はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

梅村庭園

ドライブをしていたら いきなり目に入った立派なお庭がありました。
庭の手入れをしていた人が 『どうぞご覧下さい』と云うので
お邪魔しました。函館から60㎞北にある 八雲町です。

KC4B0029_20151106133321353.jpg

八雲町指定文化財 北の造園遺産 梅村庭園です。
下の3枚の写真は 旧梅村邸の”離れ”の部分です。
欄間 座敷飾りがそのまま使用されています。
ガラスが昔の物で ゆらゆら歪んでいます。

KC4B0028_201511061333193db.jpg

KC4B0027_20151106133317cc9.jpg

KC4B0025_2015110613331614c.jpg

KC4B0023_2015110613325654c.jpg

庭園は池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)で
中心の池は湧水で一年中枯れることがないそうです。

KC4B0022_2015110613325588a.jpg

ここは蔵の中の部分です。いきなり鎧兜があり驚きました。
北海道は歴史が浅いので このような物を見る機会があまりありません。
ここを建てた梅村多十郎氏は1892年(明治25年)、
愛知県春日井市から八雲に入植して その後 澱粉製造や菓子製造業で財を成し
この庭園を取り囲むように お屋敷を作りました。

どの部屋からも庭を眺めて暮らし 気持ちが良かったでしょうね。

KC4B0021_20151106133253274.jpg

アイパットから 食べログを調べて 今日はこのお店に。

KC4B0033_2015110613334428a.jpg

豚天丼が有名です。夫は豚天丼 私は海老天丼 量が多くて残してしまいました。
(食べ物を残さないように躾けられた世代なのですが・・・。)

KC4B0032_20151106133342757.jpg

関連記事

PageTop

宮崎鯉屋

国道五号線札幌方面の大沼を過ぎた辺りにあります。
”鯉の洗い” 大沼産の川えび・ワカサギの甘露煮を販売しています。

KC4B0010_20151023135912c17.jpg

このカウンターの後ろで 鯉をさばいているのが見えます。
”鯉の洗い”を買った人には お願いすると 鯉の粗(あら)が無料で貰えます。

鯉こく(味噌汁)にすると美味しいです。
寒くなるこれからは 鯉が美味しい季節です。

KC4B0011_2015102313593270e.jpg

ピンボケでスミマセン。 甘露煮です。

KC4B0012_20151023135933c18.jpg

店内では全国の調味料などを置いています。

KC4B0013_20151023135935c0c.jpg

川えびが大きかったので10円玉をそばに・・・。

KC4B0038_2015102314012686a.jpg

秋田角館 安藤醸造の”寒こうじ”です。
以前に流行った 塩麹 とは違います。
キュウリの浅漬け 肉・魚に漬けたり 汁物にも入れて使っています。

以前角館を旅行した折に 安藤醸造で色々な商品を味見しました。
こんな近くで お気に入りを見つけた時は嬉しかったです。

KC4B0002_2015102518593941d.jpg

関連記事

PageTop

コポロ

函館の独特な建物 『和洋折衷住宅』です。
江戸末期横浜・長崎と共に開港した函館に外国人が住み始めます。
 
函館の建築職人たちは 外国人の指導のもと 
経験のない教会や領事館の洋風建築を学びます。

KC4B0047_2015111317463392e.jpg

下は和風 上は洋風ですが 二階の内部は畳敷きの和室です。
こちらは函館物産コポロです。
二階には 北海道アイヌ協会函館支部2010年(平成22年)設立の事務所があります。

