして、写真を撮らせていただきました。
数年前に弘前に行きましたら 山がぜ~~んぶリンゴの木でした。
山々が赤い実でおおわれて 不思議な風景でした。
七飯町も沢山の果樹園がありますが、弘前ほどではありません。
KC4B0010_20160924120735fa3.jpg

大きいのが(8センチ)2個とか3個で 100円です。
最初は”つがる”から出ます。優しい甘さで美味しいです!!
KC4B0004_20160924120716793.jpg

ジャム用は4個も入っています。今年もジャムを作る季節になりました。
KC4B0005_20160924120717c4d.jpg

ここは他の農家さんですが リンゴの他に プルーンや花も100円で売っています。
プルーンは完熟でとっても美味しいです。
KC4B0006_20160924120734d5c.jpg
散歩には ポケットに 小銭入れとポリ袋を持参します。
安くて新鮮で 無人販売所で野菜を買ってから 今夜の献立を考えます。

関連記事

PageTop

湯の岱(ゆのたい)温泉

我が家は温泉好きで 道南の温泉をほぼ制覇しました。
夫が一番好きな 湯ノ岱温泉を紹介します。
前回紹介した上ノ国町と木古内町の間にある、山の中の温泉です。
KC4B0006_20160827135733b23.jpg

KC4B0065_20160703173107f6b.jpg

建物はお世辞にも綺麗とは言えません。
KC4B0054_2016070317304103f.jpg

無料の休憩室はとても広いです。他にも個室があります(有料)。
KC4B0057_20160703173044df3.jpg

嬉しいことに 食堂もあります。
KC4B0062_20160703173104e9c.jpg

夫は塩ラーメン。
KC4B0063.jpg

私はお蕎麦を注文。お弁当も持ち込み自由です。
KC4B0064_20160703173106d81.jpg

ここの温泉には二つの源泉があります。
”炭酸泉”で血行促進効果により肩こり・腰痛・冷え性などに効きます。
美人の湯との別名も・・・。
(入っていると体中に細かい気泡が付きます 芯から温まります)
KC4B0071_2016070317313561c.jpg

パンフレットの左奥の源泉は35度。真ん中の源泉は38度。手前は加温していて42度です。
KC4B0070_201607031731339cd.jpg

35度の温泉は入った瞬間”冷たい”と感じますが 長く入っていても湯あたりしません。
写真のように周りが林になっていて ゆっくり・のんびりと入っていられます。
KC4B0056_2016070317304251c.jpg
曜日によっては 上ノ国町内のお年寄りのための無料送迎バスがあります。
そんな日に当たると、目の前の人と 大音量で喋るオバーさん達がいて
せっかくの、のんびりムードが台無しになります。
お年寄りの内輪の話が面白くて 聞き耳を立てている私ですが・・(笑)。

関連記事

PageTop

製作途中

毎日”暑い”と思っていたら お彼岸が過ぎる頃から急に秋風が吹いて 
朝にストーブを付けている日もあります。

創作活動も秋の色合いの物を作り始めています。
パネル柄といって 各模様が切られて売っている布があります。

ハウスの模様で四季になっています。順番になっていませんが
=夏=です。
KC4B0048_20160909103616b75.jpg

=春=
KC4B0049_20160909103617004.jpg

=秋=
KC4B0050_20160909103619f9e.jpg

そして=冬= いつも紹介している アメリカンハートさんから購入。
この冬が一番人気だそうです。模様に沿ってキルトをしています。
KC4B0051_2016090910363443b.jpg

しっかりと個性的な模様・色合いなので そのまま4枚繋ぎました。
KC4B0052_20160909103635e32.jpg

ボーダーに使った 濃い赤の布は 日本のメーカーの ダイワボウテックスの
ディズセレクションを使用。
KC4B0053_201609091036376ab.jpg

四季の布は 15年ほど前に”カントリードール”が爆発的に流行しましたが
そのお人形の洋服に使われた=デビーマム=の布です。
KC4B0054_20160909103638f82.jpg

ほかの布と合わせてパッチワークするには あまりにも個性が強すぎて
キルトも色糸ですることにしました。
KC4B0055_20160909103640831.jpg
見て頂き有難うございます。完成したらまたアップします。

