FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

ベビーせっけん

石鹸を買いました。ドラックストアではなくて「ホームセンター」です。
特に好きな銘柄がないので(どれを使っても同じ)
「ベビー」につられ「おばあさん」にも優しいかな?との期待です(笑)。

002_20200316200903492.jpg

最初の泡立ちは「衝撃的」(大げさ)でした。
泡がクリィミーなんです。箱には「こだわりの釜だき製法」と書いています。

多部未華子さん主演の「これは経費で落ちません!」
経理部の森若さんの会社は「点点コーポレーション」
石鹸の会社です。 この時「釜だき製法」を観ました。
手作りなのに お値段は約150円でした。

ベビー石鹼がもう一銘柄あって
そちらは2個で約700円でした。次はそっちを買いたいと思いますが
石鹼って 凄く長持ちするんですよね~~。
012_20200319144202463.jpg

PageTop

好きな番組を3個

お友達のhappyさんとテレビ番組の話をしていたら
この「ガイロク」を進められました。
道行く人に声をかけて「街頭録音」します。
インタビューに応じてくれた方の 
人生で大変だっ事をどう乗り切ったか?が、大筋の話です。
人が生きて行くには「普通」とか「無難」なんて言葉がないのですね。
時には「涙したり」「勇気を貰ったり」と楽しみに観ています。

031.jpg

「病院ラジオ」は偶然 3回目の「子供病院編」から観ました。
4回目は「依存症治療病院編」で その後の番組がありません。

この番組を成功させている 一番はサンドイッチマンのお二人の人柄です。
子供病院編の時は 生まれた時から障害を持ってこの世界に生まれ
その障害を受け入れていて 生きている子供たちの言葉に
大人である私は言葉が出て来ませんでした。

人工肛門の15歳の女の子(夫も同じく人工肛門)。
反抗期の時に お母さんに「どうして私なんかを生んだの?」と
強く言ってしまいました。
その時お母さんは「貴女に会いたかったから」だと言います。
そのことをずっと気にしていてラジオを通して
院内で聞いているお母さんに謝っていました。

032.jpg

「コタキ兄弟と四苦八苦」
不器用で真面目な兄を「古舘寛治」 ちゃらんぽらんな弟に「滝藤賢一」
ひょんなことから「レンタルおやじ」の仕事をします。
客の様々な無茶な依頼を懸命にこなします。
お二人の会話が「演技している会話」ではなくて
本当にその辺にいる 冴えないおやじの日常生活の会話で
(ここがお二人の芝居上手なところ)
見ているうちに「ドラマ」に引き込まれてしまいます。

新しいタイプのドラマだね、とhappyさんと絶賛しています。
(出だしの音楽が また良いです)
033.jpg

PageTop

レース編みのドイリー

ブログで知り合った方から「サプライス」のプレゼントを頂きました。
レース編みの「フリージア」のドイリーです。
私は手芸全般が好きですが「レース編み」は得意ではありません。
とっても細かくて 製図を見ながら正確に編まないと 
ちゃんとした模様になりませんよね。

そう考えると私のために時間をかけてかぎ針を持って頂き
感謝に堪えません。

使うのがもったいなくて「額」に入れて飾りましょう!
下にはどんな色合いが合うのかを確かめて・・・・

034.jpg

035.jpg

黒に4ミリのドット模様の布が「フリージア」を品よく見せました。
Y様有難うございます。大切にします。
036.jpg

PageTop

病院食

夫が入院中です。
2/17に急に血圧が高くなって(普段は全然高くない)救急車を呼びました。
救急隊員は「脳神経外科」のある病院に搬送してくれました。
MRIの検査では異常がないため 他の検査をすることになりました。

人工透析の設備もある病院で そちらもお世話になっています。
038.jpg

透析食を味見しました。
(我が家は塩分控えめの料理を作っているので 病院食が気になります)
味付けはとっても美味しいです。
いつも入院するH病院の食事は「美味しいとか まずい」を通り越して
調理をした人は「味見」をしているのか?のレベルです。

037.jpg

行った日は「天皇誕生日」でした。今年は60歳ですね。
私の弟は天皇陛下と同じ出産予定日だったそうで
母はいつも周りに自慢していました(当時7歳だったので覚えている私)。
美智子さまはとっても良い子に育てられましたね!!
秋子さまは甘やかしすぎて「お金にだらしない息子」に育てられました。

PageTop

お雛様

毎年このブログで紹介している 私の手作りのお雛様です。
高さが15cmの小さな木目込み人形です。
約40年前に 息子の幼稚園のママ友さんに教えてもらいました。
朝 幼稚園に送っていたその足でAさん宅へお邪魔しました。

今 60~70代の方に 高価なお雛様が売れているそうです。
昭和の子供の頃 私の周りではお雛様がある家はなかったと記憶しています。
働いていた頃自分のお雛様を買おうかな?と思ったことがありましたが
このお雛様を見ていると 当時の思い出がよみがえり 大切にしています。
屏風やぼんぼりは後から買い足しました。
024_20200204153958bc4.jpg

今年の冬は「全然雪が降らなくて」お雛様を飾った「立春」に大雪になりました。
以下は2/17日の朝に写しました。
夜には強い風が吹いて わが家の玄関と 車庫の様子です。
020_20200218090302ffe.jpg

皆さんのブログを拝見していると「水仙が咲いたり」「梅が咲いたり」と
気持ちだけでも春の風を感じています。
021_202002180903034b5.jpg
=夫の入院のために 少しお休みします。コメント欄も閉じています=

PageTop