FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

世界に一冊だけの本・展②

2015年11月19日~26日まで 世界に一冊だけの本・展が開催されています。
函館市地域交流まちづくりセンターです(函館市電十字街電停近く)。
今年も200名 道内・東京 広島県からの出展がありました。

KC4B0001_20151119140938aa5.jpg

第10回記念展のために コミヤシンジさんと云う 芸術家の方が 
本のオブジェを作ってくれました。

KC4B0004_20151119140943188.jpg


KC4B0003_20151119140942ec6.jpg

手前の男性の方は 東京から出品されて
この日のために函館に来たそうです。
細い線で外国の風景を書いていました。
とても素敵な絵なので 画家なのかと思いましたが
建築関係の仕事をされて ”函館奉行所”にも関わったそうです。

KC4B0002_20151119140940086.jpg

こちらは 暇(いとま)さんの作品です。
会場に居たので 本人の了解の上 ブログに載せさせて頂きました。

KC4B0007_20151119141031084.jpg

何気ない日常のひとコマを写真に撮り
コメントを載せていますが 私もこんな写真好きです。
(優しい感じのお嬢さんでした)

KC4B0008_20151119141032ebf.jpg

札幌からこの日のために来た 柴谷さんの作品です。
年齢はかなり高そうです。 お爺さんと暮らした思い出を
鳥から見た視線で制作しています。

KC4B0011_201511191411066fe.jpg


質感が私の携帯からは表現できていません。
木の部分や鳥の部分は 何枚もフェルトを重ねて 縫っています。

KC4B0009_201511191410344f2.jpg

雪が光に反射して光っている材料も日常にある物を利用しました。
このような本を30冊以上作っています(脱帽の一言です)。
お互いに住所交換をしました。
この歳で新しいお友達が出来るとは思いませんでしたが
いつまでも好きな事のお話が尽きることがありませんでした。

KC4B0010_2015111914103626d.jpg

とても恥ずかしいのですが 私の本を熱心に見て下さる方を
密かに後ろから撮影しました。
私の本は 世界に一冊だけの本・展③に・・・。

KC4B0006_201511191410313ed.jpg

関連記事

PageTop

歴風会の事

『函館の歴史的風土を守る会』が正式な名称です。1978年に発足しました

KC4B0021_20151113174230ddb.jpg

”旧北海道庁函館市庁舎”この建物が 札幌にある北海道開拓の村に移転する予定でした。
1977年に 田尻さんと云う主婦の方が
『その歴史と共に歩んだ土地においてこそ その建物の値打ちがある』との意見を
新聞に投稿します。これがきっかけで歴史のある建物を守って行こう・・・そこで歴風会なんです。

工事中です。
今は観光案内所と写真歴史資料館になっています。

KC4B0026_20151113174257be1.jpg

書籍庫です。

KC4B0020_201511131742116f4.jpg


1854年ペリー艦隊の従軍カメラマン ブラウンが
松前藩家老 松前勘解由を写した写真が
日本最古とされています。
その 銀板写真の複製が展示されています。

KC4B0024_2015111317423533d.jpg

私のブログにも写真の上手な方が訪問してくださいますが
写すのが好きなのと、古いカメラを好きなのは別なのでしょうか?
古いカメラが た~~くさんあります。

KC4B0023_2015111317423396d.jpg

当時の函館市民は写真の存在を知らなかったので
”良く写る鏡”とか”魔術”と呼んで 恐れたといいます。

KC4B0022_2015111317423220d.jpg

関連記事

PageTop

図書室


歩いて5分の所に コミュニティセンターがあります。
町民は”コモン”と呼んでいます。
(英語で公共の集う場所からとったそうです)
中は体育館や調理室や大小の会議室等があります。
平日はジャズダンスやカラオケのサークル活動が盛んです。

カラオケに来ているおばあちゃんが声を出すとストレス解消になり
健康にも良いと言っていました。
年を取ってみんなで一緒に何かをするのは 生きがいにもなるし
外に出かけるのが良いですね。

KC4B0005_201510221030003c8.jpg

図書室です。窓側には絨毯が敷いて 子供に絵本を読んでいる親子連れもいます。
新刊だとコモンの方が速く借りられます。
函館図書館だと手に取るまで何か月も待つ事が多いです。

KC4B0006_201510221030007cd.jpg

ロビーです。贅沢な広さです。

KC4B0007_2015102210300289b.jpg

壁の作品です。見上げたのですが作者が分かりませんでした。

KC4B0008_2015102210302373a.jpg

ここはコモンの近くにある 中二の孫の中学校です。
高台にあるので 大野平野が一望できます。
お天気が良いと 青森県が見えますよ!