関連記事

PageTop

岬の料理宿 宮寿司

9月4日に道の駅 上ノ国町”もんじゅ”を紹介しました。
”もんじゅ”も岬に建っていますが 隣の岬に建っているのが 今回紹介の
岬の料理宿 宮寿司です。

上ノ国町原歌 向こうに見える黒い家が 宮寿司です。
KC4B0002_20160914172557754.jpg

お店のベランダからは 江差町やカモメ島 奥尻島が見えました。
『こんな素敵な景色を見て 暮らせるなんて良いですね』と言ったら
『それもせいぜい10月までですよ』

この辺は冬は風が強いです。江差に住んでいた事があるので分かります。
KC4B0005_201609141726034b3.jpg

KC4B0006_20160914172627f3a.jpg

私は”あわび飯”にしました。行く前に ネットで見ましたが 
アワビが小さいのでは?と思っていました。
左上のウニ入り卵焼きは ウニがてんこ盛りです。
ご飯は アワビの煮汁で炊いています。
KC4B0007_20160914172629244.jpg

アワビの大きさは7~8センチはありました。
”空弁”としても有名らしいです。
KC4B0008_20160914172630147.jpg

夫は 生ちらし これで1200円は安いです。
函館朝市で食べたら 2000円はするでしょう。
KC4B0009_2016091417263245c.jpg

食後のコーヒーも嬉しいです!!
KC4B0010_20160914172633f59.jpg

アワビの肝の塩辛 大将の手作りです。
KC4B0011_20160914172652fb2.jpg

本日のお土産にしました。ドライブがてら美味しいものを頂と 2~3日は幸せですね!!
KC4B0012_201609141726549c5.jpg

帰りに私のブログに載せても良いですか?と聞きました。
ドーゾーと大将の名刺を頂きました。
ここに泊まると美味しいものが お腹いっぱい食べれそうです。
この日のアワビは奥尻町産でした。
KC4B0013_20160914172656948.jpg
岬の下の崖から海辺は宮寿司の プライベートビーチです。
散歩も楽しそうですね。

関連記事

PageTop

見学旅行

中学校3年生の上の孫(女)が修学旅行に行きました。
今は”見学旅行”と言うらしいです。行先は 北海道新幹線で東京です。
東京スカイツリー・江戸東京博物館・劇団四季でライオンキング鑑賞等々。

江戸東京博物館は私も行ったことがあります。
関東大震災から東京大空襲の地層の展示や、 お江戸日本橋など興味深く見ました。
ライオンキングは札幌の劇団四季で 孫二人とお嫁さんにも見せましたが
当時一人9000円の入場料でした(夏休みで混んでいて この席しか取れなかったの)。
今回の見学旅行では3000円です。

その時の孫の感想が
『普通に喋ればいいのに どうして歌いながら喋るのか理解できない』
当時11歳 小学校5年生の感想です。私は東京で見て感激したので
孫にも見せたかったのですが・・・大枚はたいて、この感想か・・・ガ~~ン。
(でも何でも経験させないと 何が好きか分かりませんしね。
歌いながら喋るシーンが、自分としたら 気恥ずかしいみたいでした。)
KC4B0002_201609111752513f8.jpg

孫のお土産です。
上が光っているので・・江戸東京博物館オリジナル商品の雷おこし。
白砂糖味・抹茶味・黒糖味・海苔味どれも美味しいです。
KC4B0006_20160911175256bbd.jpg

10センチの可愛い缶に入った風月堂の”ゴーフル チョコレート クランチ”
KC4B0004_20160911175254b27.jpg

チョコレートにスカイツリーがついています。
『この缶が可愛いので 針刺しに使う』と孫に言いましたら、
『おばあちゃんがそう言うと思ってこれにしたの』。
赤ちゃんの時からの付き合いなので 私の考える事をよく分かっていました。
KC4B0005_20160911175257e07.jpg
東京で美味しいもの食べた?と聞いたら 『なんにも無かった』だって・・・。
クールな孫です(笑)。今日は孫の誕生日です。15歳になりました。
(追記:一番楽しかったところは スカイツリー内にある すみだ水族館だったそうです。)

関連記事

PageTop

赤羽 まるよし

好きな番組に BS NHK 東京ディープと 出没!アド街ック天国があります。
観光地でなくて 普通の人が暮らしている街を見るのが好きです。
(普通の人?って突っ込まれたら説明できませんが)
今回見たのが東京ディープだとばかり思っていたら(思い込んでいたの)
アド街の方でした。赤羽の賑やかな飲み屋街 外に椅子を出して昼酒を楽しんでいます。

地味な写真ですね。第12位まるよしの”きゃべ玉”です。
KC4B0001_20160903125718a67.jpg

作り方はいたって簡単です。
強火でキャベツを炒め 酒を少し 卵2個をそのままポンとフライパンの中に
後は塩・コショーで味付けのみ。このメニューが常連さんがこぞって注文するそうです。
どんだけ~美味しいのか?作ってみました。
夫の感想『何か隠し味があるんじゃないの?』
普通なんです そのままキャベツの油いためです。
『都会の人はこんなのが美味しいと思うのか?』でした(笑)。
(その後 もう一度”鶏がらスープの素”と”醤油少し”で作りました 美味しいです)