KC4B0046_20151113174631b20.jpg

たまたま戸口から アイヌ文様の衣装が見えたのでお邪魔しました。

KC4B0042_20151113174543105.jpg

こちらの若松さんの奥様が縫ったものです。
市内で教室を主宰しています。

KC4B0041_2015111317454246e.jpg

以下の写真は 店内の様子です。
快く写させて頂きました。

KC4B0040_2015111317452337b.jpg


KC4B0045_20151113174550016.jpg


KC4B0044_20151113174547625.jpg


KC4B0039_201511131745218e8.jpg

本日のお土産 だし昆布(函館市尾札部産 真昆布150グラム 700円)
それと”函館アイヌの足あと”の小冊子を頂きました。

函館アイヌ協会を立ち上げた加藤さんの言葉が載っていました。
昭和29年札幌生まれの加藤さんの両親は お母さんがアイヌだったため
父方の祖父に分かり 強引に離婚させられます。
当時は差別が厳しく アイヌの人はひっそりと
アイヌである事を隠して暮らしていたそうです。

2008年(平成20年)国会で『アイヌ民族を日本の先住民族とする』法案が通ります。

そこで函館アイヌ協会を立ち上げる事になるのですが、
それには 5人のアイヌの人の参加が必要で(本当は2名でも良い)
さらに 明治9年に出来た、改製原戸籍(それまではアイヌには戸籍がなかった)の
提出が必要でした。
ところが今でも 身分を隠して暮らしている方が多くて
アイヌの人を 見つけるのが大変だったと書いていたのがとても印象的でした。

KC4B0109.jpg

関連記事

PageTop

寿司屋のランチ③

今日のお店は函館市桔梗町にある”よいしょ”です。
JR桔梗駅から歩いてすぐ 国道五号線沿いにあります。
寿司屋のランチでは 私の知る限り 好感度抜群のお店です。

KC4B0116.jpg

『いらっしゃい!!』威勢のいい 大将です。

KC4B0119.jpg

お昼のランチは この三種類から
①握りずし ②寿司蕎麦 ③よいしょ丼 ねだんは全部1050円です。
(茶碗蒸しとコーヒー付き)
KC4B0118.jpg

レディースセット
夕方ランチ(5時から6時まで)15食限定1500円
KC4B0120.jpg

夫は握りのセット この量に茶碗蒸しとお吸い物つき(写真下2枚です)
KC4B0121.jpg
KC4B0124.jpg

私は寿司蕎麦セット 蕎麦はお椀に入ってくるのかと思いきや
丼ぶりです。お蕎麦も美味しいです。茶碗蒸しも付きます。
KC4B0123.jpg
KC4B0122.jpg

お腹がいっぱいでコーヒーは飲みませんでした。
函館朝市の丼ぶり横丁の海鮮丼は高くて年金生活者にはちょっと行けませんが
”よいしょ”が安すぎるのでしょうか?
しつこいですが1050円です!卵焼きもフワフワ出汁がきいています。

関連記事

PageTop

鷲ノ巣駅


テレビで来年3月で廃駅になると出ていたので行ってみました。
乗降者数がゼロの日が多くて決まったとの事です。

テレビで見た次の日だったので 先客が6人来ていました。

KC4B0010_2015110613322715a.jpg

駅舎は中が3畳くらいで とても狭いです。

KC4B0015_20151106133230faa.jpg

私達が行った時間が10時50分です。 
上りと下りが10時59分と11時があり
両方の車両を見ることが出来ました。

KC4B0014_20151106133229b18.jpg


KC4B0017_2015110613323291e.jpg


KC4B0018_20151106133250318.jpg

駅までの道です。舗装していなくて 草ぼうぼうです。
周りには民家が一軒もありません。
なんでこんな所に駅があるのか理解不能です。
どうして長い間この状態を、放置していたのか?も知りたいです。

KC4B0019_2015110613325204f.jpg

関連記事

PageTop

函館山ロープウェイ



来年3月の新幹線開通に向けてリニューアルオープンしました。
山麓駅と山頂駅が新しく綺麗に使いやすくなりました。
ラジオ局の”FM いるか”も山麓駅に引っ越して 放送中です。

KC4B0050.jpg

乗り場での人だかりは ほぼ中国の方です。
賑やかな声で話すので『しーっ』と静かにするように
注意をする人がいますが そんなのは ”お構いなし”です。
ロープウェイは125人乗りです。