KC4B0009_2015102210302515f.jpg

近くにある保育園の散歩風景です。
元気な声で 挨拶をしてくれて 最初の子どもが
ハイタッチしたら 後に続く子供達もしました。
私の散歩に出る時間と 子供たちの散歩の時間が
ほぼ一緒です。
日本は少子化ですが 散歩道は子供たちの歓声が聞こえて
幸せです。

KC4B0003_20151022102957f3a.jpg



関連記事

PageTop

手づくりまつり


毎年この時期に 作家さんの”手づくりまつり”が 市内のデパートで開催されています。
約40人の作家さんが 2部に分けて お店を出しています。
函館市内でパッチワーク教室をしている 『夢キルトフレンド』の中津さんにお邪魔しました。
古くからの知り合いです。彼女のそばにいるだけで 安心感があります。
教室の先生は教えるだけでなく 生徒を褒めるのもお仕事(?)かと・・。
 
褒め上手です。そんな所も彼女が好きな理由かも。

KC4B0007_20151027093117634.jpg

布が沢山あっても買ってしまいます。
一枚200円位なので お手軽なんですね。

パッチが好きなお友達と行ったので半分にして買ったのもあります。
(手前のは友達からのプレゼントです。)
新しい布の 模様の出し方を先生に聞きながら購入します。

創作意欲が湧きます。

KC4B0017_20151027120056a5a.jpg

今日のランチは ”四季 花菜” 和食のお店です。

KC4B0001_20151027093106ba3.jpg

昼のおすすめセットの 日替りわくわくセット を注文。

写真からはみ出していますが 下はお刺身 右上は陶板焼き
コーヒーはお代わり自由 午後2時半までなので ゆっくりご飯を食べました。
この日は数室ある小上がりが満席で やはり女性客が占めていました。

KC4B0002_2015102709353432e.jpg

関連記事

PageTop

Non・no

隠れ家的なお店です。
情報誌にも載せていません。
一人でやっているので沢山の人が来ても手が回らないそうです。
今回は 夫と10歳の孫でお邪魔しました。ワクワクです!!

KC4B0006_20151025190438d57.jpg

場所は谷地頭温泉のすぐそばです。
今年のNHKの”ブラタモリ”でも 谷地頭(やちがしら)地区を放送していました。

KC4B0014_20151025190022be5.jpg

軽食は3種類です。
ナポリタン サラダ コーヒー(孫はココア)つき800円を注文。
ナポリタンは美味しいです。孫が美味しいのでまた行きたいと言っています。

KC4B0013_201510251900206e2.jpg

塩分少な目で 私達の口に合います。

KC4B0018_20151025190050386.jpg

お友達の家にお邪魔している感じです。
(こんな上品なお宅の、お友達はおりませんが・・・)

KC4B0012_20151025190019ed7.jpg

二階の窓からは左が函館山が 右は遠くに湯の川温泉街が見えます。

KC4B0011_20151025190017338.jpg

ここから下の四枚の写真は 作家さんからの委託で置いてあります。

KC4B0015_20151025190046bad.jpg

KC4B0010_201510251900169fe.jpg


KC4B0016_20151025190047731.jpg

↓ここに布が・・・
KC4B0017_20151025190048a3d.jpg

この絵は”はがき絵”です。
下手でも味があると言われる 絵手紙とは違います。
コーヒーを飲みながら 絵も教えてくれるそうです。
(この次は孫と教えて貰いたいと思っています)

KC4B0020_20151025190119edb.jpg

はし袋もオーナーの石井さんの手作りです。
函館出身の奥様はご主人と横浜から定年後に移り住みました。
人が集まるお店を作りたいと来たのですが 残念な事に
ご主人が亡くなって奥様が一人でやっています。

KC4B0038_20151025190234027.jpg

布が大好きな私 今日の戦利品です。

こちらのお店を知ったのは 今年の”函館バル街”でたまたま お隣に座って
お喋りした方が 石井さんでした。
孫がこの話をママに教えたら
『おばあちゃんは誰にでもフレンドリーだからね~』と言ったそうです。
でもね~~感じの良い人で 人柄を見てからお喋りしてますが~~(笑)。