リンク”きたあかり日記”さんが 函館観光に来てのブログで
セイコーマートのラスクを紹介していました。
セイコーマートは北海道のみのコンビニです。

店内で調理したお弁当が売られています。
わが夫はここのかつ丼がお気に入りで(500円位)温泉に行く時のお供です。
KC4B0002_20160903125720f87.jpg

住んでいても当たり前になって気が付かないことが沢山あるのですね。
KC4B0003_2016090312572349a.jpg

早速 ラスク(キャラメル味)79円 自分用バウンドケーキ(バナナチョコ味) 
アイスキャンデー(孫用)を買いました。
KC4B0004_20160903125724981.jpg
安くてさらに美味しかったです。
セイコーマートは略して”セコマ” 
焼き鳥弁当でお馴染みの長谷川ストアーは”ハセスト”と言います。
(最初会社の若い子が ハセストと言っているのを聞いて”?”でした)
またチャイニーズチキンバーガーで有名なラッキーピエロは”ラッピ”です。
”ハセスト”と”ラッピ”は、函館出身のロックバンドのグレイが紹介して
すっかり有名になりました。

関連記事

PageTop

野菜柄のタペストリー完成!

いつも紹介している アメリカンハートさんから買った布です。
アメリカに布を仕入れに行ったり アメリカに住んでいる友人から
定期的に送って貰っています。

何でもアメリカが良い分けではありませんが 布だけに限定して言わせて頂くと
色の発色が良いです。また柄も自由なデザインが数あり、面白くてユーモアを感じます。
そんなんで今回は15×15センチの野菜の柄の布9枚で作成。

ヒョウタンの水玉の大きさは1センチです。丸に沿ってキルトをしようと思っていましたが
丸をつないだデザインに線を引きました。白の糸でキルトをしましたが
全然目立たないのでそれをほどき 思い切って薄いグリーンの糸で刺し直しました。
自分の中では楽しいと自画自賛(笑)。
KC4B0036_20160830133113d9e.jpg

にんじんは回りと まっすぐな線と 葉っぱしか刺していませんが 
くっきりと浮いて立体的に見えると思います。
KC4B0004_20160827135716595.jpg

トマトは赤いビーズを一つ一つ付けたら可愛いくなりました。
KC4B0003_201608271357157f9.jpg

これはパイナップルでしょうか?
KC4B0002_20160827135712d01.jpg

リンゴの中の花は右はプリントのままで 左は花の回りをキルト
立体感の違いが分かって頂けますか?
KC4B0001_20160827135710f5a.jpg

スイカは線のままキルト。
KC4B0005_201608271357321cd.jpg

良くパイピングが綺麗に出来ないと言う方がおりますが
この時点で 直角でないと無理だと思います。
KC4B0011_201608301329201a5.jpg

完成しました!!
一人で毎日 チクチクと以上のように 布とお喋りしながら作っています。
見て頂き有難うございました。
KC4B0035_201608301331006a4.jpg
タペストリーの大きさは約50×50センチです。
野菜を繋いだボーダーの黄色い布は私の好きな小関鈴子先生の布です。

関連記事

PageTop

憩室(けいしつ)

案外、自分は”気が小さい”なと 思うことがありました。
かかりつけ医で 大腸がんの検査をしました。
『何かありましたら電話しますね』と、女医さんから言われましたが
電話が来たんですよ!!そこからは”奈落”の底ですよ。
やはり何かあったらと、考えますよネェ~~.。
KC4B0046_20160909103614d5f.jpg

大きな病院に紹介状を書いて頂きました。
担当のお医者さんが 私が初めてで”ビビりまくっている”のを察して
60代で一度は検査したほうが 安心ですよ!
KC4B0047_20160909103616cbb.jpg

当日は 飴と暇つぶしにパッチワークを持って行きました。
検査する方は、私のほかに10名いました。
同じテーブルの方が 何度か”大腸カメラ”の経験者で 
緊張感マックスの私にアドバイスをしてくれました。有り難い事でした。

下剤を2時間かけて飲みますが 最初の一口はポカリスエットのレモン味です。
が・・・その内に 吐き気がします。
飴を口に含んでも 受け入れがたいの・・味が。
いちいち味わって飲むからダメなんですが・・(笑)。
KC4B0066_20160909103716cb3.jpg

気晴らしに持って行った ヨーヨーキルト 熱中して 下剤を飲むのを忘れます。
KC4B0067_20160909103717242.jpg

大腸カメラの先生は 手際が良くて 画像を見ながら大腸内の説明をしてくれました。
その時に、
『これは”けいしつ”漢字で憩いの部屋と書きます。
他の人より多いですが これも個性ですね!。』
初めて聞く言葉ですが 憩いの部屋ってなんて素敵なんでしょうか。
KC4B0068_20160909103718fd7.jpg
検査は痛くはないですが 少し大変な検査でした。ポリープもなくて安心しました。

