はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

リンゴの季節


毎日の散歩、季節ごとに目を楽しませてくれる風景があります。
七飯町は西洋リンゴ発祥の地です。
国道五号線から 一本山側にある道が旧国道と呼ばれています。
この道沿いに果樹園が密集している フルーツロードがあります。

CIMG3279.jpg

緑色の葉っぱから見える「赤いリンゴ」のコントラスト。
CIMG3284.jpg

CIMG3286.jpg

美味しそうでしょ?
CIMG3273.jpg

形が悪いものや 枝に擦れて「傷」がついたリンゴを
とても安く家の前で売っています。
CIMG3275.jpg

わけ有りはもう売り切れです。
(これは小さくて形がいびつですが 私はジャム用にしています)
中くらいのリンゴは4~5個で200円。
CIMG3276.jpg


CIMG3277.jpg

こちらは少し大きめで2~3個で100円です。
果樹園によって 出しているリンゴの種類が違っていて
ここでは、早生ふじ・ひめかみ・ときが出ています。
少し酸味があって甘いだけのリンゴとは一味違う「ひめかみ」は
町内でも栽培量が少ないです。

CIMG3278.jpg

収穫が終わった畑は来年に向けての準備をしています。
マリーゴールドは防虫効果があります。
CIMG3290.jpg


農薬を極力使わない 有機農法をしています。
遠くには函館山 津軽海峡が見えます。
CIMG3291.jpg
散歩に出るときには 小銭と袋をポケットに入れて出かけます。

PageTop

村祭り


毎年9月4日~5日に、近くの神社のお祭りがあります。
小さな神社ですが 地域の人々のお世話で毎年盛大に続いています。
CIMG2920.jpg

神社の祠の記録から、この地には440年前から人が住んでいます。
CIMG2926.jpg

20件以上の屋台が出ています。
函館(?)の人は 焼き鳥と言ったら「豚肉」です。
CIMG2925.jpg

CIMG2928.jpg

面倒くさがりの夫を引っ張って(人混みが嫌いらしい)
神社にお参りの後 「おでん」「焼き鳥」「生ビール」です。
おでんは、こんにゃくの味噌おでん 豚肉の焼き鳥は「塩味」と「たれ」があります。

CIMG2929.jpg

射的や
CIMG2931.jpg

途中出会ったワンちゃんが可愛いので写真をお願いしました。
本当は飼い主さんのお姉さんが美人だったのですが
「個人情報」がありますので・・・・残念です(笑)。
CIMG2933.jpg

CIMG2924.jpg

夕方からは町内を練り歩く踊りのパレードがありました。
CIMG2935.jpg

5か所の「子供会」も参加してくれました。
お揃いのはっぴ姿です。
CIMG2945.jpg

「よさこいソーラン踊り」は踊りの練習の成果が出ていて可愛かったです。
CIMG2940_201709061320228bf.jpg
=お知らせ=
9月15日まで留守にします。
コメントのお返事が遅れることをお詫び申し上げます

PageTop

春耕

函館平野は三方を山に囲まれています。
今週の気温は11~14度位で、まだまだ暖かいとは言えない毎日です。
農家さんも3月上旬に 融雪剤を撒いて
今は種まきをした畑に ビニールのトンネルをかける作業に入っています。。
CIMG1926.jpg

右端の山は 横津岳連峰です。
こちらの挨拶で『毎日寒いねぇ~ 横津の山の雪が消えるまでは無理だね~』
ゴールデンウィークが過ぎた頃(桜が散った頃)に 山の雪が消えます。
(そうなるとジャケットも薄手なものになります。)
CIMG1925.jpg

散歩道を少し山側に歩いてゆくと
函館平野には沢山のビニールのトンネルが見えて
風に揺れて キラキラ光って見える風景が広がっていて奇麗なんですよ。
観光地にはない美しい風景です。
                        (これは 北斗市大野町方面の山々です)
CIMG1929.jpg

散歩道の桜の木 まだまだ蕾が硬いです。
CIMG1910.jpg

3月の下旬から 夫は入院・手術をして ようやく三週間振りで家に帰る事ができました。
退院後のリハビリの為、 私も毎日病院に行き看護士さんの指導を受けたました。
(男性の看護士さんも大勢いて テキパキとお仕事をされてたのが印象的でした。)

気ぜわしく過ぎていた毎日 今日の散歩道で見つけたこの花で
気持ちが癒されました。 
CIMG1911.jpg

PageTop

板そば 序葉久

私の散歩道に 明治時代の建物 100年が経つ古民家があります。
CIMG1347.jpg

もともとは池田さんが住んでいました。
”板そば 池田や 序葉久(じょはきゅう)”です。
函館元町の大三坂にある お蕎麦屋”久留葉(くるは)”の二号店です。
(久留葉も古民家をリニューアルしています)
CIMG1348.jpg

店内の雰囲気です。
CIMG1349.jpg

CIMG1350.jpg

よその家の茶の間でお蕎麦を頂きます。
CIMG1351.jpg

私の育った家は お金持ちでは無かったので・・・
この様な豪邸ではありませんでしたが・・。
なんか懐かしい雰囲気の家です。
CIMG1352.jpg

CIMG1353.jpg

”板そば”は山形の一部の農村のお蕎麦で 板の上に乗せて食べたそうです。

黒いお蕎麦です。北海道産の蕎麦を 店内の石うすで自家製粉しています。
つなぎなしの 十割蕎麦です。この量は1.5人分(これがこの店の普通の量です)。
CIMG1356.jpg

本日は天ざるにしました。
”十割そば”は 歯ごたえが重い感じですが、つるんとして食べ易かったです。
CIMG1357.jpg

この次はこのメニューにします。
一人前の蕎麦と 鶏めし 天ぷら 小鉢 これで980円です。
初夏からは 二八のお蕎麦を出しています。
お蕎麦が好きな方にお勧めします。
美味しかったです!!ご馳走様でした。
CIMG1358.jpg

PageTop

初詣

お正月の気温がプラス4度位で 暖かいと感じます。
近くの神社へ初詣。
440年前から村人を守ってくれている神社です。
CIMG1435.jpg

この日は二日なので人が少ないです。
CIMG1438.jpg

神社の狛犬さん ”阿(あ)”。
CIMG1443.jpg

こちらは”吽(うん)”口を閉じているので・・・。
台に乗っていて 私の背よりも高いので よ~くお顔が見えません。
CIMG1442.jpg

神社の中では 右ではおみくじやお札を売っていました。
左では”お神酒”が振舞われていました。
私よりも年上のお兄様が お神酒を進めてくれます・・・。
『はい!喜んで(とは言いませんが)』二人のお兄様が
一人は盃を もう一人が紙コップに同時に手をかけました。
私は 大酒飲みには 紙コップかな?と、一瞬 思って・・・・。
(どっちに手を出したら良いか?・・ですよね~)
そうしたら紙コップは”甘酒用”でした!!
(後ろのストーブの上に 鍋が掛かっていたのが見えなかったの)

でもねぇ~~紙コップのお兄様が『奥さんは飲める口かい?』だってさ!!
『あんたが思わせ振りにするからだよ~~~』とは、言えませんでしたが
新年から 3人で笑いました(モチロン両方頂きました)。
おみくじは”末吉”でしたが 家族が元気なら何でも構いません神様!!
(かなりのピンボケですみません)
CIMG1441.jpg

日々の暮らしが 平穏に過ごせたら それで十分です。
CIMG1437.jpg

PageTop