はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

この夏の洗濯事情

秋晴れの良いお天気なので 夏物を洗濯しました。
でも外には干せません。

7月頃から 体が痒くなり 皮膚科で診て貰ったら 毒蛾でした。
蛾が外を飛ぶと ”毒針毛”が 洗濯物に 付着するとの事。
その服を 来年に着ると また痒みが起こるそうです。

家中の 外干しした物 シーツや掛け布団カバーの大物も 全部洗濯し直しました。
(網戸も モチロンです)
新聞では 毒蛾が大発生している記事は 読んでいたのですが
函館市 北斗市の地域だとばかり 思っていました。
まさか我が家にまでと思いませんよ~。

散歩していたら 小学1年 3年 5年生が 楽しそうに ”花壇”を作って遊んでいました。
とても素敵なので 写真を写させて貰いました。

007


009



009

関連記事

PageTop

マッサン(NHK連ドラ)の衣装から

こんにちは!
テレビを見ていていると沢山の情報が目に入ってきます。
日曜美術館で(2014年12月)バルティスを放映していました。 
最後にスイスのアトリエが映ったのですが、椅子に掛けられた
”ひざ掛け”が 目に飛び込んできました。
録画の画面を止めて スケッチしました。
こんな雰囲気でした。


KC4B0021_20150918072323406.jpg



マッサンのドラマの時は エリーさんの洋服を見るのが 毎日とても楽しみでした。
ある時 グリーンと茶色の組み合わせの洋服でした。
配色のヒントにして バックを作りました(左です)。



001




関連記事

PageTop

キルトの魔法 赤の力

こんにちは!
朝夕涼しくなりましたね。
散歩をしていても ”汗だく”になりません。風も心地よく感じます。

写真のベットカバーには 93 NOV の刺繍が入っています。
これは  1990~1993年の 3年がかりで 制作しました。
我が家は一人息子で 赤色とは無縁なので 友人 知人などにも 声を掛けて
洋裁の残り布 友人のお嬢さんのブラウス等を頂きました。
(モチロン買った布もあります)

その頃は 病気の夫の 体調が良くなくて 入退院を繰り返していて
明るい性格の私でさえ 気持ちが落ち込みました。

神さまからの インスピレーション(?)か 急に 赤系のベットカバーを作ろうと思い立ちました。
(注記・特定の宗教は有りません。)

ひたすら 仕事の合間に チクチクと縫いました。
赤色の抽象的なイメージは 熱い 情熱的 強い 活動的 派手 がありますが
毎日 赤の色を見ていたので 私の体の中に 何か力が入って来たのでしょうか?

吹っ切れた気がしました。。 

ベットカバーを掛けて寝ると とても幸せな気持ちになりました。

015.jpg

関連記事

PageTop

わたしの孫物語

ある日の事でした。
次女の孫が 声をひそめて 私に言うのです。
『ねえ~おばあちゃ~ん。お城から招待状が来たら着てゆくドレスがないの~』
毎日 シンデレラ姫のDVDを見ていて 本気で思っていたみたいです。
まだ4歳ですから。
 
女の子だから み~んなお人形遊びが好きとは 限りません。
長女は全然興味が無かったです。

030

今 中学2年の長女の孫が2歳の頃には、転勤で苫小牧に住んでしました。
その時 豊川図書室にいた方が お孫さんがいる方で いろんな絵本のアドバイスをして下さいました。
200~300冊は 借りました。
孫が気に入った絵本は アマゾンで注文をしました。

そのお蔭か 国語が得意です。 そして本を読むのがとても好きです。
その逸話として 小学校5年生の時 中休み(少し休み時間が長い)が終わって3時間目の授業が始まった時に
孫の姿が見えなくて 先生が皆に聞いたら『図書室じゃないの~』との事で
先生が行ったら 一心に本の世界に居たそうです。

幼稚園バックは4枚作りましたが その一枚です。 絵本から型紙を起こしました。
釣堀の魚は お嫁さんのリクエストです。


026



034


関連記事

PageTop

読書 孫物語(椎名誠)

019
こんにちは!
私の好きな作家のひとりに 椎名誠さんがいます。
世界中の とくに辺鄙と呼ばれている所を旅しています。
椎名さんの目で その国を感じ 食べていて、 文章を読んでいると
こちらまでその食べ物の匂いを感じます。
(時には読んでいて 『ウエッ』と 戻しそうな時もありますが・・・。)

ある時 椎名さんの家に モンゴルの遊牧民の一族の留学生を 泊めた時の話です。
奥様がお花が好きで 各部屋に花を飾っているのを見て ”どうして花を飾るのか?”との質問を受けるのです。
 
遊牧民は家畜をとっても大切にしています。美味しい草を食べさせて 大きくさせて
それが 彼らの私有財産になるのだそうです。

モンゴルの6~7月は いたる所 花畑になるのだが
それは遊牧民がいちばん苛々する時期なのだそうです。

~また他のページでは~

若い頃 東南アジアを旅していた時 ”洗面器ごはん(という呼称があるそうです。)”で
 一つの入れ物に入っているご飯を 家族全員で、手で食べている風景をみます。
その時は”とても貧しい風景”に見えたそうです。

