FC2ブログ
 

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)

下北半島への旅⑤

下北半島を回るには 範囲が広いので車か観光バスが便利です。
前回は車でしたが 観光バスの方がガイドさん付きなので
質問が出来てとっても勉強になりました。
泊まったホテルの前から 朝7時半に出発します。
CIMG7178.jpg

このバスのルートは
「大湊」「大間」「佐井村(観光船)」「大間」「尻屋崎」「恐山」を
回ります。
私達は函館に帰るので「仏ケ浦」の次の「大間」で降ります。
CIMG7187.jpg

以下大間での写真ですが 観光客の姿を見ませんでした。
CIMG7179.jpg

CIMG7184.jpg

CIMG7181.jpg

大間マグロを食べさせてくれる食堂やお土産屋さんがありましたが
函館でも売っているものばかりでした。
CIMG7180.jpg

ここは「佐井村」の観光船乗り場です。
大型バスが止まっています。皆さんこれから船に乗って「仏ケ浦」に行きます。

その前に「佐井村」についてガイドさんから聞いた話ですが
江戸時代本州から北海道に渡るには 
この村からしか出発出来なかったそうです。
当時は北前船などの荷物・旅籠などとても賑わっていたそうです。
バスの窓からは 家並に「蔵」などが見えました。
CIMG7224.jpg

片道約30分かけて「仏ケ浦(約2キロの範囲)」を目指します。
CIMG7186.jpg

CIMG7188.jpg

CIMG7196.jpg

今から約2000万年前に海底で噴火した岩が隆起して
風雨に浸食されて 岩が尖っています。
CIMG7205.jpg

上陸しました。
CIMG7213.jpg

観光船を運転していた方が「ガイド」もしてくれます。
CIMG7215.jpg

心が洗われるような「透明度」の海 「ウニ」が沢山見えました。
CIMG7223.jpg

高さが30メートル 岩が垂直に立っています。
CIMG7216.jpg

中央 鳥が横を向いている形の岩は「かんりゅう岩」。
他にも見え方で それぞれの岩に名前がついていますが・・・・
(屏風岩・観音岩などなど)
右の耳から左の耳へスルーしてしまいました(笑)。
岩の色が綺麗に見えますが「緑色凝灰岩」です。
CIMG7217.jpg

=特別出演のおばはんが一人=
CIMG7220.jpg

「ぐるりんしもきた号」には佐井村で作ったお弁当が付きました。
CIMG7227.jpg

~地元の素材で作ったお弁当~
海苔は寒風に干して作った岩海苔で この大きさで一枚500円です。
風味があって 貴重な海苔です。
作りたての暖かいお弁当を頂き、とっても美味しかったです。
CIMG7229.jpg

関連記事

PageTop

シプル

函館市電「大町」電停で降りて 常盤坂を登り切った所に
昨年12月にオープンした「シプル」があります。
ベイエリアからは遠いので あまり行く人がいないと思いましたが・・。
CIMG7025.jpg

お店の前の道から 函館港を眼下に見ます。
CIMG7029.jpg

このお店は美容室で出会った この近くに住む方が教えてくれました。

古い民家をリノベーションしています。
若いご夫婦が 苫小牧のお隣、白老町から移住して来たそうです。
CIMG7026.jpg

CIMG7027.jpg

11時30分開店の5分前に到着。
10名近くの方が待っていて 予約してきた方もいます。
CIMG7030.jpg

=店内の様子=
CIMG7031.jpg

CIMG7032.jpg

CIMG7033.jpg

店内の写真を撮っても良いですか?と聞いたら
「メニューを撮るのは遠慮して下さい」との事でした。

「シプルの週替わりごはん」を注文。
この日はメインの「ブリの煮つけ」や
「インゲンの胡麻和え」などが、小さな容器に並べられていて 品数が多く
お腹が一杯になりました(ランチにはコーヒーは付いていません)。
CIMG7035.jpg
週替わりでお肉の時もあって またの機会にも行きたいと思います。

関連記事

PageTop

下北半島への旅④

大湊町の知識は全然ありませんでした。
小さな町ですが「自衛隊」の基地があるので
隊員の家族を入れるとソコソコ潤っているようです。
=東北は訛りが強いですが=
自衛隊員の子供も全国から集まるので 大湊町の保育園では
標準語での教育で 地元の子供達も方言(訛り)は全然ないそうです。

