FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

あんバタサン

最近のおやつのコマーシャルで「あんバタサン」が流れています。
帯広にある「柳月」のお菓子ですが 賞味期限の関係なのか
函館では売っていません。
札幌への旅行のついでに買ってきました。

8/9のNHKの朝ドラでは 雪月の新しいお菓子「おばた餡サンド」が
出ていましたが ドラマが始まる前にNHKの取材を受けていたそうです。

「あんバタサン」は2018年の夏に販売されました。
外側のサブレが「サクサク」として美味しいし 
少し時間を置くとその部分が「しっとり」としてきて
また違う美味しさを感じることが出来ます。
CIMG6905.jpg


同じく「柳月」の「酪農みるく バターケーキ」
大丸札幌の柳月に買いに行ったら 
運が良い(?)ことに最後の一個でした(笑)。
CIMG6902.jpg

CIMG6903.jpg

私が子供の頃の「クリスマスケーキ」は バタークリームのケーキでしたが
その時の味を思い出しました。
ミルクバタークリームに「練乳」をブレンドしていて 懐かしい味でした。
CIMG6904.jpg

PageTop

自分へのご褒美


夏用の服に合いそうな シンプルなアクセサリーを購入しました。
リンク「mauloa beads works」の
mauloaさんはビーズアクセサリーの作家さんです。

写真右上の「ドングリ」のネックレスがお気に入りだったのですが
すぐに完売して 少ししてから再販していました。

その下は「水晶のクロッシェ編み」のネックレスと
「ブレスレット」はおまけです。
(mauloaさん有難うございます!!。)
CIMG6613.jpg

私の服にはイメージ通りでした。
「ドングリ」はビンテージのスワロフスキーのクリスタルネックレスで
幸運のお守りとして有名だそうです。
CIMG6618.jpg

紺色のブラウスにも合います。
CIMG6617.jpg

水晶のクロッシェ編みは 魔よけのパワーが強力で
ポジティブな気持ちへ導いてくれるそうです。
この二つのネックレスで 今年の夏は「怖いものなし」の私ですね(笑)。
CIMG6615.jpg

CIMG6621.jpg

タートルネックにはアジャスターで5センチ長くなって丁度よいバランスです。
CIMG6622.jpg

何よりも気に入ったのが この「留め金」です。
絶対外れることがありませんね!
CIMG6624.jpg
mauloaさんの作品は「ミンネ」で販売しています。
ぜひ覗いて見て下さいね。

PageTop

三方六 濃い白 小割

帯広市にある 株)柳月の 三方六の冬季限定だった「濃い白 小割」が
リニューアルとの事で買ってみました。
CIMG6596.jpg

真っ白いバームクーヘンです。
上部にはザラメを掛けていて 最初の口当たりが「シャリシャリ」とします。
今までにない食感です。
CIMG6597.jpg

その後にバターとミルクの美味しさが 口中に広がります。
「小割」とは薪に見立ているので この「のこぎり」が付いています。
遊び心が満載ですね。
CIMG6598.jpg

一個が大きくて 食べ応えがあります。
同じくらいのお値段の「白い恋人」よりもお買い得感を感じました。
今までにない様な 美味しいお菓子でした!!
CIMG6599.jpg

PageTop

グリーンブック

CIMG6363.jpg
 
久し振りに「心温まる映画」を見ました。
時代は1962年。
イタリア系のトニーは 黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーにスカウトされて
南部で行うコンサートの旅に出かけます。
グリーンブックとは「黒人用の旅行ガイド」でこの時代 
黒人差別が普通のアメリカでは 白人と同じ所には泊まれませんでした。

行く先々でドクター・シャーリーの演奏は「称賛」を浴びますが
それは演奏会の時だけです。

彼の控室は「物置」の様な所で
トイレは外にある「汚い小屋」でした。

黒人が嫌いなトニーは 少しずつドクター・シャーリーの才能と人柄に
惹かれていきます。
ひどい黒人差別を受けても ドクター・シャーリーは暴力を認めません。

エンドロールでは このお話が実話だと流れますが
「心温まる」なんて言っている場合の映画ではありませんでした。

PageTop

靴を新調しました。
いつも歩くのに「スニーカー」タイプが多いので 
スカートにもパンツにも合いそうでシンプルなデザインが気に入りました。
ところが昭和の子供の「夫」は
一言「黒しかなかったの?男の靴みたい」だってさ。
私たちの子供時代はランドセルは「男は黒」「女は赤」でしたね。
(平成の子は 女の子のランドセルの色の人気は茶色です)
CIMG6415.jpg

寒い日に私のパッチワーク部屋に集まった子供たちの靴は
夫「賑やかな色の靴だねぇ~」
CIMG6258.jpg

みんな揃ってパソコンを見たり 個別にゲームをしたりと 
遊び方が昭和の子供とは違います。
(おやつ持参は当たり前)
CIMG6257.jpg

近くに住む私の同級生の家も子供たちが来るそうです。
親御さんも働いている方が多いので 誰もいない家では遊ばせません。
(平成の子供は塾や部活で忙しいので みんなで遊べるのはたま~にです)
いつもジジババの静かな家が 賑やかになるのは嬉しいです。
CIMG6180.jpg
靴の件ですが平成生まれの孫は「いいんじゃない」と言ってくれました。

PageTop