FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

コールラビ


ブログを始めて良かった事の一つに 
いろんな方の住んでいる地方の生活・食べ物・行事が見られる事です。
ガイドブックを持って 観光して歩くよりこちらのほうが私には興味があります。

前置きが長くなりました。 
私のブログに来て頂く方で『森散歩』さんという方で ドイツに移住した方がおります。
日本にない食材を工夫して料理を作っています。
(リンクの欄に載っています 是非ご覧下さい)

その中に”我が家のおでん”があり 大根の代わりに ”コールラビ”を使っていました。
どんな野菜かとっても興味がありました。
それが見つけたんですよ~~。
厚沢部(あっさぶ)町の道の駅で(こちらはまたの機会に紹介します)。
KC4B0007_201607041819040bb.jpg

あまり馴染みが無いせいか パンフレットが置いています。
コツ・ポイントに 繊維に沿って切ると歯ごたえが残るそう・・・。
KC4B0002_20160709111612349.jpg

”きんぴら”と”天ぷらかまぼこ”と煮てみました。

大根とカブの中間の食感です。
カブは煮ると柔らかくなるので 夫は好みませんが・・これは美味しいと。
味は生で食べてみると 甘かったです。この次は ”サラダ”や”なます”にしようと思いました。

思いがけずゴールラビを見つけたときは とても嬉しかったです。
KC4B0008_20160704181903624.jpg

ここからは趣味のパッチワークです。
先日紹介したベットカバーの 卍から 部分の模様を載せてみました。
KC4B0002_20160705163041e9e.jpg

KC4B0003_20160705163044243.jpg
親友が函館に帰ってきました リンクの《笑っておやすみ》です。
函館情報が盛り沢山ですので是非ご覧下さい!!

関連記事

PageTop

ウタマロクリーナー

モラタメ・netで ウタマロクリーナーを頂きました。
KC4B0006_20160628081408ba0.jpg

応募したきっかけは 洗剤で手が荒れるので そこに反応しました。
KC4B0002_20160628081347d35.jpg

最初に水回りで試したら”ピッカピカ”で さらにお鍋やら台所の油汚れを
徹底的に磨きました。
手荒れもしません!!画期的な出来事でした。
KC4B0001_20160628081345aec.jpg

お風呂掃除や網戸掃除にも使えて 
家中のお掃除がこの一本で完了します。
爽やかな グリーンハーブの香りです。
KC4B0004_20160628081350c5e.jpg

長年気になっていた 笛吹ケトルの茶色の汚れは
ティッシュペーパーの上から洗剤をかけて時間を置いて見ましたが
劇的には綺麗にはなりませんでした。
(長年の汚れなので この辺で良しとしましょう)
KC4B0005_20160628081406bc0.jpg

夕飯の後にピカピカにするのですが 夜中にネズミが出て
プリンの食べた容器やバナナの皮をここに捨てる人がいるので
朝起きて がっかりする日もあります。
KC4B0003_20160628081349606.jpg
モラタメ・netで感想を書かなければならないのですが
この商品だけは 写真の添付が必須条件で 感想を送る事が出来ませんでした。
ウタマロ様このブログでの感想でご容赦ください。

関連記事

PageTop

七夕

今日は七夕です。函館から道南にかけて 
子供たちがこの日お菓子を貰って歩く伝統的な習慣があります。

スーパーではこの時期一週間位前から 七夕用のお菓子のディスプレィをします。
KC4B0002_201607041818060aa.jpg

KC4B0001_2016070418180461d.jpg

KC4B0003_2016070418180943c.jpg

KC4B0004_20160704181810e89.jpg

スーパーアークスさん 私のブログの為に 快く店内を撮影させて頂き有難うございます!!
KC4B0006_20160704181900d6c.jpg

我が家でも 子供たちの為にお菓子を用意します。
KC4B0001_2016070516303978c.jpg

孫と一緒に七夕飾りの用意をします。
KC4B0002_20160707170019034.jpg

KC4B0003_20160707170019307.jpg

小学生ルールがありまして この飾りを出している家には
お菓子が用意している目印です。

世の中イロイロな人がいて この行事を快く思わない人もいます。
(タダでお菓子を貰う風習です)
KC4B0004_201607071700208d7.jpg

KC4B0036_2016070717025446f.jpg

孫も同級生との待ち合わせ場所に出発しました。
KC4B0037_201607071702553fe.jpg

最初のお客様が来ました。
♪竹~に短冊 七夕祭り 大いに祝を ローソク一本 頂戴な~♪この歌が決まりです。
私も子供の頃 ローソクを貰いに出かけました。
そして息子も・・・それから孫も・・。
地域で子供たちを 大切にしています。 良い風習だと思います。

