はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

沖縄⑦ステーキハウス88

沖縄と言ったら「ステーキ」ですね。
提携している「沖縄ツーリスト」の窓口で聞いたら 
こちらのお店を紹介してくれました。
沖縄でも老舗のステーキハウスのようです。
CIMG4293.jpg

今回の沖縄旅の「北海道ツアーズ」の特典に
「ステーキハウス」無料券が付いていました。
CIMG4294.jpg

CIMG4295.jpg

このポスターの下のほうに「A」の文字が見えますが。
本土復帰前に 米軍から衛生面などが合格したお店に
「A」サインが与えられたそうです。
CIMG4296.jpg

沖縄滞在中は「オリオンビール」を頂きました。
サラダとスープがセットになっています。
CIMG4297.jpg

お肉が大きかったですが「ペロリ」と完食。
店内は混んでいましたが 修学旅行の生徒さんが大勢いました。
おばさんには「贅沢な中学生」に見えましたが・・・(笑)。
CIMG4298.jpg

関連記事

PageTop

沖縄旅⑥熱帯ドリームセンター


園内を回っているカート(¥100)に乗って
海洋博公園内にある「熱帯ドリームセンター」につきました。

CIMG4264.jpg

熱帯・亜熱帯の植物園で 
ランだけでも2000株以上 果実の木など
北海道では見られない珍しい植物がみられました。

CIMG4265_20180515144451142.jpg

温室に入ったら「甘い香り」に包まれます。
CIMG4268_20180515144454d5f.jpg

展示の仕方や説明板が親切(?)で 
私のような初心者にも 分かり易く見ることができました。

しかも 見学する人が少なくて ゆっくりできました。
CIMG4266.jpg

CIMG4269.jpg

CIMG4270.jpg

歩き疲れた頃に ナイスなお店を発見(笑)。
CIMG4273.jpg

CIMG4274.jpg

トロピカルフルーツパンケーキ 美味しいです。
お値段も良心的でした。
CIMG4272.jpg

関連記事

PageTop

沖縄旅⑤美ら海水族館

沖縄旅楽しみにしていた「美ら海水族館」
数年前に 沖縄に旅行している息子家族の
一押しのお勧めが 美ら海水族館です。
CIMG4251.jpg

CIMG4253.jpg

CIMG4252.jpg

入り口を入ったすぐにあった水槽・・・
CIMG4255.jpg

歩いてゆくと、いきなりこんな大きな水槽が現れました。
驚きました!!
観客の数ですが 写真を撮った後ろにも階段状の観客席がありますが
ほぼ満席でした。
飛び交う言葉は「中国語?韓国語?」その騒音の大きさに夫は
足早に次に向かおうと言い出します。

CIMG4259.jpg

CIMG4260_201805151435118fb.jpg

CIMG4258.jpg

世界最大の魚「ジンベイザメ」
世界初の繁殖に成功した「ナンヨウマンタ」が
ゆうゆうと気持ちよさそうに 泳いでいます。

CIMG4261.jpg

CIMG4262_20180515143511cb9.jpg

園内がとても広くて こちらのカートに乗って
次の「熱帯ドリームセンター」に行きます。

CIMG4276.jpg

関連記事

PageTop

仙台旅⑤帰る日が快晴

二日間の仙台の旅 帰る日の夕方になって空が晴れました。
新幹線の駅は3階です。
駅構内もお土産屋さんや商業施設があり
賑やかな街の印象を持ちました。
CIMG4509.jpg

CIMG4508.jpg

帰りは駅構内の「利久」で牛タン定食を。
CIMG4510.jpg

前日の夕飯も 駅構内の「寅福」で夫と飲みました。
(どこのお店が良いのか分からないので・・・・)
CIMG4484_2018051216350479e.jpg

CIMG4486_20180512163507e77.jpg

~憧れの牛タン~
CIMG4485_20180512163504fdf.jpg

~富山のホタルイカ~
CIMG4483_201805121635016a6.jpg

辛口を頼んだら山形の「ばくれん」 宮城のお酒「日高見」が
ワイングラスで出てきました。辛口ですが飲みやすかったです!!
CIMG4480_2018051216343730b.jpg

お嫁さんと孫からのリクエストをこれも駅構内で買います。
「笹かまぼこ」はチーズとバジル味
「まころん」はプレーンと黒糖味(ごま味と迷います)
「仙台のあぶら麩」
美味しかった「白石温麺」
CIMG4512.jpg
仙台旅これでお終いです。お付き合い頂きまして有難うございました。
あかりさんのお陰でとても楽しい旅でした 
あかりさん今度は函館でお待ちしていますね!!

関連記事

PageTop

仙台旅④母の故郷登米市へ

仙台旅もう一つの目的は 母の生まれ故郷を見ることです。
昭和元年生まれ 生きていれば今年92歳です。
73歳の時に朝に急に具合が悪くなり 
救急車で運ばれた病院で亡くなりました。
CIMG4487.jpg

住所をカーナビに入れて仙台から車で1時間半
登米市津山町横山です。
ここの道の駅からもう少し先でした。
母の実家は代替わりになっていて
私とは親戚付き合いがありません。
CIMG4488.jpg

母は小学校一年生の時に両親と北海道に渡り開拓をします。
開墾する土地の広さが決められていて 
それが完了するとお金が貰えたそうで
仕事が終わった後、両親は津山町に帰りました。
(当時の借金を返すためだったと思われます)

母も東京で洋裁学校に通いながら働いたと聞きましたが
どうして又北海道に来たのか いきさつは聞かずじまいでした。
CIMG4490.jpg

「死んだら両親の墓に入りたい」が口癖でした。
私の父の実家の墓はなくて 
お寺の大きな穴に他の人の骨と一緒に入れられるのが嫌だったのと 
父の両親(舅・姑)が意地悪でその人たちと一緒は何としても
嫌だったみたいです。
CIMG4493.jpg

母が亡くなった後 父は我が家と同じお寺に納骨堂を買って
今は二人仲良く(?)ケンカしながらいます(想像)。
お彼岸には孫である私の息子夫婦と、父が名前を付けた二人のひ孫が
必ずお参りしています。

な~ンにもない山の中かと想像していましたが
田んぼがあったり 民家も何件もありました。
母との突然のお別れでしたが
母の魂は故郷に帰って 両親に会えたと信じています。
CIMG4491.jpg

この道の駅で買ってきたもの
「がんづき」は食感がういろうのような歯ごたえ
「あぶらふ」は形が揃っていない訳あり品で我が家用に。

CIMG4519.jpg
=お知らせ=
5/16~5/19まで留守にします。コメントのお返事が出来ません
よろしくお願いします。

関連記事

PageTop