KC4B0056.jpg


KC4B0076.jpg


KC4B0073.jpg

遠くに 駒ヶ岳が見えます。

KC4B0074.jpg

函館山限定商品を2点紹介します。
老舗洋食店の五島軒の”函館ラムカレー”です。
(買って来て食べましたら 辛口で美味しいです。)

KC4B0068.jpg

函館山ハート伝説ご存知ですか?山頂から夜景を見ると
”ハート”とカタカナの見える所があります。それが見えたら恋愛成就(?)。

ハイ!!見えます(20年前から知っていました)。
これから函館山に登る方は 楽しみにして来てください。

KC4B0067.jpg

江差の老舗羊羹 ”五勝手屋”のラベルがロープウェイ仕様に・・・。
山麓駅の売店にありました。

甘さが上品で和菓子の好きな方には 喜ばれますヨ!
(本当に美味しいです。)

KC4B0077.jpg

こんな看板を発見!!え~~~ソフトクリームが500円?
高すぎます。

KC4B0065.jpg

でも買ってしまう 新しもの好きの私。
①生クリーム25.0%  ②高乳脂肪分 12.5%  
③新発想のコーンがグランドシャー(薄いクッキーの生地)
山麓駅と山頂駅と市内のケーキ屋さん2店舗で売っています。

美味し過ぎて誰かと一緒だと『美味しいね~』とこの喜びを分かち合えますが
隣でお姉さんが二人で食べていたので その子達に声を掛けてしまいました。

美味しい物を食べると みんな幸せな笑顔になります。

KC4B0070.jpg

関連記事

PageTop

冬支度

11月も下旬になると道南地方は一度雪が降ります。
すぐに融けますが この時期は車は冬タイヤに取り替えて置かないと
雪の日の朝は 道路が渋滞になります。
(働いていた時にはよく運転していたと思います。 
車で20分の所でも1時間半は掛かります。遅刻してもしょうがないなぁ~と
許してくれますが 私は朝早く出て 遅刻はしません 給料を貰っているので
社会人としてのプライドです)

近くの家の柿も葉っぱが落ちて寂しそうです。
KC4B0002_2015112115432807c.jpg

我が家の近くの赤松も ”こもまき”が終わっています。
KC4B0001_2015112115432659e.jpg

小学校の体育館です。屋根の雪が落ちては大変なので ロープを張っていました。
KC4B0003_20151121154330223.jpg


KC4B0006_201511211543491fe.jpg

小学校と中学校の通学路です。 金沢の兼六園にはかないませんが・・・。
KC4B0004_2015112115433288a.jpg

ここは我が家から歩いて3分の所にあるJRの駅です。
夏の間は パッチワークの座布団でしたが
冬バージョンになっていました。
暖かそうですね。

KC4B0007_201511211543511bf.jpg

新幹線のポスターです。期待が大きいです。
(誰が何に?って 行政が・・特に地方自治体の方々ですが新幹線が
来るだけで 町が潤うと思っているフシが・・・・。)

KC4B0008_20151121154352a51.jpg

KC4B0009_20151121154354e49.jpg

我が家の窓辺にも バードテーブルを設置しました。
最初は向こう側の木に付けていましたが 吹雪の日にカーテンを開けると
雀さんが20~30羽も隣の屋根の上で待っていました。

こちらもパジャマのまま外に出て餌を置くのが大変でした。
だから この場所は 窓のすぐそばです。
窓を開けると手が届く所に 置きました。
(ものぐさと言われれば それまでですが・・・夫の考える事なので)
KC4B0011_201511211544125e2.jpg

関連記事

PageTop

まるたま小屋

情報誌で見つけて捜したのですが見つけられず 今日は再度挑戦です。
函館山ロープウェイの近くにありました。

KC4B0078.jpg

オーナーさんがマトリョーシカが好きで 店内に沢山置いてあります。
お値段はお安いです。(色々他店も見た感想ですが)

