FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

クリスマスの小物

11/14の記事でコットンタイム11月号の記事を書きました。
今回は嬉しい「おまけ」についてきた 布を使って作品を作りました。
それぞれの模様が可愛くて 小さく切って使うのが”もったいない”(笑)
CIMG7569.jpg

このデザインは「コットンタイム」の中に出ていて、型紙も付いていましたが
そのままでは難しいので 私流にアレンジしました。 
023.jpg

中央の丸い部分にキルト綿を二重に入れて 周りを落としキルトをすると
この部分だけ「ポッコリ」と浮かんできます~~
(貴女のお腹の話ではありませんよ(笑)。)
I020.jpg

少しゴージャスなリボンを付けて完成です。
025.jpg

今までに作った作品を紹介しますね。
026.jpg

027_201911241539287fd.jpg

PageTop

ヘキサゴンのドールキルト

パッチワークをしていると 4~5センチの小さな端切れが出ます。
布に印をつけて 切って溜めています。
今回はヘキサゴン 約3センチの大きさです。
(10円玉と比べています)
ami002.jpg

これを沢山繋げていますが 余った布では配色が難しいので
布を足して行きました。
ami001.jpg

縫い始めると 集中していまう私。
ami003.jpg

今回は「赤」をポイントにしましたが 近すぎる場所に重なってしまいました。
このためその部分だけを取り外してピンク色と交換しました。
このパターンは 真っ直ぐには縫えませんので
角の所で「返し縫」や「玉止め」をします。
だから他の場所までほどける心配がないです。
ami004.jpg

ami005.jpg

額縁は青い布で引き締めました。
CIMG7591.jpg

表側が可愛いので 裏もお洒落をします。
CIMG7592.jpg

色違いで買った布・・・・田舎っぽいと思っていましたが
今回役に立って良かったです。
CIMG7593.jpg
出来上がり34センチ四方の大きさで約130枚のヘキサゴンの数を繋ぎました。
「ドールキルト」とは お人形遊びに使うベットカバーの事です。


=完成しました~=
1_20191120103554809.jpg

PageTop

私の冬支度

大袈裟なお題ですが 毎年冬はストーブのそばで 
チクチクとキルトの毎日を過ごしています。

そのためには 完成したトップに「しつけ掛け」をします。
(この他にも キルトをする作品が溜まっています)
下の作品は150センチ四方の大きさで しつけ掛けも一日では出来ません。
何日かかけて(腰痛になるので)しています。

しつけ掛けが終わると 一安心。
CIMG7564.jpg

今年は作品展が続いて 買ってきた布が多かったです。
(アメリカンハートさんからの アメリカから届いだ布)
CIMG7556.jpg

N先生のショップで買った布。
布を見ているだけで幸せな私・・・・作品にして消費していかなければ。
CIMG7575.jpg

PageTop

コットンタイム11月号

久しぶりに雑誌を買いました。
コットンタイム11月号 この中に リンク「ハンドメイドと空の向こう側」さんの
Harumamさんの作品が載っています。
CIMG7565.jpg

私はパッチワークを作っているので 布は小さく切って使いますが
Harumamさんの作品は 
布の柄を生かして水玉模様などと合わせた作品を作っています。
選ぶ布も可愛くて素敵な布で 
バックの中からこんなポーチが出てきたら楽しいなぁ~と思わせます。
(コットンタイムにはカット布がおまけで付いています)
CIMG7569.jpg

教室に通っていた時は 時期が来るとクリスマスの小物を作っていましたが
ここ何年か作っていません。
CIMG7568.jpg

雑誌を手に取ったら 何ンかやる気が起きてきました(笑)。
CIMG7567.jpg

CIMG7566.jpg

PageTop

小関鈴子さんの新柄を買いに

テーオーデパートでの「私の手づくりまつり」の葉書が来ました。
パッチワークを長く習っていた村國先生は 大学では美術を専攻していて
配色も独創性に溢れた作品が多いです。
今回はパッチワーク界では有名な小関鈴子さんの新柄が入ったとの事。
CIMG7537.jpg

今回購入の布
「中原淳一」の布がデザインされている布も。
CIMG7538.jpg

先生の作品のバックです。
CIMG7532.jpg

配色のレクチャーを受けました。
忘れるので 写真にパチリ。
CIMG7535.jpg

布の中の「素敵なところ」を切り取って使います。
前にも書きましたが これを「金持ち取り」と言います。
CIMG7534.jpg

先生のインスタグラムを見た外国の方が
このデザインは先生のものですか?と・・・・。
私達の年代は中原淳一は皆さん後存じですが
この絵を見た方が男性(中原淳一)のデザインとは理解しなかったそうです。
CIMG7533.jpg

黒のストライプの模様はどこを使っても素敵です。
少し多めに購入。
ボーダーに使うときは
先生)「同じ柄で合わせない方が楽しいですよ」
CIMG7539.jpg

CIMG7540.jpg

CIMG7542.jpg

水玉模様は 表も裏も使えます。
創作意欲が湧いているうちに作品作りに取り掛かりましょう。
CIMG7543.jpg

PageTop