(お菓子の準備ですが 多い家だと 100人以上 我が家では20~30人分用意しました)
KC4B0038_201607071710498b4.jpg

関連記事

PageTop

天の川

ロマンチックな川の名前でしょう?。
ここは道南 日本海側にある 江差町の隣町 上ノ国(かみのくに)町です。
上ノ国町は 北海道でも最も早い時期に 和人が住み着いた町です。
我が家のご先祖も 上ノ国町出身です(ご先祖のお墓もあります)。
KC4B0050_20160703173019637.jpg

天の川はアユや鮭の遡上でも有名です。この日もアユを釣っていた人がおりました。
KC4B0049_20160703173017894.jpg

この川にちなんで 七夕飾りを飾っていました。子供たちの短冊が吊るしています。
KC4B0052_20160703173038b5a.jpg

また12星座のレリーフが 橋の欄干に・・・。
1618年に上ノ国に漂着した イエズス会宣教師が 後に地図を製作するため
『ツガ』と記載したことから ”天河”の漢字を当てたのが 『天の川』になりました。
KC4B0053_20160703173039216.jpg

ここはまたニシン漁で栄えた町でもあります。
KC4B0048_20160703173016bb7.jpg

旧笹浪家住宅は 上ノ国で代々ニシン漁を営んだ旧家です。
こちらの家から見つかった古文書には 
安政4年(1857年)に家の土台替えをした記録があります。
KC4B0047_20160703173014f8d.jpg

屋根はヒバの割柾葺(わりまさぶき)の上に石が置かれています。
このような屋根は珍しいので紹介しました。
KC4B0046_20160703172956aa5.jpg

関連記事

PageTop

人形の洋服②

6/28の続きです。
今回大活躍の電子辞書、英和機能を使い 各パーツの文字を検索。
KC4B0001_20160626151412ece.jpg

エプロン ベルト くしゃくしゃ・・・要するに ギャザーを寄せるのね~。
エプロンの胸の部分の飾りです。
KC4B0008_2016062615143935a.jpg

最初はブルマー完成。 ゴムを入れたら可愛いのなんの。
作り方は 自己流です。
KC4B0007_20160626151438fab.jpg

ドレスの襟と袖です。ここまで来たらテンションが上がります。
KC4B0006_201606261514369e2.jpg

大変だった所です。ウエストのサイズに対し スカートの布の分量が2倍もあり
あらかじめ仕付け糸でギャザーを寄せます。
ミシンをかけながら ギャザーが均等になるように・・。
ここはエプロンですが ドレスのスカートを付けるのも同じ要領でした。
KC4B0003_20160629121605c8c.jpg

ドレス完成 着丈35センチです。
KC4B0002_20160629121604dde.jpg

ドレスの裏側です。着心地(?)の良さを追求すると 手を抜けません。
(市販のバイアステープ一本使用)
KC4B0006_20160629121623df5.jpg

まずは後ろ姿から。
KC4B0005_20160629121622185.jpg

そして完成しました。
小学生の頃からお人形の服を作るのが好きで
これを作りながら”しみじみ”と好きな時間を過ごせました。
KC4B0004_2016062912160838c.jpg
勉強になった事。RUFFLE(布など)くしゃくしゃにする。(服などの)ひだ飾り。

関連記事

PageTop

豆絞り

”到来もの”素敵な言葉ですね。
夫の知人から頂きました。
KC4B0015_20160526170318ece.jpg

子供の頃の”おやつ”といってもそんなに種類がありませんでした。
ピーナツの思い出といえば 紅白歌合戦を見ながら
皮をむいて食べた記憶があります。
KC4B0016_2016052617032005d.jpg

ピーナツには申し訳ないけど、期待していませんでした。 
焼き煎餅と書かれていますがクッキーの生地で豆も柔らかく 
ピーナツが出世した美味しさでした。

千葉県には知り合いがいませんが 主人の知人の弟さんからのお土産です。
『兄さん 普段世話になっている人が いるのなら その人にお土産を買って行くけど・・・』
夫とその方の弟さんとは面識がありません。帰省の折に頂きました。
本当に良く出来た 弟さんですが 3人兄弟が仲良しなんです。

甘ったれのわが弟とは 比べ物になりません.。
(父は母さんが甘やかして育てたと生前言っていましたが・・・)

きっと御両親の育て方が良かったのでしょうね。
千葉の弟さんご馳走様でした。気持ちがこもっているので とっても美味しかったです。

関連記事

PageTop