FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

鯉料理

寒くなると「鯉」が美味しい季節です。
宮崎では鯉をさばいて売っています(店内では食べられません)。
011_20200121065225fee.jpg

手前は 大沼で捕れるワカサギや川エビの佃煮です。
味付けがシンプルで こちらも美味しいです。
012_20200121065227bcb.jpg

=店内の様子=
全国から 無添加の調味料などを取り寄せて置いています。
私はいつも秋田・角館の安藤醸造の「寒こうじ」を買っています。
013_20200121065228d00.jpg

鯉のあらいを買うと サービスで「アラ」が貰えます。
水から アラとお味噌を入れて 沸騰したら何度も「灰汁」を取ります。
09.jpg

長ネギを入れて・・・・完成。
(卵が入っていました)
010_20200121065223a2c.jpg

大沼には(私が知っているだけですが)3軒の鯉のお店がありますが
(どちらも店内で飲食が出来ます)
それぞれのお店で この黄色い入れ物のつけダレの味が違います。
「宮崎」のタレは辛子が効いて 美味しいですよ~。
08.jpg

PageTop

大沼へドライブ

「セバット」の写真を撮りに お天気の良い日に大沼公園までドライブ。
写真がボケていますが「駒ヶ岳」です。
07.jpg

道外から来た家族の方がおりましたが ご覧の通り 白鳥の姿がありません。
(この日ではないのですが)軍川地区の田んぼに沢山の白鳥を見かけました。
”鳥インフルエンザ”があってからは 餌をあげる方がいません。

以前はパンをあげている人がいて その方のパンの袋が空になると
白鳥が一斉に岸から離れました(笑)。人馴れしていました。
03.jpg

この看板は 私の写真の腕が悪いのではなくて「色あせて」いるだけです。
国定公園なんだからちゃんとした看板にしてよね~~(心の声)。
02.jpg

01.jpg

白鳥もいないので・・・
大沼に来たら 必ず行く「大沼だんご」の沼の家へ。
04.jpg

この二セットしか売っていません。
どちらも美味しいので いつも迷います。
お店の方も「二個は多いでしょうね」・・・・お餅が柔らかで当日のみ
翌日には硬くなります。
05.jpg

=店内の様子です=
06.jpg

PageTop

はこだて建物探訪②中華会館

この建物は 明治43年建築の中華会館 (神戸と横浜の建物は焼失)で
関帝廟形式の集会場では日本唯一の物です。

瓦やレンガや柱などの大きくて重いもの以外はすべて中国から取り寄せ
大工8名 彫刻師2名 漆職人5名も中国らから呼び寄せました。

建築には3年 総工費2万円(旧函館区公会堂は建物のみ5万円)
残念ながら今は 内部は一般公開していませんが
外側から見るだけでも価値があります。
CIMG7365.jpg

CIMG7364.jpg

CIMG7363.jpg

煉瓦塀にはめ込まれた 緑色の飾りは陶器との事でした。
CIMG7362.jpg

=ここからは私の持っている資料から=
幕末の開港以来、函館の貿易の主力を担ってきたのは中国人です。
「昆布・するめ・魚油・煎海鼠(なまこ)・干し鮑」
長い鎖国から抜けだしたばかりの函館商人は 貿易には不慣れでした。

カンカン料とは 買主の中国人が持っている「秤」で計量しますが
その「秤」を使っただけで 手数料が取られました。
商品を量る前に利益が削られた上に
当たり前のように「不正な計量」がなされていました。
(他にもある不正を書くと話が長くなるので 割愛します)

その為にも中国の勝手な圧力に負けないように 
近代的なビジネス能力の育成が急がれました。
その時に出来た学校が
北海道では最古の公立高校「函館商業高校」です。
授業は外国語・後にはロシア語・数学・複式簿記が中心の授業でした。
旧来の徒弟制度で働く中でも 学校で学んだことは大きな武器になりました。

PageTop

moto7 (もとなな)

この建物は2018年建築 周囲との調和を意識した洋風建物です。
場所は、八幡坂がある 元町の教会群の中にあります。
店名は住所の元町7からとったようです。
2件のお店があってmoto 7は 左の入り口です。

010.jpg

東京でイベント会社を経営されている方が 
函館に移住してお店を開店しました。
(東京と函館を往復して お仕事は続けています)

東京の下町育ちの店主は 函館には「昼呑み」出来る文化がないとの事で
「食事とお酒を囲んで地元の人との交流の場所にしたい」と始めました。

011_2020010317275219a.jpg

「呑み始めセット」お酒とピンチョスで1000円を注文します。

012_202001031727545c0.jpg

このピンチョスの内容が・・・サーモンにイクラが山盛りです。

013_20200103172756227.jpg

行った日は息子さんが店に出ていました。
(お父さんが東京でのお仕事で 
ピンチヒッターで息子さんが東京から来たそうです。)

おばさん二人にも フレンドリーな対応で
地元に住んでいて慣れっこになっている私たちの質問に
外から見た函館の感想を話してくれました。

ご厚意で「バラ肉と牛スジ煮込み」を頂きました。
2時間煮込んでいて 美味しかったです。

014_20200103172822887.jpg

店内は親子で内装から ペンキ塗りまでしました。
とってもお洒落です。

015_20200103172823651.jpg

二階の窓からは「函館湾」が見えましたよ。
016.jpg

PageTop

トラピスチヌ修道院へ

新年あけの良いお天気の日に「トラピスチヌ修道院」へドライブしました。
021.jpg

どうして行ったか?というと・・・話が長くなりますが(笑)。
リンク「Big Bobbyの日記」の九州在住のBBさんのブログで
「大分トラピスト修道院」の記事を載せていました。

大分トラピスト修道院は 日本で2番目の男子修道院です。
一番は?と云うと 函館市郊外にある北斗市の「トラピスト修道院」です。
北斗市の修道院は1896年(明治29年)に出来ましたが
大分トラピスト修道院は1980年(昭和55年)です。

その時に北斗市の修道士さん7名が大分へ行かれたそうです。
022_20200105182531c63.jpg

BBさんが函館旅行の時に トラピスチヌ修道院で大分トラピスト修道院の
クッキーを見つけたと書かれていました。
北斗市と大分県 何か縁を感じて早速行きました。
お味は、とってもシンプルな 飽きのこないクッキーで美味しいです。
028.jpg

トラピスチヌ修道院では「マダレナ」が作られていますが
観光シーズンには人気があって「電話予約をして下さい」との事です。
023_202001051825320e0.jpg

こうしてシスターが一つ一つ手作りをしている写真を見ると
美味しいのは間違い無しです。
020_20200105182528db6.jpg


トラピスチヌ修道院の売店では 
他にもロザリオや七宝焼きのアクセサリーなどシスターの手作りした
「素敵」な商品が売っています。

これは「糸」から紡いで編んだベスト 25000円。
シスターの祈りを込めて編んだベストは
「体の弱い人が着ると元気になりそうですね(笑)。」
024.jpg

可愛いお人形は「作るシスターで お顔が違う」そうです。
025_202001051825560bd.jpg

紡いだ毛糸で作った「ピンクッション」も可愛いですね。
026_20200105182558726.jpg

本日のお買い物
左上から「アカフサスグリ(カレンズ)」 隣は「梅」のジャム
梅ジャムの下は「マダレナ」となりは「ココナッツクッキー」
素材がシンプルで小麦粉・鶏卵・バターのみ「滋味溢れる」お味でした。
クッキーは1cm位の厚さで 
口に入れると「サクッ」としてバターの風味がして美味しかったです。
027_202001051825599d3.jpg

PageTop