FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

アイヌ刺しゅう教室へ①

今年も10/5~10/6の二日間「アイヌ文様刺しゅう教室」へ参加しました。
定員の20名はすぐに埋まるほど人気の教室です。
会場は「旧日本銀行函館支店」
函館市北方民族資料館(函館市電 末広町電停前)です。
CIMG7440.jpg

CIMG7441.jpg

CIMG7433.jpg

CIMG7434.jpg

今回作る作品は「ロシアアカデミー博物館所蔵・北海道の女性半手袋文様」
これは高野啓子先生が作った見本(実物大)です。
手袋と言っても今の形の5本指ではありません。
手の甲にひもで結ぶそうです。今までにない「文様」です。
CIMG7435.jpg

各パーツは すぐに仕事に取り掛かれるように
先生が下準備をしてくれているので
早速、外側の白い帯状の布(ルウンペ)をたてまつりで縫い付けます。
CIMG7436.jpg

次は水色の布を、これは「かめのぞき布」初めて聞く言葉でした。
藍染の染める回数で色が違いますが 回数が浅いので水色だとか。
CIMG7437.jpg

ルンルン気分で縦まつりが進みます。慣れたせいか(?)針目も揃っていて
布と同じ色の糸なので「アラが見えません」。
CIMG7438.jpg

一日目の予定はここまでで終了。
CIMG7445.jpg
先生は函館からとても遠い、平取町二風谷から来てくれて 今年で20年。
若い時に東京からご主人と二風谷に移住して アイヌのおばあちゃんから
アイヌの生活全部を教えて貰いました。
木の皮を剥いで繊維で糸を作り その糸を織り着物を仕上げる。
全国へのお仕事での出張などで
とても忙しくなり今年限りでこの教室を辞めるとの事。
先生のお人柄にひかれて習って6回目の私は とてもショックでした。
=次回へ続きます=

PageTop

新作バック

この花のパターンの名前は知りません。 
私のブログに来てくれた方のお母さんが作っていました。
作り方を教えて頂きましたが お母さんもお友達から聞いたので
「その方のオリジナルかも知れないので 完成品はブログに載せないで」との事。

最近、同じパターンのバックをお持ちの方がいたので聞いたら
「本に出ていた」そうです。
CIMG7400.jpg

背景の黒の布地が 予想よりも多くかかって 布がなくなり
途中で断念して しばらく「未完成の箱の中」に入っていました。
CIMG7349.jpg

とりあえず完成した32個を繋ぎました。
CIMG7350.jpg

持ち手は黒の布で作りたかったのですが・・・・布が無いので
黄色い花の色から100均で「かばんテープ」
赤い刺繡のテープは「日暮里繊維街」に行った友人のお土産を・・・
頂いてからようやく日の目を見ました。
CIMG7401.jpg

黄色と黒の布を中表に縫って ひっくり返して
その後は折り紙のように 花びらを作ります。
出来上がりが7cmの大きさになります。
CIMG7402.jpg

縦20cm 横23cm 長財布とスマホを入れる大きさです。
黒の布は50cmでこの大きさです。
大きなバックを作りたい方は 1メートル以上あった方が良いですね。
CIMG7399.jpg

PageTop

暑さのための模様替え

今年の函館は30度を超える日が何日もありました。
夏が暑いのは当り前ですが 28度を超えると体がしんどいです。
お盆を過ぎたころからは、涼しく過ごしやすくなりました。
(昨日は気温が20度で肌寒くて 長袖を着ていました)

スマホから写してみた写真が上の2枚。
私の部屋にはキルトを飾っていますが 
色に溢れているキルトは暑苦しくて壁から外しました。
(居間は落ち着く場所なので飾っていません)。

白い壁の分量が広くなって 気分がスッキリしました。
IMG_20190811_094427.jpg

ブログを書くときは なるべく正確な事を書きたいので
資料を読んで 要約してから書いています。
1565216271845.jpg

暑さに負けず毎日チクチクと針を進めていました。
針を持たなかった日は 
就寝前に「何か忘れ物をしている気持ち」になります(笑)。
CIMG6906.jpg

小さな作品ですが(出来上がり寸法30cm四方)
完成すると達成感を感じました。
CIMG6910.jpg

PageTop

小さい端切れ②

私の腕時計は「ソーラー時計」です。
いつもお日様の力を借りて充電しています。

CIMG6749.jpg

この可愛いピンクッションは
リンク「ハンドメイドと空の向こう側」のHarumamさんから頂きました。
(2/10に お年玉福袋的プレゼント企画」でぷっくり巾着と一緒に当選)
ピンクッションは予想に反して、とても汚れるので
使うのが勿体ないのです。

CIMG6750.jpg

Harumamさんの最近のブログで端切れで作る コースターを紹介していました。
早速 分からない所があって 作り方を教えて頂きました。

CIMG6751.jpg

ミシンをかけて 表に返し更に端ミシンを掛けます。
ミシンなので「サクサク」と進みますが 
長年のパッチワークの癖(?)なのか・・・
主役を入れたり 配色に強弱を付けたくなってしまいます(笑)。

Harumamさんの作品は「全体的にほっこりする 優しい雰囲気」です。
そちらのブログも是非覗いてみて下さいね。
CIMG6752.jpg

PageTop

小さい端切れ①


基本的に布が好きなので ピースワークで出た小さくなった布を
専用の箱にドンドン入れています。

CIMG6702.jpg

今回は型紙を・・。

CIMG6703.jpg

暇なときと云うか・・・チクチクと何にも考えない時間も時には必要です。
CIMG6704.jpg

次はどんな作品にしようか?と思っています。
CIMG6730.jpg
=次回に続きます=

PageTop