KC4B0039_20151025190235580.jpg


関連記事

PageTop

人は死なない


本の題名に惹かれて借りてきました。
副題は ”ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索” となっています。

KC4B0002_20151112113254ea7.jpg

私達は急に体の具合が悪くなったり 事故で 救急車のお世話になります。
頭の中では お医者さんにかかると 良くなる方向に向かうのではないかと
期待(?)と云うか 病院に対して信頼している部分があると思います。

筆者 矢作直樹医師は そんな救急医療の最先端にいました。

重篤な状態で運ばれて来た患者(医者でも手を尽くしたがダメかもと思う患者)でも
良い方向で退院する人もいる一方で
大丈夫だと思っている患者さんが”細菌感染症”で容態が急変して 
あっけなく亡くなる人もいる。

この生と死の間にあるものを 彼が研究してゆくと
科学と自然科学、宗教 スピリチュアルリズム(霊)まで 思索が行きつきます。

ある時 飛び降り自殺の女性患者が運ばれて来ます。
一命を取り止めます。 後日談ですが 彼女の中に誰か違う人が入り込んできて
飛び降りた瞬間に自分に戻ったと言いました。それまでは金縛りがひどくて
女の人に『貴女の体を借りたい』と言われたそうです。

現代では説明できない事柄が沢山あります。
それでも 矢作医師は 『人の一生は 寿命の長短や 
なぜ生まれながらに障害を負ってきたのだろうとか
善良に生きているのになぜつらい目に会うのだろうと 
この世で思うかも知れないが 我々の人生は死後も続いて
悠久の生の中で折り合いがつくようになっていると』言います。

生命は私達が考えるほど単純ではない事 医療で出来る事はごく限られている事
自分の命を自分自身でいたわって欲しいとの願いから執筆したそうです。
表題にあるように”摂理と霊性をめぐる思索”ですので 読んだ人が感じとる本でした。
(私は興味深く読ませて頂きました。)

散歩道から 小学校のグラウンドで授業をしています。
KC4B0034_20151106133345da3.jpg

小学校の100年を生きている銀杏も葉っぱを落としていました。

KC4B0039_20151106133401890.jpg

中学校の生け垣です。手入れが行き届いています。

KC4B0005_20151112113259f8c.jpg

関連記事

PageTop

あさが来た②

10月25日で”あさが来た”で作り始めた キルトが完成しました。
性格がマイペースなので この他の作品にも手を付けています。

フルタイムで働いていた時の方が 断然完成が速かったです。
時間が沢山あると 案外遅くなりますね。
(花の中心の黄色い所にピーズを付けたのに全然見えません)
ドラマも面白くなってきて、これからの展開が楽しみです。

KC4B0001_2015110710543384c.jpg

あさが来たのイラストを描いているのは 藤枝リュウジさんです。
にんじん ごぼう だいこんの本は
孫にも何回も読み聞かせをしました。

絵がユーモアに満ちています。

KC4B0002_20151107105435c59.jpg


あるひ にんじん ごぼう だいこんさんが お風呂に入りました。
最初は にんじんさんから 1・2・3・・・・・10まで数えましたが
お湯が熱くて にんじんさんは真っ赤になって飛び出しました。

仕掛け絵本をめくると 子供は目を輝かせます。

KC4B0003_20151107105436268.jpg

次は ごぼうさんですが 
ごぼうさんも熱くてすぐに飛び出してしまいます。

KC4B0004_2015110710545366f.jpg

最後はだいこんさんですが お湯が熱いので水でうめて 
ちょうど良いお湯加減にします。

丁寧に体を洗って ザバーン!
誰でも知っているこの絵本ですね!

最後の小さな字で 中国地方に伝わる民話をもとに 幼い子供向けに
分かりやすく構成したと書かれていました。

何度も読んだのに、この説明は見落としていました。

KC4B0005_20151107105454ad1.jpg

関連記事

PageTop

ガラスの容器

ガラス瓶が好きです。理由はきっと中身が見えるのが好きなのかも知れません。
紅茶のビン ドレッシングのビン 形によっては買いますが
そう多くはありません。(ゴミになるのが怖いので)
変わり玉の飴のビンは 紅茶が入っていました。