家族で食べ物を囲んで 会話をしながら食事をする それはとても幸せな ”家族の風景”だと気がつくまで
10年もかかったと書いています。

椎名誠の本から 幸福の基準が 国により違うのと 私の個人としての基準を
いつも問い掛けられている気がします。

029

関連記事

PageTop

ピンクスの布

こんにちは!
数年前に お嫁さんのお友達が小物を作っていて とっても可愛い布を使っていました。
それが今回紹介する ピンクスの布です。
住所は 大阪市福島区福島3-1-39 メリヤス会館203です。

ネットで何回か購入していますが 大人可愛いをコンセプトに
オーナーの那谷千穂さんが デザインをしています。

メリヤスって漢字で書くと ”莫大小”って書くんですよー。
2年前に瀬戸内海と四国を観光した時に 伊丹空港からの便だったので
メリヤス会館に寄ってみました。昭和4年に出来た 古くて素敵な建物でした。

お店の中は 布 ボタン レース リボン 可愛い雑貨と何時間居ても 飽きないカラフルな空間でしたが、
駐車場で 夫が待っているので そうも行きません!

その時 お店で展示していた ”ドレス”のパターンで作りました。
これを作っていた時に 高校の同級生が2人遊びに来ていて
『見た目はおばさんだけど 気持ちは乙女だねー』と言われました。
作品作りには ワクワク ドキドキする気持ちが大事なんです!

KC4B0019_20150918072425b64.jpg


マトリョーシカの洋服は ピンクスの布です

KC4B0020.jpg


マリアちゃんの着物はピンクスの布です。 帯はヴィンテージ・ファブリックです。

004
 
最初にリカちゃんが来て 孫が友達がいた方が楽しいと言って さくらちゃんが来ました。
3人目がマリアちゃんですが 身長が少し大きいので マリアちゃん用の洋服も後から
作りました。 もう4年生なので 卒業しました。
rget="_blank">032

関連記事

PageTop

私の散歩道(町内編)

こんにちは!
50歳で仕事を辞めてから散歩を 始めました。
疲れていないので 夜の寝つきが悪かったのです。
それに 趣味がパッチワークなので 肩こり解消にと 思いまして。
 
我が家から 山の方に向かって(横津岳)歩いて行くと
 函館山や 天気の良い日は 津軽半島や下北半島が見えます。
大野平野が一望出来て 新幹線の線路(架橋?)が 
平野の真ん中を 突っ切っています。
来年の3月の開業が 楽しみです。

野菜の販売所が 散歩道に 5~6か所あります。
こないだの美味しかったよ~と話しかけたりしています。 
農家のおばさんが お客さんから食べ方を教えて貰う事もあるそうです。

002


先日も買った とうもろこしが一袋3本で100円の所です。
取れたてなので どの野菜も美味しいです。左下にお花の束が見えますが
七飯町は 花卉の栽培も盛んです。

005

函館山です。
手前は 長葱畑です。今収穫真っ盛りで 長ネギの香りがしています。 パートさんが5人いました。
その向こうに見える5棟の 白っぽい建物は ミニバラのハウスです。

006

関連記事

PageTop

孫へのベットカバー

こんにちは!
朝夕涼しくなりました(今 午前の9時半で 20度)。
 
これまで 16枚のベットカバーを作りましたが さすがに最初の頃作ったものは
ボロボロになり 写真を撮って処分しました。

中学2年の孫が使っています。

KC4B0004_20150918092700eb5.jpg


こちらは小学4年生が使っています。

KC4B0003_201509180926595ea.jpg



長くパッチワークをしていますので 布も溜り過ぎて
初期の頃は 地味系が好きでしたが 今は明るい色が好きになりました。
一生かかっても 使い切れないので 去年 福祉施設で使ってくれるとの事で
取りに来て貰いました。


関連記事

PageTop

お掃除大好き!

お掃除が好きです。 整理整頓も好きです。 
断捨離が流行る前から 我が家には不必要な物を 置かないようにしていました。

掃除機が壊れて 新しい掃除機を買いに 行きました。
そこで”ルンバ”に出会いました。

どんなに丁寧に掃除機をかけても 隅っこまでは 手が届きません。
ルンバは黙々と掃除をしてくれます。
最初の感動を忘れません。ピカ~~ンと家の中がしていました。

絨毯もぺったんこだったのが 毛足が立って 素足で歩くと その感触の良さに 驚きました。
20畳ほどのリビングが 1時間で綺麗になります。
汚れ具合では もっと時間が 短い時があります。

売り場で 進めてくれた メーカーの 女性の方が 名前を 付けて可愛がりたいと
言っておりましたが 私もどんな名前にするか 真剣に考え中です。

KC4B0004_20150926091629bba.jpg

関連記事

PageTop

汽車と電車(私見)

こんにちは!
私達の年代(1952生まれ)は 高校の通学は 汽車(蒸気機関車)でした。
その流れで 汽車と言えば JR
電車と言えば 函館の路面電車でした。

本州の人に説明する時は 市電と言った方が 分かって貰えます。
汽車の先頭車両に乗ると 煙が客車まで入ってきて 真っ白いセーラー服(夏服)に
黒い油煙が付きました。 汽車の煙の匂いは嫌いではありませんでした。

今は車社会です。
息子夫婦は お嫁さんも 車を持っているので
孫とのお出掛けに汽車に乗るのを とても喜びます。
券売機で切符を買ったりするのが 楽しそうです。

それで 今日の写真ですが
リカちゃんとサクラちゃんを連れてのお出掛けです。
五稜郭駅で写しました。

KC4B0009_20150926091652c4f.jpg

関連記事

PageTop