タクシーの運転手さんやホテルのスタッフにも
今夜の居酒屋を聞きましたが 
どこのお店も良心的なお値段で美味しいとの評判です。

=駅前の通りの様子です=
CIMG7161.jpg

雰囲気のある看板を見つけました!!嬉しいです!!
CIMG7160.jpg

今夜の居酒屋「番屋」です。
CIMG7164.jpg

いきなりの北海道のお酒「北の勝(きたのかつ)」が出ました。
CIMG7166.jpg

北海道根室市にある酒蔵は明治20年創業です。
小さな蔵元で生産量の8割は「釧路・根室」で消費されます。
道民でも口にすることは、ほぼありません。

ご主人が子供の頃、根室で育ったので
そのご縁でこのお酒を提供出来るそうです。
CIMG7169.jpg

口当たりの良いお酒でした。
CIMG7167.jpg

左は「カニ味噌豆腐」とっても美味しかったですが
函館でも売っていました(笑)。
CIMG7168.jpg

マグロはモチロン大間産の「大トロマグロ」
隣は大畑町で稚魚を育てて その後は津軽海峡で大きく育てている
「海峡サーモン」どちらも初めてのお味で絶品でした。

他にも注文しましたが、写真を撮りませんでした。
「ほろ酔い気分」で徒歩5分ほどのホテルへ帰りました。
CIMG7170.jpg

CIMG7175.jpg

本日のお宿・・・・広くて新しくて快適なホテルでした!!
(スタッフ皆さんのお人柄が良かったです)
CIMG7176.jpg

関連記事

PageTop

下北半島への旅③

大湊駅前にあるホテルに荷物を置いて「恐山」に行くことにしました。
事前に調べてはいましたが「路線バス」は 無いのに等しい便数です。
駅前からタクシーで行くことに。
これが正解でした。
地元に住んでいる人に「根掘り葉掘り」質問できます(笑)。
CIMG7134.jpg

入山料は一人500円。冬期間はお休みしていますが 
年間の入山者数は80万人との事でした。
今から1200年前に開かれた霊場です(曹洞宗のお寺)。
「イタコ」が座っていると思っていましたが 誰も居ませんでした(笑)。
CIMG7133.jpg

立派な山門や 近代的なホテルが場内に建っていました。
CIMG7136.jpg

CIMG7137.jpg

無料の「温泉」もあって 女性風呂をのぞきましたが
中は狭いながら 脱衣室と湯舟が2つありました。
若い方が一人入っていて 湯加減を聞きましたら
「少し熱めですが 気持ちがいいですよ~」。
CIMG7139.jpg

以下同じような写真です。
北海道で言えば 登別温泉にある「地獄谷」と似ています。
辺りは硫黄の臭いがして 岩からは蒸気が出ています。
(こんな地形なのに なぜ?建物が建っているのか疑問です)
CIMG7141.jpg

CIMG7142.jpg

CIMG7143.jpg

CIMG7144.jpg

CIMG7146.jpg

中はとっても広くて 私達は半分も見て歩きませんでした。
元々信仰心が薄いと思います(夫婦して)。
旅行前に中二の孫に話をしたら
「恐山にいる霊がおばあちゃんに一緒にくっ付いて来るんじゃないの?」と
心配されました。
恐山の入り口にある「太鼓橋」で
お坊さんが「結界を張っている」ので大丈夫でした。
CIMG7152.jpg
私は恐山とイタコはセットだと思っていましたが
戦後、場所代を払って沢山のイタコが来たそうです。
「口寄せ」は信じるかどうかは 
依頼者の心ひとつと思った方が良いとの話でした。
ちなみに一人「降ろす」のに3000円だそうです。

関連記事

PageTop

くらcra(クラクラ)

北洋漁業時代に栄えた、古い倉庫をリノベーションして
家具を作っている若い方がいるとの事で訪問しました。
函館市電「函館どっく前」終点で降りて 少し歩きます。

作業中でしたが お仕事の手を止めて 快く工房の中を案内してくれました。
「鳥倉真史(とりくらまさし)」さんは
北海道芸術デザイン専門学校 クラフトデザイン専攻を卒業後
旭川家具の工房で7年修業の後 今年から函館で家具の制作をしています。

どんな作風の家具なのか とても興味があり 楽しみに訪問しました。
                       (函館山が見えます)
CIMG6996.jpg

CIMG6995.jpg

こちらの椅子は 畳の上でも使えるように 足の部分が繋がっています。
座って見ましたが 座り心地が良かったです。
道南杉を使っていて 軽いのも使いやすさの一つの条件かも知れませんし
形が曲線で手触りも良いです。
CIMG6998.jpg

CIMG6999.jpg

この椅子で「賞」を貰いました(右)。
CIMG7005.jpg

行った時には 
七飯町にある道の駅「なないろななえ」で 商品のディスプレイ用に使う
とても大きな道南スギのテーブルを作っていました。
(企業秘密(?)なので写真は撮りません)
CIMG7001.jpg

この台は花を置いたり サイドテーブルにも使え
両方の面で高さが違うように出来ています。
(私にも買えるお値段でした)
CIMG7002.jpg

CIMG7003.jpg

=こちらは蔵の二階部分です=
蔵の屋根の部分は 透明な素材を使っているので
優しい光が入って 素敵な空間になっていましたが
「夏は気温が上がり かなり暑いです」との事でした。
CIMG7004.jpg

関連記事

PageTop