KC4B0010_2015110112354015d.jpg

匂いが強い食品をタッパーに入れると 容器ごと臭くなるので
今回ガラスの容器に ニンニクを入れました。

ところが蓋の部分に臭いが付いて
食器棚を開ける度にニンニクの臭いがします。
それで蓋を捨てる事にしました。
残ったガラスの容器の使い方を 考えました。

100円ショップで買った メラニンスポンジ(?)を一つ。

KC4B0012_201511011235441d8.jpg

リボンは好きなので 頂き物等に付いていると 取っておきます。
レースのドイリーは半分に切って入れました。

バラは家にあったものを 短く切ります。
花とビンの境の所は 葉っぱで隠した方が良いと思います。
(假屋崎省吾先生がTBS"プレバト”の番組でいつも言っています)

KC4B0013_201511011235454cb.jpg

高さは13センチしかありませんが 台所の窓辺に飾りました。

KC4B0015_2015110113031963f.jpg

寒くなったのでリカちゃん達もコート姿に。
とても小さい服なので襟の部分と 袖を付けるのが難儀。
大人の服作りとは 縫う順番が違います。

KC4B0014_20151101123547a4d.jpg

関連記事

PageTop

寿司屋のランチ②


七飯町本町にある”奴寿司”です。私の叔母さんに教えて貰いました。
カウンター席も入れて約20席です。
いつもお昼時は満席になります。

KC4B0021_2015102122321865f.jpg

ランチメニューは 握り・海鮮丼・ステーキ・かき揚げ・週替わりの5つから選べます。
海鮮丼もかなり豪華ですが いつも握りずしのセット(1200円です)を頼みます。

KC4B0023_20151021223251be6.jpg

夫の手が見えるその先の方がここの大将です。若い方です。

KC4B0025_20151021223316906.jpg

写真だけ見ると これだけ?

KC4B0026_20151021223318150.jpg

イエイエ人気店の訳があります。茶碗蒸し・揚げ出し豆腐・汁物も付いて・・・。

KC4B0027_20151021223319f90.jpg

最後はデザートのアイスがつきます。
全部食べると お腹がいっぱいになります。

KC4B0028_20151021223459f90.jpg

国道五号線沿いにあります。
ドライブの途中にどうぞ!

1001_20151022091232003.jpg

関連記事

PageTop

絵本 さるのせんせいとへびのかんごふさん


動物村に新しく病院が出来ました。
お医者さんはサルの先生 看護婦さんはヘビの看護婦さんです。

KC4B0009_201510091113498d8.jpg

患者さんが来る前に薬を作る 準備があります。
珍しい草や根っこを ヘビの看護婦さんに食べさせます。
次に水を沢山飲ませて 看護婦さんを良く振って
薬の容器に移すのです・・・・が。

作者の穂高順也さん このストーリーをよく考えましたネ!

KC4B0025_20151009111513589.jpg

今日最初の患者さんは キツネです。
寒気がしてブルブルふるえています。

ところが薬をヘビの看護婦さんに飲ませてしまうのですが
キツネがあれれ?と思っていると・・・・。

 KC4B0001_20151011103244909.jpg

ガブリ!いきなりヘビの看護婦さんは キツネにかみつきました。
キツネはビックリして飛び上がりワアワアとしばらく騒いでいますが
ようやく噛みつくのを止めて 『注射の後はしばらく揉んでね』と 優しく言います。

キツネさんは『ワアワア』騒ぎますが
孫は大爆笑しました。何度読んでも この場面は笑えます。

KC4B0002_20151011103246f4c.jpg

鼻づまりのゾウさんがやってきました。

KC4B0032_20151009111618c1d.jpg

サルの先生は鼻の通りを良くするために 掃除をする事に・・。
ヘビの看護婦さんは背筋をピンとのばします。
良し行くぞ!!  
ゾウの鼻をめがけて突進!!

KC4B0033_20151009111620c84.jpg

えいっ!やあ! どうだっ!
ゾウさんは鼻がくすぐったくなり~~~

KC4B0034_201510091116211bf.jpg

はくしょ~んとくしゃみをしました。
これでスッキリとして ゾウさんは帰りました。

新井良二さんの絵はユーモアに溢れていますネ。
絵本は子供の物だけでなく 時々大人にも おすすめです。

KC4B0001_20151011103834aef.jpg

ある日ヘビの看護婦さんが”前からお医者さんになってみたい”と希望があり
先生と看護婦さんが交換する
”へびのせんせいとさるのかんごふさん”もあります。

サルの看護婦さんは 失敗ばかりします。
こちらの失敗も笑えます。

関連記事

PageTop