関連記事

PageTop

あいす118

函館空港から約20分の所に函館牛乳の工場があります。
KC4B0036_2016090514501663c.jpg

函館市民にはお馴染みのパッケージです。
私の背の高さがあります(ハイ!オブジェです)。
KC4B0037_20160905145018985.jpg

”あいす118”の後ろが工場です。
ソフトクリームが工場の前で食べることができます。
KC4B0038_20160905145019f83.jpg

小高い丘の上にあり この日は曇って見えませんが 津軽海峡が目の前にあり
東京からの飛行機の窓からも見えます。
KC4B0039_201609051450211d9.jpg

八雲町・七飯町・函館市の契約牧場38戸から毎日新鮮な牛乳が運ばれます。
KC4B0040_20160905145022692.jpg

真ん中の段は牛乳パッケージに入ったカステラですが
オレンジ色のパッケージの、左隣のパッケージは
①遺伝子組み換えをしていない ②収穫後に農薬散布をしていない 
安全な肥料で育った、10戸の契約牧場の牛さんの牛乳で作った
=牧場限定牛乳=です。
私の父は生前 この牛乳しか飲みませんでした。濃さが全然違います。
KC4B0042_20160905145042721.jpg

ヨーグルトや飲むヨーグルトなど新製品の開発もしています。
KC4B0043_20160905145044456.jpg

市内のスーパーで見かけなかった チーズもありました。
KC4B0044_20160905145046761.jpg

今回初めて買ったこのコロッケ!
アツアツが美味しいのは当たり前ですよね。
次の日に食べたら ジャガイモのパサパサ感が全くなくて
シットリして味も美味しいままです。
後でホームページで調べたら お水の代わりに牛乳で作ったそうです。
(自信をもって全国の皆さんにお勧めします!!)
KC4B0041_201609051450412ec.jpg

市電を買い取り敷地に置いています。小さな子供が喜びますね。
KC4B0031_20160905144953420.jpg

この市電 東京出身でした。
KC4B0032_201609051449557a4.jpg

バケツ1杯 100円でおやつを買って
KC4B0033_2016090514495685c.jpg

牛さんに食べさせるコーナーもありますよ!
黒くて見えずらいですが しっかりとカメラ目線の牛さんです。
観光客慣れ?でしょうか。
KC4B0034_201609051449583d6.jpg

KC4B0035_20160905145000ee5.jpg

牛乳100パーセントの ソフトクリームはとても溶けやすいです。
KC4B0045_20160905145047d44.jpg
周りも牧場で 牧歌的に見えますが 牛さんの糞の匂いがオマケに付いています(笑)。

関連記事

PageTop

アイヌ工芸展


久しぶりに函館空港に行って来ました。空港ギャラリーで アイヌ工芸展をしています。
リンク=知恵ママの知恵日記=さんのお母様が アイヌ文様の着物を展示しています。
KC4B0015_20160905144742d90.jpg

KC4B0016_20160905144807ad7.jpg

KC4B0029_20160905144935be0.jpg

見事な作品です。
実は知恵ママさんと初めてお会いした時に アイヌ刺繍のバックを持っていました。
私も少し(食パンの端っこ2センチくらいですが)かじった事があるので 人の作品を見て
どれくらいの腕前かは 分かります。
この作品は平成25年度の アイヌ工芸作品コンテストの受賞作品です。
KC4B0020_2016090514481216d.jpg

これは他の方の作品です。着物は4枚程が展示していました。
KC4B0019_2016090514481036e.jpg

このタペストリーは2メーター位の大きさでした。
近くで見ていると”目まい”がするほど 丁寧なお仕事です。
KC4B0021_201609051449042cf.jpg

アイヌ文様は基本の模様があります。
そこを踏まえて この様な斬新なデザインを見たのは初めてです。
KC4B0022_20160905144906c69.jpg

右は”手甲” 左は”鉢巻”です。
KC4B0024_20160905144910d9f.jpg

彫刻も数点ありましたが 特に印象に残った作品を2点紹介します。
KC4B0030_2016090514493651a.jpg

ユーモアたっぷりの熊さんのブックスタンド!
作者はどんな方か?お話ししたいです(笑)。
KC4B0027_201609051449324e1.jpg
知恵ママさんのブログも函館情報満載です。よかったら訪問して下さい。
次回は函館空港から車で20分の”函館一美味しい”ソフトクリームの紹介です。

関連記事

PageTop