KC4B0079.jpg

このスペースは元は押し入れです。
設計の方も オーナーさんの心意気をくみ取っている店内の様子です。

KC4B0080.jpg

市内の作家さんに作って貰って置いてあります。
マトリョーシカの袋物が沢山 猫の縫いぐるみもありました。

KC4B0081.jpg


KC4B0083.jpg

この窓の下の赤い屋根の家は まるたまスクエア(第二店舗です)。
海も見えます。坂道に沿って小さな家が密集しています。
私この窓がとてもお気に入りです。

KC4B0082.jpg

ロシアのピロシキもここで作っています。

KC4B0084.jpg

ディープな函館の風景かと・・、この坂の両側は民家です。

KC4B0088.jpg

階段を降りて行くと まるたまスクエアに到着します。

KC4B0086.jpg


KC4B0095.jpg

今回の感想なのですが、両店ともにスタッフの方の接客がとても良かったです。
暖かい気持ちがこちらに伝わります。
(函館は接客態度が悪いと一時言われたことがあります。)
一人ひとりの心遣いと オーナーさんの教育かも知れません。

KC4B0090.jpg


KC4B0094.jpg

本日のお土産 三点
シカ肉とポテトのピロシキ(臭みはありませんでした) ひき肉とゆで卵  七飯さんのりんご。
フランスパンよりは柔らかいですが 歯ごたえのある生地で美味しいです。

この次は まるたまスクエアでランチを頂こうと思います。

KC4B0105.jpg

関連記事

PageTop

世界に一冊だけの本・展③

世界に一冊だけの本・展に出している私の本です。
題名は”ドレス”です。
小さい頃の着せ替え人形遊びをした楽しい思い出を本にしました。

KC4B0001_20151022093708d15.jpg

1ページ目です。

KC4B0008_20151022093748a9b.jpg

花の上に黄色い刺繍糸で 刺繍を重ねました。
KC4B0007_20151022093746445.jpg

~右下~
レースを絞ってお花の形にして その上からヨーヨーキルトを付けました。
KC4B0006_20151022093745b1b.jpg


KC4B0005_20151022093713612.jpg

花びらのレースを一つづつ切り離して ハートのレースを付けました。

KC4B0004_201510220937123f3.jpg

来年は札幌でも開催されるそうです。
平成28年4月25日~5月1日 場所は札幌市北区民センターです。

お問い合わせは 北区民センター3F図書室になっています。

関連記事

PageTop

日和坂


”ひよりざか”です。
坂の上から港の風景を一望でき 空模様を良く判断できることから
この名前がつきました。

今日はこの坂の付近を散歩しましょう。
(私はひとり散歩でも ぜんぜん苦になりません 同じ所に共感を覚える人とならOKです)

KC4B0016_20151113174205707.jpg

プレーリーハウスです。
今は”日和茶房(ひわさぼう)”ですが 冬期間お休みでした。

帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの弟子の
田上義也(たのうえよしや)が設計しました。(昭和3年築(1928年))

前に中に入ったことがあるのですが 残念ながら写真を写していませんでした。
詳しくはネットで見て頂ければと思います。

KC4B0031_20151113174337cbe.jpg

函館を舞台にした 映画にも登場していると聞きました。

内部からのガラス窓のデザインがとても素敵でした。

KC4B0030_20151113174303322.jpg

陶芸家 萩原司さんの お店です。

KC4B0033_20151113174340912.jpg

陶芸の作品と云うと ゴツゴツして重いイメージがありますが
洗練されて 使いやすい作品が多いです。

KC4B0036_20151113174516550.jpg


KC4B0035_201511131743449e8.jpg

古いお家ですが お日様がサンサンと入り込んで
気持ちのよい空間です。

KC4B0034_20151113174342109.jpg

本日のお土産です。
軽くて手の中に収まります。

KC4B0108.jpg

(注記)この記事を書いた後で 日和茶房が今季限りで営業を取りやめると
     新聞に出ていました。建物は一億円で売りに出されるそうです。
     函館においでの際には是非見て頂きたいとの想いで載せましたが残念です。

関連記事

PageTop