はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

サンプラーの製作途中①

2月のクラフト展で買ってきた ”蛙のキット”を作ったのを機会に
サンプラーを作っています。
CIMG1741.jpg

野原チャックさんのパターン200はとっても役に立っています。
CIMG1798.jpg

たとえはこちらは”迷子”というパターン名です。
CIMG1799.jpg

製図も書かれています。
CIMG1800.jpg

どんな配色にしようかと”ワクワク”。
CIMG1787.jpg

完成しました。
CIMG1789.jpg

これは本には載っていませんが
CIMG1784.jpg

お花や中の布を”あ~でもない・こ~でもない”いつもの事です。
この時間が楽しいのです。布とおしゃべりしています。
CIMG1786.jpg

迷子に使った水玉とこのお花の水玉は 蛙のキットで余った
小さな布ですが サンプラーで繋いだ時に 一体感が生まれると思います。
CIMG1790.jpg
縫う前に もう一度並べて見て 直したりをする事がありますが
自分の中のこだわりでしょうか。

PageTop

前回の続きです。

前回のミニタペストリーに、全体の様子の写真を、とのコメントを頂きました。
そうです忘れていました(笑)。出来上がり寸法が 55×49cmです。
レトロな布に惚れ込んで 全体的に”ポスター”の雰囲気をイメージして作りました。
途中色んな布を切って置いてみたりして 自分では試行錯誤をして作りました。
いつもブログでコメントを頂き そのお言葉が励みになって製作しています。
有難うございます。
CIMG1788.jpg

また古着の話題では 
ミキハウスの洋服についての思い出を書いてくれた方がおりました。
それで上の孫が1歳8か月の時の写真を出してきました。
いつも孫自慢ですみませんがお付き合いください。足がムチムチっとしています。
CIMG1795.jpg

下2枚は古着屋さんで買ったミキハウスの洋服です。
縫製がしっかりしていて 洗濯をしても”ヨレヨレ”になりません。
生地が違うと思いました。
CIMG1797.jpg

CIMG1794.jpg

白黒のシャツは”コムサイズム”のものです。お嫁さんはモノトーンの洋服が好きでした。
が・・・3歳から幼稚園に行った孫は『E(頭文字)だけが地味な洋服を着ている』と・・・・
私は心の中で『今度からは(お嫁さんに気を使わないで)可愛い洋服を買うぞ~』。
CIMG1793.jpg

お手伝いをさせたら とっても嬉しそうに・・ エプロンを作りました。
人参の皮むきから始まり もう少ししてからは 子供用の包丁を用意しました。
左手をグーの形にして(ニャンコの手です)、
切るたびに『にゃん』『にゃん』と声を出していました(笑)。
CIMG1791.jpg

これは苫小牧市内の公園で撮りました。
住んでいる人は、”苫小牧は何にもない街だ”といいますが
公園だけに限ると 広くて 手入れが行き届き 
子供目線(水遊び)の大きな公園が沢山ありました。
上から結構なスピードで滑って来た、怖いもの知らずの孫です。
CIMG1796.jpg

今日(17日)は 公立高校の発表の日でした。
学校見学で行った 希望の高校に合格しました。
学友や先生との新しい出会いの始まりです。
CIMG1758.jpg

PageTop

ミニタペストリーが完成!

なんか 懐かしい気がしてこの布を買いました。
キルトをしていて思い出しました。
子供のころの ぬり絵の絵柄の雰囲気です。

CIMG1759.jpg

洋服といい 靴といい昭和の子供には 憧れのテイストです。
(これだもの戦争に負ける訳だわ・・・)
CIMG1760.jpg

でも周りの子供たちも、物のない時代でみんな貧乏だったので
違和感なく過ごせました。
CIMG1761.jpg

私は4歳上の姉のお下がりばかりで、姉も綺麗に着てくれると良いのですが
汚くて・・・・今でも 古着屋やリサイクルショップは見ているだけでも”嫌”です。
CIMG1762.jpg

ところがお嫁さん世代は”古着”には違和感がないのです。
孫が赤ちゃんの時には 近くに(苫小牧市ですが)古着屋が何件かあり
ミキハウス等のいゆるブランド品の洋服が とても良い状態で売っていました。
(お値段もお手頃でした)
CIMG1763.jpg
下の孫はお洒落に興味があって Tシャツ一枚買うにしても 自分の持っているスカートや
ズボン(昭和のお婆さんはパンツとは言わない)に合うか思慮します。
私は『時には冒険しなさい』と言って、試着して似合う色は3枚くらいは買います。
モチロン セールの時なので 私も太っ腹サ・・(笑)。新しい洋服を着た記憶がない私、
(一枚だけ叔母さんが5年生の時に買ってくれたセーターは今でも覚えています)
孫も私も次女同士で気が合います(笑)。
キルトの縁取りは 赤と黒の水玉にしました。

PageTop

ミニタペストリー制作中

昭和レトロのような可愛い布を買って ただ眺めていること数年。
いよいよ制作に取り掛かりました。
布に存在感が有り過ぎるので どんな布を近くに持ってこようか思案しました。
CIMG1574.jpg

お人形の柄だけを取ると この様に半端な布が沢山出ます。
パッチワークの世界では『金持ち取り』と、言うそうです(先生から聞きました)。
このまま無駄にしないように 違うパターンで利用します。
CIMG1576.jpg

今回合わせた布は この2種類。
グレーとうすいグリーンのバラの模様の布もとても個性的です。
ハサミを入れるには勇気がいります。
ポイントに左側の赤い模様を”少し”入れました。
CIMG1577.jpg

普通はピーシングで繋ぎますが バラの模様を生かしたいので
御覧の通りアップリケをしてから 中をくり抜きました。
CIMG1575.jpg

バラの模様の布にキルト線を引きますが 2cm間隔でチェックに・・・
正確に引かないと 1ミリのズレが最後のほうで サイズが合わなくなります。
CIMG1578.jpg

キルトをするとこんな感じです。
CIMG1586.jpg

チクチクと毎日キルトをしています。完成したら見てくださいね。
(ブログに乗せようと思うと、励みになります。)
CIMG1579.jpg
出来上がり寸法は 55cm×49cmです。

PageTop

釣り堀

上の孫が2歳の時に お嫁さんから依頼を受けてこのお魚を作りました。
10匹のお魚ですが 裏と表を違う表情にしました。
上と下の写真は、同じお魚です。
CIMG1450.jpg

CIMG1452.jpg

作っているときはとても楽しくて一気に製作しました。
孫の役に立つとは なんて幸せなことでしょう!
CIMG1545.jpg

これはカレイのつもりで・・・・目が2個です。
CIMG1544.jpg

コムサイズムのリボンも登場。
何でも取って置く私。役に立つ時が来ました。
CIMG1543.jpg

このお魚は 二番目の孫やお友達も沢山遊んでくれました。
孫も15歳と11歳になり 年末の大掃除で御用済みになり 
リカちゃん達と一緒に我が家に来ました。
きれいにお洗濯して 毛玉をカットして この次の出番は”ひ孫”と遊ぶ時かな?
CIMG1542.jpg

プレゼントに付いてきたリボンは
はがき大の厚紙に巻いて
CIMG1546.jpg

100均で売っている収納パックに入れます。
リボンだけではなく レース・バイアステープ・紐等も
同じ大きさに入れて収納すると 見た目が綺麗ですよ。
CIMG1547.jpg

PageTop